本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読
Please try again
USD/JPY
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
テクニカル分析入門 / テクニカル分析ツール 3 / 10
FXトレーダーにおすすめのテクニカル分析4選をプロが解説!

FXトレーダーにおすすめのテクニカル分析4選をプロが解説!

DailyFX, Research
広告

FXという冒険に乗り出すとすぐに、多様なトレード手法と出会うことになります。しかしほとんどのトレードの機会は、4つのテクニカル指標のうちの1つを使用するだけで簡単に見極めることができます。移動平均線、RSI、ストキャスティクス、MACDの使い方を覚えれば、すぐにトレード計画をプロのように実行できるようになります。無料の分析ツールも提供されるため、これらのテクニカル指標や分析ツールを使用して日々トレードを見極める方法を把握できます。

FXでのシンプルな戦略のメリット

FXを始めたばかりのトレーダーは、物事を複雑化し過ぎる傾向があります。これは残念なことですが否定しがたい事実です。トレーダーは、多くの変動要素のある複雑なトレード戦略の方が優れていると考えがちですが、実はできるだけシンプルにすべきなのです。シンプルな戦略は迅速な反応が可能となりストレスも少なくてすむためです。

始めて間もない時期は、トレードを見極めるために最も効果的でシンプルな戦略を探し、その手法を維持すべきです。

「シンプルさは究極の洗練である」 – レオナルド ダ ヴィンチ

初心者のためのFX
初心者のためのFX
推薦者: DailyFX
初心者のためのFX
ガイドを入手

FXでのシンプルな戦略におすすめのテクニカル分析

トレードを単純化する一つの方法は、テクニカル指標とそれらの指標を使用するいくつかのルールによるトレードプランによりもたらされます。シンプルイズベストという考えに従うと、習熟すべき簡単な4つの指標があります。これらの指標を一度に1つか2つ使用して、トレードのエントリーポイントとエクジットポイントを決めましょう。

  • 移動平均線
  • RSI (相対力指数)
  • スローストキャスティクス
  • MACD

本番口座でトレードを開始後は、シンプルなルールによるシンプルなプランが最も役立ちます。

FXでテクニカル分析を使用し、さまざまなマーケット環境のチャートを読む

一つの通貨を別の通貨と比較させたときの価値を決める場合、数々のファンダメンタルズ要因があります。多くのトレーダーは、トレードの機会を特定するためのシンプルな方法として、テクニカル指標を使用してチャートを見ます。

チャートを見ると、よく目にするマーケット環境が2つあります。2つの環境とは、サポートラインやレジスタンスラインが強い、つまり天井や底が固くレンジ内で動く市場と、価格が上昇または下降の一方向に動くトレンド相場です。

トレーダーはテクニカル分析を使用してレンジの範囲を特定したり、トレンドのある相場環境を見極めたりします。そして、その読みにもとづき高い確率のエントリーまたはエクジットを探ります。指標を読むことは、指標をチャート上に表示するだけのシンプルな作業です。

おすすめのテクニカル分析1:移動平均線を使用してトレードする

どのような戦略にも使える利便性の高いテクニカル指標の1つに移動平均線があります。移動平均線は、トレーダーが全体的なトレンドの中でトレードの機会を見つけることを容易にします。マーケットが上昇傾向にあるときは、1本または複数の移動平均線を用いてトレンドとトレードのタイミングを見極めます。

移動平均線は、一定期間における通貨ペアの平均の価格を単純に描いたもので、過去200日間または1年のプライスアクションなど、全体的なトレンドを理解するために使用します。

FXを学ぶ: GBP/AUD日足チャート - 移動平均線

上記のトレードアイデアは、チャートに数本の移動平均線を加えただけで生まれたことに気づかれたと思います。移動平均線を使用してトレードの機会を見極めることで、通貨ペアが移動平均線の方向に動いたときにエントリーし、逆の動きが始まったときにエクジットすることにより値動きの勢いを見てトレードをすることができます。

おすすめのテクニカル分析2:RSIを使用してトレードする

RSI(相対力指数)は、シンプルで使い勝手の良いオシレーター(価格の振幅を示す指数)です。RSIのようなオシレーター系のテクニカル指標は、通貨が買われ過ぎまたは売られ過ぎの状態にあり、反転が起こる可能性を判断する際に役立ちます。RSIは「安く買って高く売る」トレードを好む人にぴったりの指数です。

RSIは、トレンド相場でもレンジ相場でも同じようにエントリー価格とエクジット価格を見つける助けとなります。市場に明確なトレンドがなくレンジ内で動く場合、上記のような形で買いまたは売りのシグナルを使ってポジションを取ることができます。市場が一方向に進み、トレードの方向性がよりはっきりしている(トレンドトレーディングのメリットの一つ)場合は、RSIが両極から反転しトレンドの方向に回復するときにのみ仕掛けます。

RSIはオシレーターのため、値は0~100で表記されます。100の値は買われ過ぎのため反落すると見られ、0の値は売られ過ぎのため反転して上昇することが多いです。上昇トレンドにあるときは、RSIが

おすすめのテクニカル分析3:ストキャスティクスを使用してトレードする

スローストキャスティクスもRSIのようなオシレーターで、価格の反転が起きるであろう買われ過ぎまたは売られ過ぎの状態を見つける役に立ちます。ストキャスティクスを使用したトレードのユニークな点は、%Kと%Dの2つの線がエントリーを示してくれることです。

このオシレーターは同じように買われ過ぎと売られ過ぎを示しますが、単純に%Kが20の水準を抜け%Dと交差して上に抜ける点が、トレンドの方向への堅実な買いのサインを示しています。

おすすめのテクニカル分析4:移動平均収束拡散手法(MACD)を使用してトレードする

オシレーター系指標の王と言われるMACDは、レンジ相場でもトレンド相場でも良く機能します。これは移動平均線の勢いの変化を視覚化しているためです。

マーケット環境がレンジ相場かトレンド相場のどちらであるかを判断した後、この指標のシグナルを得る方法は2つあります。1つめはゼロラインに対する2本の線の位置で、これは通貨ペアの上昇または下降トレンドを示しています。2つめは、MACDライン(赤)のシグナルライン(青)とのクロスで、これはそれぞれ買いまたは売りのトレードポイントを示唆します。

他のすべての指標と同様に、MACDもマーケットがトレンド相場か、またはレンジ相場かを見極めた上で使用するのが一番です。方向性を特定したら、トレンドの方向へ向かうMACDラインのクロスでエントリーするのがベストです。ポジションを保有した後は、クロス前の直近の最安値の下をストップ価格とし、ストップ価格とエントリー価格の差の2倍のピップスをエントリー価格にプラスしてリミット価格とします。

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。

広告