本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読
Please try again
USD/JPY
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
トレードの基礎知識 / FXのファンダメンタルズ分析 13 / 14
日銀などの中央銀行による為替介入を利用してFXで利益をあげる方法

日銀などの中央銀行による為替介入を利用してFXで利益をあげる方法

Richard Snow, アナリスト
広告

日銀などの中央銀行による為替介入:主な要点

中央銀行 は、自国通貨の価値を守るために、外国為替市場への介入が必要と判断することがあります。中央行の介入とは、外貨準備の売買を行ったり、特定の通貨が過小評価あるいは過大評価されていることを示したりすることで、あとは為替市場の参加者の動きに任せます。この記事では、中央銀行による様々な種類の介入と、FXで為替介入時の取引前に留意すべき重要な事実について見ていきます。

為替介入とは何か?

為替介入とは、中央銀行が為替レートを安定させるために、あるいは為替市場のミスマッチを修正するために、外国通貨を売買することをさします。この場合、国内経済への望ましくない影響を相殺するために、中央銀行によるマネーサプライの事後的な調整をともなう場合がよくあります。

上記の仕組みは「不胎化介入」と呼ばれ、他の為替介入の方法と合わせて後述します。

FXトレーダーが中央銀行の為替介入の場面で取引する方法

中央銀行が外国為替市場に介入した場合、トレーダーは非常に不安定な動きになることを念頭に置く必要があります。そのためには、適切な リスク・リターン比率 を設定して、慎重な リスク管理 を行うことが欠かせません。

中央銀行が為替市場に介入するのは、現在の トレンドが、中央銀行が望む為替レートの方向とは逆の方向である場合です。そのため、中央銀行の介入を利用したトレードは、リバーサルなどのように沢山あります。

また、外国為替市場は中央銀行の介入を予想する傾向があるため、介入前には長期的なトレンドに反する動きが見られることも珍しくありません。トレーダーには、新しいトレンドが現れるのを待ってから、取引をおこなうことができる保証はないからです。

成功しているトレーダーの特長
成功しているトレーダーの特長
推薦者: Richard Snow
成功しているトレーダーの特長
ガイドを入手

なぜ中央銀行は為替介入するのか

中央銀行は一般的に、景気を刺激するため、あるいは望ましい為替レートを維持するために為替介入が必要と考えています。例えば、国内の輸出品が外国にとって割高になるようなレベルまで自国通貨が上昇した場合、外貨を買い、国内通貨を売ります。つまり、中央銀行は国内経済に利益をもたらすために、為替レートを変えようとするのです。

これは 米ドル に対する日本円の上昇の進行に対応して、中央銀行の介入が成功した例です。日本銀行は為替レートが不利に作用すると判断し、迅速に介入して、円安を引き起こし、その結果、USD/JPYのレートは上昇しました。介入は、青い丸で示した期間に行われ、その後すぐに効果が現れました。

ほとんどの中央銀行の介入は成功していますが、うまくいかない場合もあります。下のチャートに示されているのは、USD/BRLの為替介入の例(ブラジルレアル)です。チャートでは、中央銀行がブラジルレアルの下落を食い止めるために介入した2つの事例を取り上げています。どちらのシナリオも、ドルが着々と上昇を継続したため、米ドルに対してすぐにレアルの上昇を引き起こすことに失敗したことは明らかです。

成功しているトレーダーの特長
成功しているトレーダーの特長
推薦者: Richard Snow
成功しているトレーダーの特長
ガイドを入手

為替介入の仕組み

中央銀行は、さまざまな介入方法を選択できます。大きく分けると、直接介入と間接介入があります。直接介入は、その名が示すように、外国為替市場に即時的な影響を与えますが、一方で間接介入は、より影響が少ない手段で中央銀行の目的を達成します。これは、直接介入と間接介入の例です。

介入の種類直接または間接
口先介入間接
操作介入直接
協調介入直接と間接
不胎化介入直接
  • 操作介入:一般的に、中央銀行の介入とはこのことを指しています。これは、中央銀行が外国通貨と自国通貨の両方を売買して、為替レートを目標とする水準に誘導することです。市場を動かすのは、これらの取引の純粋な規模です。
  • 口先介入:間接的な為替介入の一例で、自国通貨が一定の望ましくない水準に達した場合、中央銀行が市場に介入する可能性があることを言及します。この方法は、その名の通り、実際に介入するというよりも、介入の実施を示唆することが目的です。中央銀行が介入の準備ができていることから、トレーダーが通貨をより許容範囲内に戻す役目を引き受けます。
  • 協調介入:これは、口先介入と操作介入を組み合わせたもので、複数の中央銀行が為替レートについて同じ懸念を表明している場合が最も効果的です。複数の中央銀行が口先介入を強めた場合、いずれかの中央銀行が実際に為替レートを望ましい方向に動かすための操作介入をおこなう可能性があります。
  • 不胎化介入:不胎化介入とは、中央銀行が為替レートに影響を及ぼすと同時に、マネタリーベースを変化させないようにするための2つの行動を意味します。これには以下の2つのステップ、すなわち外貨の売買と、最初の取引と同規模の公開市場操作(国債の売りや買い)をともないます。

世界の主要中央銀行についてはこちらをご覧ください。

成功しているトレーダーの特長
成功しているトレーダーの特長
推薦者: Richard Snow
成功しているトレーダーの特長
ガイドを入手

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。

広告