メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読する
Please try again
詳細 もっと見る
テクニカル分析入門 / テクニカル指標に詳しくなろう 3 / 6
ATRインジケーターの使い方|ボラティリティの活用方法

ATRインジケーターの使い方|ボラティリティの活用方法

James Stanley, 寄稿者
広告

ATRインジケーターの使い方|ボラティリティの活用方法

この記事では、ATRインジケーターをボラティリティの測定に役立つという点に着目して見ていく。

ブレイクアウトトレーディングの基礎
ブレイクアウトトレーディングの基礎
推薦者: James Stanley
ブレイクアウトトレーディングの基礎
ガイドを入手

アベレージ・トゥルー・レンジ(真の値幅の平均)は、前回みてきたように、チャートの下部に適用することができるインジケーターである。トレーダーが設定するのは、評価対象となる期間数の入力だけだ。ATRの一般的な入力は14期間だが、トレーダーはこれを変更して、相場環境をより長期的または短期的に見ることができる。

以前紹介したように、ATRは評価対象の資産の価格形式で表示される。つまり、EUR/USDで.0048と表示されたのであれば、その期間中のATRの値は48pipsであることを示している。マーケットが突然非常に不安定になると、この値は大きくなり、.0080と表示された場合、ATRは80pipsを示しているということだ。

ATRに示されるボラティリティの拡大は、トレーダーがどの戦略を実行するか、どのシグナルにしたがうか、あるいはおそらく、トレーダーが戦略上望むよりもボラティリティが高いか低いかを想定し、そのマーケットを完全に回避するシグナルとしても使用できる。ボラティリティのサブモジュールで説明したように、ボラティリティの予想はトレーダーの戦略選択において大きな役割を果たすことがあり、ATRはこの非常に重要なデータポイントをフォローするトレーダーにとって便利な方法だ。

以下のEUR/USDの日足チャートでは、ATRによってボラティリティの上昇の影響が強調されている。

チャート左側の2018年では、ATRが105pipsと計測されており、指定した期間の過去14日間のATRが105pipsであったことになる。2018年から2019年にかけて、EUR/USDが下降トレンドで推移する中、そのボラティリティは低下し、2019年末には40pips程度で底を打った。

しかし、2020年初頭の相場にコロナが織り込まれてくると、ATRが跳ね上がり、最終的に3月下旬には160pipsを超えるようになった。

これは、ボラティリティがインジケーターに組み込まれていることを明確に反映している。ATRを利用して損切り/利食い注文を設定しているトレーダーにとっては、相場のダイナミクスを取り入れることができるようになる。.

トレード戦略とリスク管理

ボラティリティ

推薦者: James Stanley

コースを始める

ATRを適用したEUR/USDの日足チャート

EUR/USDの日足チャート(2018〜2020年9月) ジェームズ・スタンリー作成

ATRインジケーターを使う際は、値動きの方向性には依存しないことに注意

上記の例で指摘しておくべき重要なことは、ATRが値動きの方向性を問わないという点だ。コロナが織り込まれた際の状況は、EUR/USDの価格が反転してもATRの値が上がり続けたことをよく表している。このように、この期間を振り返ると、相場全体のボラティリティが明らかになる。

トレンドトレーディングの基礎
トレンドトレーディングの基礎
推薦者: James Stanley
トレンドトレーディングの基礎
ガイドを入手

以下のチャートでは、ATRが2020年3月27日にピークを迎えていることがわかるが、これは2月下旬から3月上旬にかけて相場の動きが激しく乱れた後、この通貨ペアの値動きのボリュームが落ち着き始めた頃とちょうど重なるのである。

EUR/USDの日足チャート

EUR/USDの日足チャート(2019年11月〜2020年6月) ジェームズ・スタンリー作成

--- DailyFX.com シニアストラテジスト ジェームズ・スタンリー著

スタンリー氏に連絡するには、Twitterで@JStanleyFXまでお願いいたします。

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。

広告