メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

無料トレードガイド
購読する
Please try again
Select

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー・イベント

0

通知を受け取る

ライブウェビナーイベント
経済指標カレンダー・イベント

もっと見る もっと見る

主要コモディティ(商品)

世界中のトレーダーから常に注目されている金、銀、原油、銅などの主要コモディティ(商品)をご紹介します。リアルタイムに確認できる各商品のライブ価格やマーケットニュース、さらにコモディティ価格に影響を及ぼすファンダメンタルズ要因についても解説します。

リアルタイムのコモディティ価格

強気
時計のアイコン 12時間
最終更新: May 17, 2024
強気
時計のアイコン 12時間
最終更新: May 17, 2024
強気
時計のアイコン 12時間
最終更新: May 17, 2024
時計のアイコン 12時間
最終更新: May 17, 2024
時計のアイコン 12時間
最終更新: May 17, 2024

コモディティ(商品)とは?

コモディティは、金や天然ガス、小麦などマーケットで売買できる原材料や農産物を広く指しています。銅やコーン、石炭、原油など、コモディティは人々の生活を広く支えており、何十億人もの世界中の人々の生活がコモディティ価格の変動によって影響を受けるのです。

コモディティのトレードは取引所を通じて売買することに加えて、バイナリーオプションやCFD、スプレッドベッティングなど(取り扱い国で許可されている場合)のデリバティブ(金融派生商品)を利用してトレードする方法があります。米国で最も流動性の高いコモディティ市場は、原油や天然ガス、RBOBガソリンのほか、砂糖や小麦などのソフトコモディティがあります。グローバルで見ると、鉄鋼、アルミ、鉄などが出来高ベースでは最大のマーケットです。

世界で最も取引されているコモディティは?

出来高ベースで最も取引されているコモディティは、金、銀、米国原油、ブレント原油、銅、天然ガスなどです。また、コーヒー豆や小麦、砂糖などの農産物も高い出来高を誇っています。以下、代表的な商品をご紹介します。

Select

何千年にもわたって金は非常に貴重な金属とされてきました。一般的に 金価格 の上昇は、 政情不安や将来の不透明感におけるシグナルとなる場合があります。他の金融商品マーケットが低迷している際に、投資家が安全資産とみなされる貴金属に注目する傾向があるからです。

銀は食器や電子機器、宝飾品など様々な用途がある貴金属です。 銀価格は他の商品と同様に、マーケットの需給バランスに左右されます。米ドル価格と負の相関関係にある銀は、インフレヘッジとしてトレーダーからの人気が高く、また、流動性も高いために非常にトレードしやすいコモディティとなっています。 

原油は太古の有機物から生成される天然の化石燃料で、価格変動の激しいマーケットの特徴を生かして利益を得ようとするスイングトレーダーやデイトレーダーに注目されるコモディティです。原油はガソリンや軽油、溶剤、灯油などの石油製品に精製され、ジェット燃料からボイラー、暖房炉用の燃料など様々な用途に活用されます。

銅は肥料や電線など、最も汎用的な金属の一つです。また、入手が容易であるために供給量よりも産業用途によって価値が連動します。   銅価格 は経済状況に連動しているため、トレーダーは世界の経済成長率や国内総生産(GDP)の見通しに応じたポジションを取ることが多いのです。

天然ガスは原油と同様に、太古の動植物の死骸が何百万年もの時を経て生成された化石燃料です。天然ガスはクリーンエネルギー需要による成長が将来見込まれることで、トレーダーにとっての魅力となっています。

コーヒー豆は、カカオ豆や砂糖、オレンジジュースなどと共にソフトコモディティに分類される商品です。コーヒー豆の供給は開発途上国や新興国の農業に依存していますが、需要においては欧米市場が最も高いため、価格変動が激しいコモディティの一つになっています。

コモディティトレードの概要

コモディティのトレードには、取引所を通して売買するものと、デリバティブ(金融派生商品)として取引をおこなうものの2通りがあります(許可されている場合)。 

商品ごとにマーケットでの流動性が異なりますので、取引のしやすさは商品によって変わってきます。例えば、オレンジジュースやオーツ麦、フィーダーキャトル(肥育用牛)などのマーケットは比較的流動性が低く、投機家が望むタイミングで売買することが禁じられている場合があります。その一方で、天然ガスや原油、コーンなどは流動性が高いので、比較的取引しやすい商品と言えるでしょう。

投機目的でのコモディティトレードは、関連する商品のボラティリティレベルやマーケットでの流動性、そして価格変動要因を考慮することが大切です。

コモディティトレードの魅力

ここで、コモディティ市場の魅力をご紹介します。 

安全資産

金に代表されるような特定の商品は、マーケットが混乱していても合理的な投資対象となり得ます。これは不透明な経済状況下においても資産の価値が維持される、あるいは上昇する可能性を有しているからです。

高収益

商品相場は値動きが激しいため、トレーダーは正しい知識をもって取引することで、流動的なマーケットの価格変動を利用することができます。

ポートフォリオの分散

コモディティは概して株式や債券市場との相関性が低いため、ポートフォリオの分散化に有効です。

コモディティ取引

ゴールド(金)投資の特徴やメリット、おすすめのトレード戦略をプロが解説
ゴールド(金)投資の特徴やメリット、おすすめのトレード戦略をプロが解説
ゴールド(金)には、FXと同じように投資でき、現在ではクロス円通貨をしのぐ取引数量を誇っています。ゴールド投資ではテクニカル分析を使って、価格動向を予測することが重要。本記事では、ゴールド投資の上級者になるためのヒントまで解説しています。
WTI原油とブレント原油の5つの主な違い:原油取引のための基礎知識を解説
WTI原油とブレント原油の5つの主な違い:原油取引のための基礎知識を解説
WTI原油とブレント原油は同じ原油という商品ですが明確な違いがあります。原油取引を行う際には両者の違いを知っておくことが重要です。本記事では5つの観点から両者の違いを紹介し、原油取引のための必須知識を解説します。
天然ガスCFDの特徴や取引方法を解説!価格調整額やファンディングコストとは?
天然ガスCFDの特徴や取引方法を解説!価格調整額やファンディングコストとは?
天然ガスは先物やETF、CFDなどで取引することができます。そして、取引ではボラティリティの高さなど、天然ガスの特徴をしっかりと把握しておくことが大切です。本記事では、天然ガスCFDの特徴や取引方法、価格調整額をプロが解説します。
銅相場の効果的な予想方法とは?ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析をプロが解説
銅相場の効果的な予想方法とは?ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析をプロが解説
銅相場の効果的な予想方法は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析を使って、買い時や売り時を見極めることです。銅は明確なチャートパターンが現れやすく、テクニカル分析をするメリットが大きい商品です。本記事では、銅相場の予想方法をプロが解説しています。
銀(シルバー)のトレード方法や手法をプロが解説!金(ゴールド)との相関はある?
銀(シルバー)のトレード方法や手法をプロが解説!金(ゴールド)との相関はある?
銀(シルバー)は金(ゴールド)よりもボラティリティが高いという特徴があり、人気のある金融商品です。また、金(ゴールド)と相関関係があることでも有名です。本記事では、銀(シルバー)のトレード方法や手法、相関関係をプロが解説します。

コモディティ市場の価格変動要因

コモディティ市場の主な価格変動要因について解説します。

Select

一般的に特定商品の供給量が減れば商品価格は上昇し、逆に供給量が増加すれば価格が下落する傾向があります。供給に影響する変動要因には以下のようなものがあります:

  • 季節要因:  農産物など
  • 生産コストの変動:効率性の向上、テクノロジーへの投資、オペレーションの改善など
  • 競争環境の変化:  新規生産者の市場参入、既存生産者の撤退など

過剰な供給(供給が需要を上回る)は価格を下落させるものですが、供給を上回る需要が発生すると商品が不足し価格が上昇する可能性が高まります。商品は需給による価格変動がおこるため、トレーディングの際は最新の 需要と供給 の状況を常に注視しておく必要があります。 

経済全体の低迷期には、個人の消費支出が抑制されるので、一部のコモディティ価格が下落する傾向があります。逆に、経済が好調であれば特定の商品の需要が高まるので、需要に供給が追いつくまでは価格が上昇する可能性があります。

政治的な判断は価格変動に影響を及ぼすことがあります。例えば、国の輸出入における政策はコモディティ価格の大きな変動要因です。また、政府が原油に対しての輸入関税を引き上げることは原油価格の上昇要因になるのです。

投機をおこなう人々は、同じチャートを参考にトレードすることが多いものです。特定のパターンに対して皆が同様のアクションをすることで一斉に売買がおこなわれ、その結果として大きな価格変動をもたらすことがあります。 

トレードのヒント

  • 市場の最新情報を把握するには、 コモディティニュースと分析 をご覧ください。エキスパートが主要コモディティ価格の動向を分析します。
  • 取引を開始する前に、リスクリワードレシオを決めます。DailyFXでは、プラスのリスクリワードレシオを使うことをお勧めします。 「成功しているトレーダーの特長」 ガイドをご覧ください。
  • 経済指標カレンダー で重要な経済指標の発表日時をご確認ください
  • トレーダーは常に知識とスキルを磨くべきです。DailyFXのエキスパートは取引戦略やヒントなどについて、多くのウェビナーを提供しています。 ウェビナーカレンダー で詳細をご覧ください。

取引時間帯

コモディティ 取引時間(米国東部標準時) 取引停止時間(米国東部標準時) 取引時間(グリニッジ標準時) 取引停止時間(グリニッジ標準時)

18:00-17:00 (日曜~金曜)

17:00-18:00 (月曜~金曜)

23:00-22:00 (日曜~金曜)

22:00-23:00

(月曜~金曜)

18:00-17:00 (日曜~金曜)

17:00-18:00 (月曜~金曜)

23:00-22:00 (日曜~金曜)

22:00-23:00

(月曜~金曜)

原油 – 米国原油

18:00-17:00 (日曜~金曜)

17:00-18:00 (月曜~金曜)

23:00-22:00 (日曜~金曜)

22:00-23:00

(月曜~金曜)

原油 – ブレント原油

18:00-17:00 (日曜~金曜)

17:00-18:00 (月曜~金曜)

23:00-22:00 (日曜~金曜)

22:00-23:00

(月曜~金曜)

18:00-17:00 (日曜~金曜)

17:00-18:00 (月曜~金曜)

23:00-22:00 (日曜~金曜)

22:00-23:00

(月曜~金曜)

天然ガス

18:00-17:00 (日曜~金曜)

17:00-18:00 (月曜~金曜)

23:00-22:00 (日曜~金曜)

22:00-23:00

(月曜~金曜)

おすすめの学習コンテンツ