メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読する
Please try again
EUR/USD
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
FXのトレンドとは?傾向と簡単な見極め方をプロが解説!

FXのトレンドとは?傾向と簡単な見極め方をプロが解説!

James Stanley, シニアストラテジスト
広告

ほとんどの有機物はサイクルの中で、生きて世界を経験する。季節であれ、気分であれ、成長であれ、縮小が拡大を招き、拡大が行き過ぎると縮小し、そのサイクルが続く。

人間も同じで、いい日もあれば悪い日もある。天気もそうだが、多くのスポーツチームや流行、その他人間の行動によって支配され決定されるものはほとんどすべてそうである。もちろん、マーケットもそうである。

成功しているトレーダーの特長
成功しているトレーダーの特長
推薦者: James Stanley
成功しているトレーダーの特長
ガイドを入手

しかし、周期性よりも、たとえそうせざるを得ない場合でも、マーケットが直線的に一つの方向に動くことは稀である。多くの場合、上昇トレンドに買いが重なってより高い高値とより高い安値を繰り返すか、売りがますますモメンタムを増してより低い安値とより低い高値を繰り返すことになる。

「2歩進んで1歩下がる」という古い格言のようなものだ。正味はまだプラスで、利益が出たことになるが、直線的な動きで持続的に利益が表れることは稀である。

価格のトレンドは多くの場合このようなもので、その論理は理にかなっている。何か良いことが起こり、それが人々を買わせるのだ。その良いこととは、ある企業の好業績の発表かもしれないし、その経済にさらに大きな成長がもたらされることを示す、予想を上回るGDPの発表かもしれない。

しかし、その動機が織り込まれ、誰も買う人がいなくなった後はどうなるのだろうか。おそらく、買い手が入るまで価格は下落し、以前に新しい買い手を引き込む要素となった良いニュースが有効性を保っていれば、値動きの全体が取り消される前に買い手が入る十分な動機があるはずで、それがより高い安値につながるのだろう。

FXニューストレーディング上級者ガイド
FXニューストレーディング上級者ガイド
推薦者: James Stanley
FXニューストレーディング上級者ガイド
ガイドを入手

そして、その良いニュースが続けば、このシナリオはより高い高値とより高い安値を繰り返し、強気な上昇トレンドを実現できるのだ。このサイクルは、さまざまな時間軸でさまざまな方法でおこなわれるものの、一般的な要点は同じで、良い材料が織り込まれるとより高い高値とより高い安値を更新し、逆に悪い材料が織り込まれるとより低い安値とより低い高値を更新できる。

英ポンド/米ドル 日足チャート:より高い高値とより高い安値、より低い安値とより低い高値

英ポンド/米ドル 日足チャート(2020年3月~2022年5月) ジェームズ・スタンリー作成

FXのトレンドの具体例と損失を軽減する方法

しかし、2歩前進と1歩後退の程度は異なる。その根拠は一般に、マーケットがその新しい情報を織り込んでどれだけ盛り上がっているかによって決まることになる。

場合によっては、「10歩進んで1歩下がる」ように見えることもあり、これは「新しい」情報が織り込まれるにつれて、より大きなモメンタムを示している。次のチャートは、そのようなシナリオの一つである。

下のドル円の週足チャートでは、FRBが2021年後半に利上げの扉を開き始め、強気トレンドが織り込まれつつあることがわかる。9月の金利決定会合では、FRBは2022年に1回の利上げを予想し、これが買い手をマーケットに飛び込ませ、より高い高値をうながした。その後、FRBはインフレ率の継続的な上昇を受け、さらなる利上げの扉を開き始め、それがより高い高値につながった。そして、このテーマが継続されると、強気トレンドも継続された。

トレンドトレーディングの基礎
トレンドトレーディングの基礎
推薦者: James Stanley
トレンドトレーディングの基礎
ガイドを入手

米ドル 週足チャート

米ドル 週足チャート(2020年5月~2022年5月) ジェームズ・スタンリー作成

上記のチャートでは、より高い高値が魅力的であることは確かだが、より説得力があるのは、赤い線、つまりより高い高値に続くより高い安値であろう。

これは、価格がトレンド方向に押し出される際の「2歩前進」の後の「1歩後退」の説明である。そして、トレンドの中でロングをしようとするトレーダーは、リスクをとる前に、これらの「一歩後退」でトレードできる機会の一つを待ちたいと思うことだろう。この場合、必ずしもその安値をとらえる必要はないが、このより高い安値はトレンドが変わった際の損失を軽減するために安値で指値注文を出すことができるので、ロングしてトレンドが続くことを期待するだけではなく、トレーダーに何らかの戦略の要素を与えることができる。

このコンセプトは、この章の最初にある「プライスアクションのサポートラインとレジスタンスライン」の記事でより詳しく説明されている。

--- DailyFX.com シニアストラテジスト ジェームズ・スタンリー著

スタンリー氏に連絡するには、Twitterで@JStanleyFX までお願いいたします。

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。

広告