本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読
Please try again
EUR/USD
弱気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
原油 – 米国原油
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
GBP/USD
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
USD/JPY
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
FXにおけるフィボナッチの引き方・使い方・注意点をプロが解説

FXにおけるフィボナッチの引き方・使い方・注意点をプロが解説

Warren Venketas, アナリスト
広告

FXにおけるフィボナッチの使い方

FXトレーダーは、フィボナッチリトレースメントを、節目の水準になる可能性があるサポートラインおよびレジスタンスラインを見極めるために使用します。これらの水準は、トレーダーがマーケットへのエントリーまたはエクジットを検討するガイドラインとして使用され、トレーダーはこれらを適切なリスク管理テクニックと共に実行します。

FXの通貨ペアでフィボナッチリトレースメントを作成する方法

実際的な例に進む前に、分析対象となる全体的なマーケット(EUR/USDまたはUSD/ZAR等)の基本を理解する必要があります。これはトレンドの見極めから始めます。トレードスタイルにより長期、中期、または短期となります。シンプルなプライスアクションや、移動平均線(MA)などの指標、その他の指標など、トレンドの見極めに使用できるさまざまな方法があります。トレンドの見極めが重要な理由は、フィボナッチはトレンドのバイアスを判断せず、節目となるサポートラインおよびレジスタンスラインを特定するためです。

トレンドフォローでのトレードにおける知識を向上させましょう

フィボナッチリトレースメントを描画するには、FXのチャート上で、上または下への大きな値動きを見極める必要があります。この値動きをもとに、フィボナッチを使用して節目となる水準を計算します。通貨ペアにはその相反する性質上平均回帰の傾向があり、これが大幅な値動きを生み、それをもとにフィボナッチリトレースメントを描くことができます。

注目すべき節目となるレベルは38.2%と61.8%です。50%水準は厳密にはフィボナッチ水準ではありませんが、チャートにはよく含まれており、重要な閾値とみなされています。50%水準は、単に元の値動きの高値から安値、またはその反対の動きの半分の地点をマークしています。下の2つのチャートは、GBP/ZAR日足チャート上にフィボナッチリトレースメントを引いた例です。黒線がそれぞれ安値から高値ポイントを示しており、これらがフィボナッチ水準の計算に使用されます。

初心者のためのFX
初心者のためのFX
推薦者: Warren Venketas
初心者のためのFX
ガイドを入手

GBP/ZAR日足チャート – 上昇トレンド:

チャート作成:IG証券、ウォーレン・ベンケタス

下のUSD/SGDチャートに示すように、高値から安値水準にもとづき、フィボナッチリトレースメントを引くことができます。

USD/SGD 日足チャート – 下降トレンド:

チャート作成:IG証券、ウォーレン・ベンケタス

フィボナッチリトレースメントを引いたら、これらの価格水準をエントリーおよびエクジットのシグナルとして使用することができます。下のUSD/CADの例は、プライスアクションがさまざまなフィボナッチ水準で反転する傾向があることを示しています。青の四角はフィボナッチ水準である61.8%と38.2%の間の領域をハイライトしています。相場がこれら2つの節目となるサポートおよびレジスタンスラインを重視していることは明らかです。トレーダーは61.8%でショートポジションのエントリーを検討します。先行する下降トレンドがあるため、最初のサポートラインは38.2%水準となります。

フィボナッチポイントは、具体的な水準と見るべきではなく、むしろガイドラインまたは参照ポイントとしてとらえるべきである点に注意してください。これらの正確な水準で価格が常にトレードされるとは限りません。価格は、その水準直前で下落したり、その水準を少しだけ通り過ぎたりすることがよくあり、正確な水準を狙っていたトレーダーにはフラストレーションを与えます。ストップおよびリミット注文については、トレーダーはフィボナッチ水準前後の潜在的な価格の変動に対する若干の余裕を持つべきです。下のチャートの23.6%水準(黄色)より少し上でこの例が見られます。強気派が価格をラインより上へ押し上げましたが、すぐに23.6%水準以下へ戻しています。

USD/CAD日足チャート:

チャート作成:IG証券、ウォーレン・ベンケタス

これはFXにおけるフィボナッチリトレースメントの最もシンプルな形態です。フィボナッチリトレースメントは多用途で、上のように1つの時間軸に制限されません。より複雑なアプローチでは、異なる時間軸にわたる複数のフィボナッチリトレースメントを使用します。マルチタイムフレーム分析をおこなうことにより、大きな値動きを基準として、複数のフィボナッチリトレースメントを描くことができます。フィボナッチシリーズの次の記事では、この戦略をトレーダーがどのように実行するかについて実際的な例を詳しく説明します。

FXトレーダーはフィボナッチだけに頼らないように注意

FXトレーダーは、フィボナッチ水準だけに頼ってポジションを取るという間違いを犯します。それはあまりにも視野が狭く良い結果をもたらしません。他の指標、チャートパターン、ローソク足パターンおよびファンダメンタルズから追加の裏付けを得ることは、優れた全体戦略の構築に、また、最終的には十分な情報にもとづくトレードの判断に不可欠です。フィボナッチはFXにおいて非常に強力なツールとなるため、その基礎を完全に理解することは、トレード戦略にこのツールを取り入れる上でプラスとなります。

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。

広告