メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読する
Please try again
ウォール街
強気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
GBP/USD
弱気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
USD/JPY
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
原油に投資する方法とは?戦略やヒントをプロが解説!

原油に投資する方法とは?戦略やヒントをプロが解説!

Justin McQueen,
原油の取引方法
原油の取引方法
推薦者: Justin McQueen
原油の取引方法
ガイドを入手
  • 原油は世界で最も流動性の高い商品として位置づけられており、原油のトレードにおける取引量の多さとチャートが分かりやすいことが特徴である。
  • 原油のトレーダーは、需要と供給がどのように原油価格に影響を与えるかを理解する必要がある。
  • ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の両方が原油のトレードに有効であり、トレーダーはマーケットに対して優位に立つことができる。
  • トレーダーは、一貫性と効率性を高めるために、原油のトレード戦略にしたがうべきである。

原油に投資するメリット

原油は世界経済の主要なエネルギー源であり、トレードの対象として非常に人気のある商品だ。天然に存在する化石燃料で、精製してガソリン、ディーゼル、潤滑油、ワックスなどの石油化学製品などさまざまな製品を作ることができる。需要が高く、取引量も多く、流動性が極めて高い。そのため、原油のトレードでは、狭いスプレッド、明確なチャートパターン、高いボラティリティがみられるのだ。

ブレント原油は、世界の原油のベンチマークとなっており、取引される石油契約のほぼ3分の2がブレント原油である。WTIはアメリカの指標となる原油で、ブレントと比べると硫黄含有度がやや低く、軽いのが特徴だ。

WTIはCME Globex(グローベックス)で、日曜日~金曜日の午後6時~午後5時(各日午後5時~午後6時は1時間の休憩)にトレードされており、ブレントはICE(インターコンチネンタル取引所)で日曜日~金曜日の午後7時~午後5時にトレードされる。

原油への投資の基本:値動きに影響する要因を理解する

原油のトレードでは、需要と供給の2つが大きな焦点となる。ニュースやプレスリリースのような経済報道があったにせよ、中東の緊張があったにせよ、需給がどうなるのか、これが価格に影響を与えるので、この2つの要因が考慮されることになる。

供給要因

  • 北海のフォーティーズ・パイプラインやテキサス州のポートアーサー製油所など、世界中の主要な製油所の停止やメンテナンスは、原油の供給に影響を与えるため、注視する必要がある。中東での戦争は供給不安を招く。例えば、2011年にリビア内戦が始まったとき、価格は数カ月の間に25%上昇した。
  • OPEC(石油輸出国機構)の減産や増産は、原油価格の変動につながる。例えば、カルテルが世界供給を1.9%削減する決定を発表した2016年当時、原油価格は44ドル/バレルから80ドル/バレルまで上昇した。
  • 原油の供給:OPECの重要性を理解した上で、世界の原油輸出上位国を知ることが重要である。

需要要因

  • 季節性:暑い夏は活動量が増え、石油の消費量も多くなる。冬が寒いと、暖房のために石油製品を多く消費するようになる。
  • 石油の消費者:石油の最大消費国は、通常、米国や欧州諸国などの先進国である。しかし、最近では、中国や日本などアジア諸国での石油消費が急増している。そのため、トレーダーは経済状況とともに、これらの国々の需要水準に注目することが重要である。景気が減速した場合、原油価格に影響を与え、需要が減少する可能性があるのだ。

原油をトレードするための主要なファンダメンタルズの理解をより深める

原油に投資する方法:最も役立つヒントと戦略

原油のトレードの専門家はほとんどの場合、戦略にしたがう。原油価格に影響を与えるファンダメンタルズ要因を理解し、自分のトレードスタイルに合ったトレード戦略を駆使することができる。それぞれのトレード戦略は異なるが、リスク管理は、レバレッジの効果的な使用やよくあるトレードのミスの回避といった、安定したトレードには重要な要素である。

総合的な原油のトレード戦略として、以下が考えられる。

  1. ファンダメンタルズ分析
  2. テクニカル分析
  3. リスク管理

トレーダーは、原油価格に影響を与えるファンダメンタルな需給要因を理解した上で、テクニカル分析を用いてマーケットへの参入を模索することができる。そして、テクニカル分析を用いて売買シグナルを確認したら、適切なリスク管理手法を実行することができる。以下で一例をみてみよう。

2017年11月30日、OPECとロシアが原油の減産延長に合意し、供給量の減少に繋がった。これは、トレーダーがマーケットの買いシグナルを特定するために戦略に取り入れる必要のあるファンダメンタルズ分析である。

Crude oil chart showing the price of oil increasing after OPEC extended the production cut

次は、テクニカル分析を用いたチャートの分析だ。トレーダーは様々なテクニカル指標や価格パターンを使って、マーケットに参入するためのシグナルを探すことができる。テクニカル指標はたくさん使う必要がなく、よく理解しているもの1つで十分である。

上のチャートでは、相対力指数(RSI)が買いシグナルを探すための主なテクニカル指標として使用されている。RSIが売られすぎの領域(緑色の円)から戻ってきたら、トレーダーが買いのシグナルを出す。このテクニカル分析が当社のファンダメンタルズ分析と一致していることから、トレーダーはトレードを実行し、妥当な損切りと利益確定を設定することができる。

リスクを管理するために、トレーダーは直近の高値での利食い、直近の安値での損切りの設定を検討することができる。

このトレード例は、リスクとリターンの比率がプラスであることを示している。DailyFXでは、さまざまなマーケットにおける数百万件の実際のトレードを調査し、リスクとリターンの比率の高さが安定したトレードの重要な要素であることを発見した。また、DailyFXでは、すべてのオープントレードで資本の5%未満のリスクを取ることを推奨している。

原油を有利にトレードし、マーケットで優位に立つためにも、原油の四半期予報をご覧頂きたい。

原油への投資の上級者向けアドバイス

上級のトレーダーは、トレードをおこなう際に別の情報を利用することができる。トレーダーは、将来の需要を予測するためにフォワードカーブ(先物曲線)を見たり、現在のマーケットの動きを理解するためにCFTC(米商品先物取引委員会)のサイトで投機筋のポジションを確認したり、予測される高いボラティリティの動きを利用するためにオプションを使用したり、現在のポジションをヘッジするためにオプションを使用したりすることがある。

フォワードカーブ(先物曲線):フォワードカーブの形状は、商品のヘッジや投機家にとって重要である。そのため、投資家がカーブを分析する際には、マーケットがコンタンゴかバックワーデーションのどちらであるかの2点を確認する。

  1. コンタンゴ:投資家が将来のある時点で、実際の予想価格よりも高い金額を支払って商品の購入をおこなおうとするため、商品の先物価格が予想スポット価格を上回っている状態を指す。これは、典型的な弱気構造のシグナルである。
  2. バックワーデーション:ある商品のスポット価格が先物価格を上回っている状態を指す。これは通常、強気な構造を示すものである。

CFTC/投機筋のポジション

原油先物のトレードでは、CFTC(米商品先物取引委員会)が公表しているデータが重要である。トレーダーにはマーケットの力学に関連する情報が提供されるため、原油価格の方向性を把握するのに有効な手段となる。CFTCのManaged Money(投機筋)のネットポジションの動きは、通常、原油価格の動きに先行する。

先物・オプションによるトレード

先物やオプションを購入する場合、トレーダーはトレードしたい原油のベンチマークに適した取引所を利用する必要がある。ほとんどの取引所では、トレードを許可する人物に基準があるため、先物投機の大半は個人ではなく専門家がおこなっている。

その他の原油への投資方法

トレーダーは、個々のマーケットでトレードする代わりに、石油会社の株式やエネルギー系の上場投資信託(ETF)を通じて原油に触れることができる。石油会社やETFの価格は原油価格に大きく影響されるため、その価値がより高くなることもある。

主要な原油・エネルギーETF:

  • エネルギー・セレクト・セクターSPDR (XLE)
  • バンガード米国エネルギー・セクターETF (VDE)
  • ユナイテッド・ステーツ・オイル・ファンド (USO)

原油の投資家が把握するべき主要なレポート

毎週更新される米国の原油在庫量は、原油のトレーダーにとって非常に重要なデータであり、ボラティリティの発生につながることもある。在庫統計は、原油需要の重要なバロメーターである。例えば、週間在庫が増加している場合は原油の需要が低下していることを示唆し、逆に在庫が減少している場合は原油の需要が供給を上回っていることを示唆する。

  1. 米国石油協会(API):APIが毎週作成している統計レポートでは、製油所総生産量の80%以上を占める最重要の石油製品に焦点を当てると共に、原油在庫も含んでいる。このデータは通常、火曜日の16:30(東部標準時)/21:30(ロンドン標準時)に発表される。
  2. 米国エネルギー省(DOE)/エネルギー情報局(EIA):DOEのレポートでは、APIのレポートと同様に、石油の供給と原油および精製品の在庫水準に関する情報を提供している。このデータは、水曜日の10:30(東部標準時)/15:30(ロンドン標準時)に発表される。

SNSを利用した原油への投資

SNSは、アイデアを共有したり、情報を伝達したり、速報を受け取ったりするためのプラットフォームとして年々その有用性を増している。原油トレーダーの場合、Organisation of Oil Traders on Twitter(原油トレーダーツイッター機構)の略である#OOTTを使用し、トレーダーや業界リーダーが原油のマーケットに関連するニュースや重要なレポートを速報で提供している。

もっと原油投資について学ぼう!原油の投資に役立つ記事:

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。