本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読
Please try again
EUR/USD
強気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
USD/JPY
弱気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る

テクニカル分析ツール

移動平均線やプライスアクションなど、トレードの一貫性を高めるために役立つ主要テクニカル指標について説明します。

市場のタイミングを読むためのトレードツール

RSI(相対力指数)や一目均衡表などテクニカル分析ツールの重要性を知り、テクニカルなシグナルに反応してその値動きをどのように取引判断に活用するかを学びましょう。
1

テクニカル指標のタイプ別一覧、使いこなすためのヒントもプロが解説

テクニカル指標は、値動きをよりよく理解し対応する上で役立つチャート分析ツールです。しかし、テクニカル指標は膨大な種類があります。本稿では、利用可能なテクニカル指標のタイプ別一覧とツールを効果的に使いこなすためのヒントを解説します。
2

FXはプライスアクションが鍵!テクニカル指標と組み合わせる手法とは

プライスアクションとは値動きの分析であり、FXでは非常に重要です。トレンド、重要な価格水準、適切なリスク管理についての判断に使われるからです。本記事では、プライスアクションの説明とテクニカル指標を組み合わせた手法を解説いたします。
3

FXトレーダーにおすすめのテクニカル分析4選をプロが解説!

FXのトレード機会は、おすすめのテクニカル分析のうち1つだけで簡単に見極めることができます。移動平均線やRSI、ストキャスティクス、MACDの使い方を覚えれば、トレードをプロのように実行できるのです。本記事では、4つのテクニカル分析について解説します。
広告

テクニカル指標のツールボックス

移動平均線や確率論、MACD(移動平均収束拡散手法)、買われ過ぎ/売られ過ぎの定義など、指標の詳しい説明を読んでテクニカル分析ツールについての知識を深めてください。
1

トレーダーのための移動平均線の説明と使い方をプロが解説!

移動平均線は、終値の平均を表すために使用される人気のあるテクニカル指標です。トレーダーはマーケットのモメンタムを分析するための優れた指標として移動平均線をよく利用します。本記事では、トレーダーのための移動平均線の説明と使い方を解説します。
2

ストキャスティクスの説明とFXでの使い方をプロが解説!

ストキャスティクスの使い方については、しっかりと理解することが必要です。ストキャスティクスはモメンタムやトレンドの強さを評価する上で有用ですが、深く理解しなければ残念な結果になります。本記事では、ストキャスティクスの説明と使い方を解説します。
3

MACDとは?機能とFXでの使い方をプロが徹底解説!

MACDはオシレーターとしてもトレンド系の指標としても機能するユニークなテクニカル指標です。1つの指標で2つのシグナルを得ることができ、使い勝手がよく価値があります。本記事では、MACDの説明や機能、FXでの使い方を解説します。
4

FXでのRSIの使い方|「買われ過ぎ」と「売られ過ぎ」が持つ意味とは?

「買われ過ぎ」や「売られ過ぎ」はトレードのチャンスになります。値動きが反転する可能性が高まるからです。反転を確認するにはRSIを使用しましょう。本記事では、「買われ過ぎ」や「売られ過ぎ」の意味やFXのトレードでのRSIの使い方について解説します。

遅行指標と先行指標

遅行指標と先行指標に関する総合的な定義と、その活用方法を記事にしています。両指標についての知識を深めてください。
1

テクニカル指標の種類|先行指標と遅行指標はFXでどちらがおすすめ?

遅行指標は、過去の価格データを使用してエントリーとエクジットのシグナルを出します。先行指標は、過去の価格データを使用して将来の値動きの手掛かりになります。テクニカル指標の種類としてどちらがおすすめでしょう? それぞれの利点と欠点を解説します。
2

テクニカル指標の種類|遅行指標とは?おすすめの使い方をプロが解説

遅行指標はテクニカル指標の基本的な種類と誤解されがちですが、FXの分析に大きく関わっています。遅行指標は、トレンドのあるマーケットで最も効果的なテクニカル指標です。本記事では、遅行指標のFXでのおすすめの使い方について解説します。
3

テクニカル指標の種類|先行指標とは?おすすめの使い方をプロが解説

先行指標は、FXにおける値動きを予測するためのテクニカル指標の種類です。FXの価格がどのように展開するかを予想でき、エントリーポイントを見つける根拠の一つにすることができます。本記事では、先行指標の説明とおすすめの使い方を解説します。