本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読
Please try again
EUR/USD
弱気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
原油 – 米国原油
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
GBP/USD
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
USD/JPY
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
トレードの基礎知識 / FXのファンダメンタルズ分析 2 / 14
GDPがおよぼすFXへの影響をわかりやすく解説!

GDPがおよぼすFXへの影響をわかりやすく解説!

Warren Venketas, アナリスト
広告

GDP(国内総生産)は、FXにおいて重要性が高い経済指標であると考えられています。GDPの数値は、ファンダメンタリストが国の全体的な健全性や潜在的な成長力を評価するための インジケーターとして使用しています。そのため、GDP発表時にFXにおけるボラティリティの高まりが注視されるのです。

FXトレーダーが知っておきたいGDPの話

GDPとは

GDP(国内総生産)は、1934年にサイモン・クズネッツが開発したもので、一国の経済において生産された財・サービスをはかる指標です。通常、GDPは月次、四半期、年次の3つの異なる期間で測定されます。これにより、エコノミストやトレーダーは経済全体の健全性を正確に把握することができます。

GDPの算出方法には様々なアプローチがありますが、米国経済分析局では、計算式を用いた「支出アプローチ」を採用しています。

GDP =消費(C)+投資(I)+政府支出(G)+(輸出(X)-輸入(M)

GDPとFXの関係と影響を理解する

GDPのデータを見るときの一般的な目安は、数値が予想を上回るか下回るかということです(以下の関連グラフを参照)。

  • GDPの数値が予想を下回ると、他の通貨に対する自国通貨の「売り」(USDEURに対して下落)が発生する可能性が高くなります。
初心者のためのFX
初心者のためのFX
推薦者: Warren Venketas
初心者のためのFX
ガイドを入手

EUR/USDのチャート:発表されたGDPデータが高い場合

  • GDPが予想を上回れば、原資産の通貨は他の通貨に対して上昇する傾向があります(USD が EURに対して上昇)。

EUR/USDのチャート:発表されたGDPデータが高い場合

GDPの発表は、通貨に対して常に同じ、あるいは期待通りの効果をもたらすわけではありません。これはトレードをする前に心にとどめておくべきことです。多くの場合、GDPの数値はすでに市場に完全もしくは部分的に織り込まれているため、GDPの数値が発表されても市場が予想通りに反応しない可能性があるのです。

関連する経済指標が定期的に発表されるため、市場はある程度正確な推定値を把握することができます。例:

成功しているトレーダーの特長
成功しているトレーダーの特長
推薦者: Warren Venketas
成功しているトレーダーの特長
ガイドを入手

GDPのデータを分析してFXの意思決定に役立てる

GDP、インフレ率、

GDPの速報値の発表は四半期末から4週間後であり、最終的な確定値は四半期末から3カ月後に発表されます。いずれも米経済分析局(BEA)が米国東部時間の午前8時30分(日本時間の午後10時30分)に発表します。一般的に、投資家は米国のGDPが年率2.5%から3.5%の間で成長すると想定しています。

適度に成長している経済では、インフレに対する懸念が生じず、金利 は3%前後に維持できるでしょう。しかし、GDPの数値が6%を超えれば、米国経済が過熱していることを示し、インフレ懸念が生じる可能性があります。

その結果、連邦準備理事会(FRB)は、インフレを抑制し、過熱する経済に「ブレーキ」をかけるために、金利を引き上げることがあります。物価の安定を維持することは、連邦準備理事会の職務の一つであり、GDPは、過熱もせず冷え込みもしない「ゴルディロックスの範囲」に収まっていなければなりません。

GDPは、インフレを引き起こすほど高くならず、また景気後退につながるほど低すぎてもいけないのです。景気後退とは、GDP成長率が2四半期連続でマイナスにおちいることを指しますが、GDPの「スイートスポット」は、国によって異なります。例えば、中国はGDPが2桁に達したことがあります。

FXトレーダーが最も関心を寄せるのは、一国の経済全体の健康診断書でもあるGDPです。GDPが高い国は、通貨の価値が高くなることで「報酬」を得ます。経済力が強ければインフレ率が高くなる傾向があるため、将来の金利上昇にはポジティブな期待が寄せられています。その結果、中央行は成長を鈍化させ、インフレ懸念の高まりを抑制するために金利を引き上げることになります。

一方、GDPが低い国は、利上げへの期待が大幅に下がります。実際、2四半期連続でGDPがマイナスになった国の中央銀行は、金利を下げて経済を刺激するという選択をすることもあります。

GDPデータの影響を利用した通貨ペアの取引

四半期データは、全体的なトレンドにおいて前期比の増減率が大きく変動します。例えば、前期比で予想を上回り良好なGDPとなっても、前年同期比のデータを考慮すると、それは一時的なものかもしれません。前年同期比のデータは、全体的なトレンドを示す可能性がありますので、より広い視野を持つことができます。

下のチャートは、上のチャート2で見た、より長い時間枠のEUR/USDの表示を示しています。このチャートは、長期的な前年同期比のトレンドに対して、短期的な前期比のデータの変動を示しています。

成功しているトレーダーの特長
成功しているトレーダーの特長
推薦者: Warren Venketas
成功しているトレーダーの特長
ガイドを入手

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。

広告