メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読
Please try again
EUR/USD
強気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
ウォール街
強気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
強気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
トレード戦略とリスク管理 / プライスアクション 2 / 6
ローソク足のヒゲのみでできるサポートラインの簡単な引き方

ローソク足のヒゲのみでできるサポートラインの簡単な引き方

James Stanley, シニアストラテジスト
広告

プライスアクションの支持線と抵抗線

学習コンテンツセクションで見てきたように、サポートラインとレジスタンスラインの水準を見つける方法はたくさんある。フィボナッチは人気のあるツールであり、心理的な節目は重要なポイントである。しかし、もしマーケットがそのサポートラインやレジスタンスラインを認めないのであれば、その意味はあるのだろうか?ないのではないか?サポートラインとレジスタンスラインの唯一の価値は、何かが起こる可能性を強調する能力であり、同時にトレーダーがマーケットの中で自らの活動に客観的な枠組みを採用できるようにすることなのだ。

プライスアクションの変動により、サポートラインやレジスタンスラインの水準を確認できる。あるいは、特定の価格で大きな反応があった場合、その水準を設定できる。豪ドル/米ドルの.8000付近を監視していて、価格がこの値まで上昇し、その後売り手を見つけた場合、.8000は心理的な節目であるためレジスタンスラインとなり得るだけでなく、トレーダーとマーケットの参加者が同意し、その意見を自らの資金を使って表明していることがわかる。そして、価格が下がれば、さらに多くの売り手がその流れに乗ることができ、反対側の買い手は、価格が下がれば下がるほど強気になれなくなり、それによってさらなる下落を許容することになるのだ。

テクニカル分析入門

市場センチメント

推薦者: James Stanley

コースを始める

しかし、この0.8000という水準は、それが登場したときにマーケットの行動が変わっていなければ、レジスタンスラインにはならなかったはずである。強気派が押し切ることで価格が上昇する途中の単なるスピードバンプに過ぎなかっただろう。

プライスアクションのヒゲの記事でこの概念を見てきて、ローソク足内の反応がトレーダーにかなりの量の情報を示せることを強調した。それは、より短い時間軸に常に存在するノイズを取り除きながら、より長い時間軸の重要な水準を強調できる。しかし、トレーダーがアプローチに利用できるのは、サポートラインとレジスタンスラインを強調するヒゲによって示される反応なのだ。

プライスアクションを使ったサポートラインとレジスタンスラインの引き方

プライスアクションはトレーダーにとってある程度客観的なフレームワークを提供するが、サポートラインとレジスタンスラインの有効なゾーンを特定するには、若干の主観が必要である。

重要なのは、過去に相場が変化した場所や価格水準を見つけることであり、それによって将来的な変化の可能性を強調することである。サポートラインが常に維持され、レジスタンスラインが常に売り手を呼び込むというわけではないが、トレーダーが戦略を立てるために注目できる領域が明らかになる。

IGクライアントセンチメントを使用してトレードする方法
IGクライアントセンチメントを使用してトレードする方法
推薦者: James Stanley
IGクライアントセンチメントを活用してトレードを改善
ガイドを入手

プライスアクションから読み取れるサポートラインとレジスタンスラインにもいくつかの種類があり、以下で見ていく。

瞬間的な長いヒゲ(タッチ・アンド・ゴー・ロング・ヒゲ)

これは値動きが急激な相場でよく使われるものだ。もし、ある種の投げ売りが見られた場合、それは長いヒゲという形で表れることが多いのだ。ヒゲは、もちろんローソク足内の反転を強調し、これが包み足と一致する場合、目先の勢いを示す強力な指標となる。しかし、サポートラインとレジスタンスラインを引くという目的では、単にヒゲの上端または下端が必要である。

上記の豪ドル/米ドルの例では、.8000付近からの反転を強調する長いヒゲが存在した。しかし、その前にも別のサポートラインがあり、.5500水準からの反転を強調していた。テクニカル的にサポートラインが.5500水準を突き抜けることはなかったが、買い手が9pip早く踏み込んだという事実は、その価格では何らかの防御がおこなわれており、この水準が登場する前に買い手が踏み込む準備が整っていたことを示している。これはまた、大きな数字が試される前から買いが入っており、ある程度積極的であったことを示している。

以下の2つのケースでは、強い動きが続いている

豪ドル/米ドル 週足チャート:長いヒゲの反応 - サポートラインとレジスタンスライン

豪ドル/米ドル 週足チャート(2019年4月〜2022年4月) ジェームズ・スタンリー作成

上記の例は、私が言った2つの強いケースを示しているが、チャート上にはまだ触れていない別の長いヒゲがある。物事がうまくいったときの事例だけを集めた記事にはしたくないので、もう少し掘り下げてみるとしよう・・・

上のチャートの左側には、際立った反応を見せている長いヒゲがあり、下のチャートではこの部分に紫色のボックスを追加してみた。

豪ドル/米ドル 週足チャート

豪ドル/米ドル 週足チャート(2017年8月〜2022年4月) ジェームズ・スタンリー作成

以下、その項目についてもう少し詳しく見ていくと、基本的には、その週足のローソク足が.7000の心理的な節目を超えて終値を付けたことから、.6743のヒゲの安値が注目されていることが分かる。

つまり、そのローソク足について別の見方をすると、週中に何か悪いことが起こり、売り手が価格を主要な心理的な節目以下に押し下げ、最終的に.6750あたりで撤退したということである。その後、その売りに反応し、買い手が飛び込んできて、最終的に弱気の動きをすべて消し去った、というわけだ。

ブレイクアウトトレーディングの基礎
ブレイクアウトトレーディングの基礎
推薦者: James Stanley
ブレイクアウトトレーディングの基礎
ガイドを入手

かなり強気に聞こえるだろう。その後数週間、買い手は押し目を買い続け、最終的に.7300のハンドル(具体的には.7295)のすぐ内側で新高値を付けた。これは、長いヒゲによって反転が強調され、それが少し続く可能性があることを強調している。しかし、この例を見るのはそのためではない。その代わりに、.6743の長いヒゲによって生み出されたサポートラインに注目する。

この価格は、今年の後半のほぼ丸3ヶ月間、このペアの安値を支えるのに役立っている。そのサポートラインが機能した領域の周りに濃い赤のボックスを追加した。

豪ドル/米ドル 週足チャート(2016年10月~2021年7月)

豪ドル/米ドル 週足チャート(2016年10月~2021年7月) ジェームズ・スタンリー作成

つまり、その上の例では、長いヒゲが生み出したサポートラインが、2019年の8月に登場した後、安値を維持するのに役立ったわけである。そして、.6743での最初の試す動きと、その同じ場所で安値を維持した週足での後者のヒゲを集めたものの間に表れた低い高値が示すように、これは、売り手がますます押しているときにサポートラインを見つける、トレーダーの助けになる情報であることは確かである。

しかし、このゾーンからのよりエキサイティングな環境は、2020年の2月まで現れなかった。この3週間の間に、前にサポートラインだったレジスタンスラインの周りで価格が乱高下しているのがわかる。その結果、再び安値を更新し、1,000pip以上もの激しい動きが続いた。その理由は、このタイミングでは、マーケットに織り込み済みだったからである。しかし、テクニカルの状況からわかるように、下方ブレイクのための地盤は整っており、新型コロナウイルスがその理由となっただけなのだ。

下のチャートの緑色のボックスに注目してほしい。このチャートは、下方ブレイクの際に、a)サポートラインを設定し、b)レジスタンスラインを設定するという、その前の長いヒゲの重要性を強調している。

豪ドル/米ドル 週足チャート

豪ドル/米ドル 週足チャート(2018年5月~2021年9月) ジェームズ・スタンリー作成

近接したヒゲのグループ化または集合体

これは少し主観的になるが、長期のチャートでは特に重要になる。

複数のヒゲが同じ近辺で反応している場合、変曲点があると考えられる。これは、マーケットに買い手または売り手をもたらしている、一度越えると元には戻れない境界線があることを示すかなり明確な兆候である。それが維持されるかどうかは分からないが、マーケットに買い手と売り手を呼び込んでいる価格であることだけは確かで、それ自体はトレーダーにとって有用なものだ。

豪ドル/米ドル についてすでにかなり話をしたので、そこに焦点を当てよう。

2021年2月に豪ドル/米ドルが.8000という大きな数字を記録した後、買い手は休憩をする準備ができていた。値動きは後退し、.8000を試す前にサポートラインとして機能していたのと同じ.7557水準付近でレジスタンスラインが設定された。このゾーンを緑色の枠で囲んだが、赤色の枠も追加した。これは、週足チャートでこの水準をわずかに上回ったものの、ローソク足の下側のヒゲが示すように、反転に見舞われたことを示している。その後6週間にわたり、このサポートラインが維持されると、価格は安値から300pip以上上昇し、週足チャートの前の変動からの単純な基準点となった。

AUD/USDのトレード方法
AUD/USDのトレード方法
推薦者: James Stanley
AUD/USDのトレード方法
ガイドを入手

豪ドル/米ドル 週足チャート

豪ドル/米ドル 週足チャート(2019年5月~2021年4月) ジェームズ・スタンリー作成

以下、さらに詳しく見てみると、.8000の水準を試す動きの前に仕掛けた週足の安値の周りに2つの紫のボックスを追加し、その後、価格はサポートライン(赤で示したもの)へと戻ってきた。

豪ドル/米ドル 週足チャート

豪ドル/米ドル 週足チャート(2020年7月~2021年12月) ジェームズ・スタンリー作成

ご覧の通り、.8000で拒絶された後のそのサポートラインを試す動きは安値の維持に役立ち、価格はその後数ヶ月間この水準で跳ね返り、維持された。しかし、6月になると、弱気派は十分な力を得て、価格はすぐにそのサポートラインの水準を下回るようになった。

この繰り返しから、いくつかのことがわかる。最初の下方ブレイクの後、下のチャートで紫色にハイライトされた週足のヒゲが示すように、価格はまだこの水準をレジスタンスラインとして探り続けている。

しかし、おそらくもっと重要なことは、同じ価格が今年後半の高値になっていることである。オレンジ色にハイライトされた箇所だ。このレジスタンスラインに上値を抑えられて急落し、価格は.7000の水準まで下がった。

豪ドル/米ドル 週足チャート

豪ドル/米ドル 週足チャート(2020年7月~2022年5月) ジェームズ・スタンリー作成

.7000というキリのいい数字が重要なものとして登場し、その弱気相場の後の安値の維持に役立ち、さらにその数ヶ月後に再び視野に入ってきた。これは、同じような場所で反応が何度も起きていることを示し、長いヒゲの形を取らなかったかもしれないが、このサポートラインの近くで何度も価格が跳ね返されることによってそれを非常に明確に見ることができた。

このサポートラインからの跳ね返りは、前回の高値と同じレジスタンスラインにぶつかり、これは長いヒゲとなり、激しいローソク足内の反転を示すことになった。その後、売り手がこのことに再び関心を持ち、最終的に.7000の心理的水準を下抜けたのである。

今回のこの環境の全体的な構造は、単純なプライスアクションの指標のみを使用して、豪ドル/米ドルの週足チャートから導き出したものだ。

豪ドル/米ドル 週足チャート

豪ドル/米ドル 週足チャート(2020年7月~2022年5月) ジェームズ・スタンリー作成

プライスアクションから読み取れるサポートラインとレジスタンスラインの重要な項目がもう一つあるため、それについては次回の「プライスアクションが語る」と題した記事で見ていきたいと思う。

--- DailyFX.com シニアストラテジスト ジェームズ・スタンリー著

スタンリー氏に連絡するには、Twitterで @JStanleyFX までお願いいたします。

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。

広告