メイン コンテンツへスキップ
無料トレードガイド
購読する
Please try again
Select

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー・イベント

0

通知を受け取る

ライブウェビナーイベント
経済指標カレンダー・イベント

もっと見る もっと見る
金価格見通し:金利据え置きの余波で下げ拡大、金/ドルの買い持ちは増加

金価格見通し:金利据え置きの余波で下げ拡大、金/ドルの買い持ちは増加

居林有里, 翻訳・編集主幹
翻訳者

共有する:

このページの内容

※2023年9月22日11時29分更新

金、個人トレーダーのポジション状況、テクニカル分析 – IGCSによるアップデート

  • 金価格は米金利決定の余波で下げ拡大
  • 個人トレーダーは買い持ちを増やしている
  • これは、金/ドルがさらに下落するシグナル
金相場見通し【無料】
金相場見通し【無料】
推薦者: Daniel Dubrovsky
金相場見通し【無料】
ガイドを入手

金融市場が米連邦準備制度理事会(FRB)による政策金利決定の影響を消化し続ける中、21日のニューヨーク金先物相場は約0.6%下落した。これを受けて、個人トレーダーは貴金属の買い持ちを増やしている。個人トレーダーのポジション状況は、しばしば逆張り指標として機能するIGクライアントセンチメント(IGCS)で確認できる。

金価格のセンチメント見通し - 弱気

IGCSは、金を取引する個人トレーダーの約74%がネットロング(金を買い持ち)にしていることを示している。ほとんどのトレーダーが買い持ちであることから、価格はこの先も下落し続ける可能性がある。ネットロングのポジションを昨日と先週で比べると、8.02%、5.9%それぞれ増加している。このように、現在のセンチメント(ポジション状況)および最近の変動(日次、週次でのポジション変化)を考慮すると、金の逆張り取引バイアスはさらに弱気に傾いていると考えられる。

弱気
データ提供:
の顧客はネットロングです。 の顧客はネットショートです。
変動 ロング ショート 建玉
日次 9% -22% -7%
週次 9% -15% -3%
プライスアクションとの関連性
ガイドを入手

金/ドル (XAU/USD) 日足チャート

日足チャートを見ると、金相場はこのところ、2月からの上昇トレンドライン(サポート)に向かって軟化し続けている。同時に、7月からの短期下降トレンドラインが上値を抑制しているようだ。この2つのトレンドラインが収束するにつれ、ブレイクアウトの可能性はますます早まると思われる。重要なサポートは、上昇トレンドラインとフィボナッチ・リトレースメント38.2%の水準1,903.46である。

サポートを下方にブレイクすると、弱気見通しが強まり、8月の安値1,884.89を維持できるかが焦点となる。一方、上昇に転じ、下降トレンドラインを突破すると、フィボナッチ・リトレースメント23.6%の水準1,971.63が意識されよう。そうなれば、テクニカル分析見通しは強気に転換するだろう。

金のトレード方法
金のトレード方法
推薦者: Daniel Dubrovsky
金のトレード方法
ガイドを入手

資料:TradingView

--- DailyFX.com シニアストラテジスト ダニエル・ドゥブロスキー著

ドゥブロスキー氏に連絡するには、Twitter で @ddubrovskyFX までお願いいたします。

新たなレポートの配信等はtwitterアカウント @DailyFXJapan で確認できます。

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。