メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読
Please try again
EUR/USD
強気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
強気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
株と債券は上昇、ドルは下落(今のところ)

株と債券は上昇、ドルは下落(今のところ)

Paul Robinson, ストラテジスト
注目のトレード機会 :2022年第3四半期.
注目のトレード機会 :2022年第3四半期.
推薦者: Paul Robinson
絶好のトレード機会の予測を無料で入手
ガイドを入手

前期末には、ドル高・金利高・株安・リスク選好の流れの大きな変曲点を迎えたように思われる。長期的な展望は前半のテーマを支持し続けるように見えるが、調整は起こるものだ。最近のトレンドが調整されたことで、マーケットは最悪の事態は脱したと考えている可能性さえある。

何はともあれ、一歩一歩進んでいきたいと考えている。とりあえず、ドルが下落する一方で、株と債券の徐々な回復が予想される。S&P500は4200前後まで上昇し、30年物超の債券は160以上まで上昇する可能性がある。ドル指数は数年来のレンジの中で100の水準に向かって緩やかに戻る可能性がある。

S&P500は必ずしも大いに注目に値する水準からの反発ではないが、値動きとセンチメントは、今のところ最悪の事態に達したことを示唆している。

S&P500週足チャート

出所:TradingView

30年物は2018年の安値をつけ、上昇に転じたことから、ウォッシュアウトに達したことがうかがえる。

30年物超長期国債 週足チャート

出所:TradingView

数カ月のレンジ外に留まらなければ、ドル指数が売られることになる。

ドル指数月足チャート

出所:TradingView

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。