メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

無料トレードガイド
購読する
Please try again
Select

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー・イベント

0

通知を受け取る

ライブウェビナーイベント
経済指標カレンダー・イベント

もっと見る もっと見る

テクニカル分析

毎日発信されるテクニカル分析情報でトレードの理解を深めましょう。FXや暗号通貨、コモディティ、指数における最新のマーケット動向をはじめ、DailyFXのエキスパートによる詳細な解説やアナリストのピックアップ記事が最適なトレード戦略を導きます。
金融マーケットのテクニカル分析は、値動きとパターンを分析します。これは、さまざまなパターンや関連指標をモニタリングし、チャート上の需給レベルを特定することを基本としています。また、テクニカルトレーダーは、過去の価格パターンを検証することで将来のマーケット状況や潜在的な価格変動要因を推測します。さらにアナリストはマーケットのセンチメントを評価し、トレンドの継続可否を判断するためにトレンドラインや移動平均線、相対力指数(RSI)など数多くのツールを駆使しながら、サポートラインやレジスタンスラインを設定します。
もっと見る 表示を減らす

トップニュース

WTI原油・NY金、急騰。イスラエル、イランを攻撃。原油、金価格の今後の見通し
WTI原油・NY金、急騰。イスラエル、イランを攻撃。原油、金価格の今後の見通し
WTI原油価格・NY金価格は、イスラエルがイランへ再報復を実施したことから急上昇。攻撃の詳細が不明であることから原油、ゴールドともに値動きが荒くなる可能性。中東情勢が緊迫化する中、原油、金価格の今後の見通しとは。
Tetsuya Kimata, ストラテジスト
米国株は今が「押し目買い」の好機? S&P500、欧米株式相場見通し。米大統領選も後押し
米国株は今が「押し目買い」の好機? S&P500、欧米株式相場見通し。米大統領選も後押し
欧米株価指数のほとんどが史上最高値から5%前後下落している今、押し目買いの好機なのだろうか?
Axel Rudolph, IGシニア・マーケット・アナリスト
NY天然ガス、3%上昇。夜明けを待つ。天然ガス価格の今後の見通し
NY天然ガス、3%上昇。夜明けを待つ。天然ガス価格の今後の見通し
NY天然ガスは3%近く上昇。在庫が予想ほど増加しなかったことが背景。天然ガスの生産・消費動向は強弱入り混じる中、天然ガス価格の今後の見通しとは。
Tetsuya Kimata, ストラテジスト
ランド見通し:南アフリカのCPI発表受けて、対ドルで堅調さ維持
ランド見通し:南アフリカのCPI発表受けて、対ドルで堅調さ維持
南アフリカのインフレ率は緩やかに鈍化しており、2024年上半期に同国の金利が緩和される可能性は低いと思われる。ドル/ランドは現在、買われ過ぎの領域で19.10レベルを試している。
Shaun Murison, シニア・マーケット・アナリスト
WTI原油、高値から5%下落。新たな局面へ。原油価格の今後の見通し
WTI原油、高値から5%下落。新たな局面へ。原油価格の今後の見通し
WTI原油価格は大幅下落。原油在庫の増加などが嫌気された。ただし、ガソリンの動向が原油価格をサポートする可能性。テクニカル面で注目すべき動きが見られる中、原油価格の今後の見通しとは。
Tetsuya Kimata, ストラテジスト

トップイベント

テクニカル分析

もっと見る

IGクライアントセンチメント

最終更新: Apr 19, 2024
データ提供:
ポジションの推移を表示
シンボル シグナル
ネットロング/ネットショート ネットロング ネットショート
変動
ロング ショート 建玉
Sentiment chart

このレポートでは、ブレイクアウト戦略に基づき、ユーロ/ドルと原油価格の今後の値動きを探る。また、今後数日間で注目すべき主要なテクニカルレベルについても考察する。

関連ニュースと分析

関連する経済イベント

Sentiment chart

NY金・銀価格は、FRB議長発言を受け、米国金利が上昇したことから下落。しかしながら、4月に入り、シルバーは12.5%、ゴールドも7%上昇。躍進続く金・銀価格の今後の見通しとは。

関連ニュースと分析

関連する経済イベント

Sentiment chart

円相場は29日、神田真人財務官の円安けん制発言を受け上昇した。このレポートでは、ドル/円、ユーロ/円、英ポンド/円のポジションを持つうえで重要なリスク管理を念頭に、主要なレジスタンスとサポートレベルを含めたテクニカル分析見通しについて解説する。

関連ニュースと分析

関連する経済イベント

Sentiment chart

S&P500種指数は、4月に入り、下落基調で推移。VIX指数に注目すべき動きが。投資家心理の変化がS&P500の下落圧力。このような中、S&P500の今後の見通しとは。

関連ニュースと分析

関連する経済イベント

Sentiment chart

豪ドル/円、豪ドル/米ドルはともにレジスタンスの厚い壁に直面している。豪ドル/円には先週、上髭陰線が示現しており、強気の勢いが弱まることが示唆されている。

関連ニュースと分析

関連する経済イベント

Sentiment chart

WTI原油価格は、中東情勢と高値警戒感から、値動きが小さい。このような中、原油の需要に注目すべき動きが。原油価格の今後の見通しとは。

関連ニュースと分析

関連する経済イベント

Sentiment chart

トレーダーのポジション動向:前日および前週と比べてネットショートが増えました。現在のセンチメントと最近のポジション変動から判断すると、ウォール街に強気な逆張り取引バイアスが強くなっていると考えられます。

関連ニュースと分析

関連する経済イベント

Sentiment chart

トレーダーのポジション動向:前日および前週と比べてネットショートが増えました。現在のセンチメントと最近のポジション変動から判断すると、英ポンド/米ドルに強気な逆張り取引バイアスが強くなっていると考えられます。

関連ニュースと分析

関連する経済イベント

Sentiment chart

豪ドル/円、豪ドル/米ドルはともにレジスタンスの厚い壁に直面している。豪ドル/円には先週、上髭陰線が示現しており、強気の勢いが弱まることが示唆されている。

関連ニュースと分析

関連する経済イベント

Sentiment chart

日銀の手控え姿勢が幅広い通貨に対する円安を促しており、155円はもはや「砂上の楼閣」という説は崩れつつある。ドル/円は強気のフラッグが示現しており、英ポンド/円はダブルトップを上抜けるかが焦点。今後の円相場見通しを探る。

関連ニュースと分析

関連する経済イベント

表示順

銘柄

シグナル

買いポジション保有率

売りポジション保有率

買いポジション変化率

売りポジション変化率

建玉変化率