本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読
Please try again
EUR/USD
強気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
USD/JPY
弱気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る

FXのファンダメンタルズ分析

中央銀行がFX市場に与える影響と、ニュースや重要な経済イベントをトレードの意思決定に役立てる方法を学んでください。

重要なニュース

経済指標発表などのニュースイベントがなぜFXのファンダメンタルズ分析にとってそれほど重要なのか、GDP(国内総生産)、CPI(消費者物価指数)、PPI(生産者価格指数)、NFP(非農業部門雇用者数)といった関連ニュースの解釈方法とともに説明します。
1

FXの経済指標カレンダーの見方と上手く使う方法を解説!

FXの経済指標カレンダーの見方を理解することは、戦略的なトレードをおこなうために必須です。経済指標カレンダーを読むことにより、事前に計画を立ててリスク管理をすることが可能だからです。経済指標カレンダーの見方と上手く使う方法を把握しましょう。
2

GDPがおよぼすFXへの影響をわかりやすく解説!

GDPはFXにおいて重要な経済指標です。発表されたGDPの数値が、為替レートを動かし、FXのトレードに大きな影響を与えるからです。特に、アメリカのGDPはFXのトレードに、強力なインパクトがあります。GDPの理解はFXに必須です。
3

CPI(消費者物価指数)がFXに与える影響をわかりやすく解説!

CPIはFXトレーダーにとって重要な指標です。CPIは金融政策に影響を与え、通貨の強弱に直接影響する金利にもインパクトが大きいためです。この記事では、CPIがFXに与える影響を解説しています。ぜひあなたのトレードに生かしてください。
4

FXで生産者物価指数(PPI)を利用してトレードする方法を解説!

FXでは、生産者物価指数(PPI)が多くの経済指標の中でも重要な指標になります。なぜなら、PPIは消費者物価指数(CPI)の先行指標として利用することができるためです。PPIが上がればCPIも連動して上昇し、インフレを予想することが可能です。
5

FXトレーダーのISMデータ(景況指数)の活用方法とは!?

FXではISM「製造業景況指数」や「非製造業景況指数」はとても重要です。ISMデータによって、為替レートが大きく動くことがあるからです。特に、ISMデータがエコノミストの発表した予想値とかけ離れている場合は、トレードのチャンスになりやすいのです。
6

FXでの雇用統計を使った取引戦略をわかりやすく解説!

FXでの雇用統計を使った取引戦略では、プルバック戦略がおすすめです。雇用統計ではボラティリティが高まることが多いので、値動きの戻りを待つ方がリスクを少なくできると考えられます。その他の取引戦略のヒントも解説していますので参考にしてください。
広告

中央銀行の役割

ここでは、金融市場における中央銀行の役割について説明します。FRB(米連邦準備理事会)や欧州中央銀行、イングランド銀行などの中央銀行が為替レートやトレードの意思決定にどのような影響を与えるか学んでください。
1

【日銀・FRB】中央銀行がFXに与える影響をわかりやすく解説!

中央銀行の金融市場への介入について、FXトレーダーは理解しておく必要があります。なぜなら、中央銀行の金融市場への介入によって生じる為替レートの値動きは、トレーダーにとって利益をあげるチャンスになるからです。特に、利上げや利下げは最重要です。
2

FXトレーダー必見!連邦準備制度理事会(FRB)を徹底解説!

FXトレーダー必見!連邦準備制度理事会(FRB)を徹底解説! ディスプリクション:連邦準備制度理事(FRB)を理解することは、FXトレーダーに必須です。FRBの行動や決定は米ドルだけではなく、FX全体に幅広く影響します。FRBの金融政策について学習し、ぜひあなたのFXトレードの成績向上に役立ててください。
3

ユーロの政策金利を決める欧州中央銀行(ECB)をやさしく解説!

欧州中央銀行(ECB)を理解することは、FXトレーダーにとって重要です。欧州中央銀行の行動がユーロの価値を左右するからです。例えば、量的緩和の見通しを変化させるだけでも、ユーロの価値に影響を与えます。ぜひ欧州中央銀行について学びましょう。
4

FXはポンドで稼ごう!イングランド銀行をわかりやすく解説!

ポンドを含む通貨ペアで稼ぐためには、イングランド銀行を理解しておくことが大切です。イングランド銀行は英国の中央銀行であり、ポンドに大きな影響を与えます。日本人FXトレーダーはポンド円を取引される方が多いので、この記事が参考になるはずです。
5

【FXで使える】スイス国立銀行(SNB)をわかりやすく解説!

スイス国立銀行(SNB)を理解することは、スイスフランを取引するFXトレーダーにとって非常に重要です。スイス国立銀行は、スイスの中央銀行であり、スイスフランの価値に大きな影響を与えることが可能だからです。スイス国立銀行について学びましょう。
6

FXトレーダーが理解すべき日本銀行(日銀)をわかりやすく解説!

日本の中央銀行である日銀を理解することは、FXでは非常に重要です。日銀金融政策決定会合が、日本円に直接影響を与えるからです。特に、ドル円などの円が関わる通貨ペアを取引するトレーダーは、日銀の金融政策がFXに与える影響について学ぶべきです。
7

日銀などの中央銀行による為替介入を利用してFXで利益をあげる方法

日銀などの中央銀行による為替介入について、FXトレーダーはしっかりと理解しておく必要があります。中央銀行が為替介入した場合、為替レートは非常に不安定な動きになるからです。為替介入はリスクが増えますが、大きな利益をあげるチャンスにもなります。
8

【日銀・FRB】金融政策がFXに与える影響をわかりやすく解説!

日銀など中央銀行の金融政策を理解することは、FXトレーダーにとって重要です。なぜなら、金融政策は為替レートに大きな影響を与えるからです。この記事では、わかりやすく金融政策を解説しています。金融政策を把握し、自分のトレードに生かしましょう。