本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読
Please try again
原油 – 米国原油
強気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
GBP/USD
弱気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
USD/JPY
弱気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
テクニカル分析入門 / テクニカル分析ツール 9 / 10
テクニカル指標の種類|遅行指標とは?おすすめの使い方をプロが解説

テクニカル指標の種類|遅行指標とは?おすすめの使い方をプロが解説

Warren Venketas, アナリスト
広告

遅行指標はテクニカル分析の基本と誤解されがちですが、融マーケットの分析に大きく関わっています。本稿では以下について解説します。

  • テクニカル指標の種類としての遅行指標とは
  • 遅行指標に分類されるテクニカル指標
  • テクニカル指標としての遅行指標の利点とおすすめの使い方

テクニカル指標の種類としての遅行指標とは

遅行指標は、以前のプライスアクションデータの平均を使用してマーケットを分析するために使用するツールです。多くの遅行指標がありますが、すべてマーケットのトレンドエントリーおよびエクジットポイントを調べるために使用されます

遅行指標は、トレンドのあるマーケットで最も効果的とされますが、多くのシグナルは実際のトレードの動きの後に出されるため、トレーダーが利益を得るために残されるピップスは少なくなります。

遅行指標に分類されるテクニカル指標

最も頻繁に使用される遅行指標は、移動平均線に関するものです。例として、この後解説する単純移動平均線(SMA)、指数平滑移動平均線(EMA)、MACDがあります。これらの指標はすべて過去の値動きとさまざまな計算式を使用し、独自のトレードのシグナルを作成します。さらに、指標の計算式で定義するパラメータを変化させることで、トレーダーは用途に合わせて指標を編集することができます。

単純移動平均線(SMA):

SMAは一定期間における金融商品の終値を平均した遅行指標です。

指数平滑平均移動線(EMA):

EMAは、SMAから発展した遅行指標で、SMAとの唯一の違いはEMAがより直近の値動きを重視する点です。

MACD:

MACDはさまざまなEMA間の位置関係などを計算する遅行指標です。

テクニカル指標としての遅行指標の利点とおすすめの使い方

遅行指標を使用する利点は下記の通りで、初心者のトレーダーが期待するものばかりです。指標を利用するタイミングを特定する際の参考にしてください。

  • 指標の遅行要素により、トレーダーはより多くのデータをもとに検証した上でトレードすることができます。つまり、トレーダーはエントリー前に少し時間をおくことになります。
  • エントリーとエクジットポイントを特定できます。
  • 遅行指標は強いトレンドのあるマーケットで非常に有効に機能します。

次の週足チャートは、MACDクロスオーバー戦略を使用したUSD/JPYのトレード戦略を示しています。ハイライトした場所が示すように、エントリーはMACDラインがシグナルラインを超えたところでおこなわれます。当初、MACDの遅行性のため、トレーダーはチャート上のA点とB点の間の利益がプラスになる値動きを見送りました。しかし、トレードをB点からスイングロー(最安値より高い安値のローソク足が、最安値を中心に左右6本できる状態)までのピップスの動きを最大化するようセットアップしました。この例からわかるように、トレーダーはエントリー前の利益をいくらか見送ったにも関わらず成功しています。

テクニカル指標の種類としての遅行指標: まとめ

遅行指標はトレードで活用できる便利なツールです。トレード戦略を向上させるために利用する上で非常に柔軟性が高く、また分析をサポートしてくれます。とても優れた指標なので、習熟しレパートリーに組み込むべきものです。

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。

広告