本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読
Please try again
EUR/USD
強気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
USD/JPY
弱気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
トレードの基礎知識 / 株式市場を理解する 29 / 31
初心者でもOK|ETFの種類やメリット、買い方をわかりやすく解説!

初心者でもOK|ETFの種類やメリット、買い方をわかりやすく解説!

DailyFX, Research
広告

ETFとは、さまざまな資産を一つのパッケージとしてトレードできる人気の投資商品です。本記事では、ETFの種類やETFのトレードにおけるメリットについて説明していきます。

ETFとは?

上場投資信託(ETF)は、さまざまな資産で構成される投資商品で、株式から債券、コモディティなどを一つのパッケージにしたものです。株式マーケットでトレードされ、株式と同じように簡単に売買することができます。

投資信託や年基金の運用資産額には遠くおよびませんが、近年、ETF投資は爆発的な人気を博しています。例えば、スタティスタ社のデータによると、2019年に世界のETFに投資されている資金は、前年の4.6兆ドルから増加して、約6.1兆ドルに達しています。下図のチャートでは、今世紀におけるヘッジファンドと比較した増加基調を示しています。

ETFにはどのような種類があるか

ETFの種類には、特定の指数に連動するように設計されたETFから、特殊なコモディティを対象とした商品まで様々なものがあります。大まかに言えば、ETFの種類は以下のように定義できます。

  1. 社債、国債、地方債を組み入れた債券ETF
  2. 金や原油などの主要商品に投資するコモディティETF
  3. USDCADなどの通貨に投資する通貨ETF
  4. バイオテクノロジーや小売など特定のセクターと連動するセクターETF
  5. 株式を空売りして、弱気トレンドから利益の獲得を目指すインバース型ETF

例えば、ヘルスケア・セレクト・セクターSPDRファンド(XLV)は、様々なヘルスケア企業を組み入れたヘルスケアセクターのETFです。以下のチャートは、このETFの会社別構成比率を示したものです。

ETFに投資するメリットとは

ETFはマーケットの取引時間内であればいつでも売買できること、幅広い資産の中から選択できること、税制面での優遇措置があることなど、さまざまなメリットがあります。ここでは主なメリットをまとめてみました。

  • 利便性:ETFは様々なセクターの資産にアクセスできます。また、投資信託はマーケットの閉場後に決済されるのに対し、ETFはマーケットの取引時間内であればいつでも売買することができます。
  • コスト: 委託手数料や経費率は適用されますが、販売手数料はありません。
  • 分散化: 分散ポートフォリオにおいて、より効果的にリスク管理できる可能性があります
  • 税効率:ETFはキャピタルゲインを分配しないことが多いため、投資家によっては長期保有することで株式の長期投資よりも有利な税制を受けることができます。
  • 多用途性: 株式と同じようにトレードされるため、指値注文や逆指値注文などのさまざまな注文が可能で、投資信託では選択できない信用取引もおこなうことができます。

とはいえ、特定のマーケットでトレードする際に、ETFが最適な手段であるかどうかは検討する必要があります。例えば、EWA ETFでは、オーストラリアへのエクスポージャーが高い企業、すなわちオーストラリアの消費者や経済に効果的にアクセスできることを意味しています。しかしながら、投資家はAUD/USD の通貨ペアを通じて、オーストラリア経済のパフォーマンスをトレードすることもできます。FXは平日5日間24時間トレードが可能で、流動性が高いメリットもあります。

株式トレード戦略を使用してFXでトレードをする方法
株式トレード戦略を使用してFXでトレードをする方法
推薦者: DailyFX
株式トレード戦略を使用してFXでトレードをする方法
ガイドを入手

最も人気のあるETFは何か

2020年3月現在、出来高が最も多いETFは、株式マーケットのS&P500指数に連動する「SPDRS&P500ETF」(SPY)などです。他にも、新興市場の株式を連動する「iシェアーズ MSCI エマージング・マーケット ETF(EEM)」や、NYSE ARCA金鉱株指数のパフォーマンスに連動する「VanEck Vectors Gold Miners ETF(GDX)」などが人気です。以下、運用資産額が多いETFを紹介します。

下のチャートは、1日にトレードされた平均株式数を意味する平均出来高で、2020年3月時点のETF出来高上位10銘柄を示しています。

ETFの買い方

ETFとは何か、そして人気のあるETFにはどのようなものがあるのかを理解したところで、次はETFの投資について説明します。投資を実行するには、以下のような手順をおこなう必要があります。

  1. 証券会社の口座を開設する ブローカーによっては、個別株式のようにトレードされている様々なETFにアクセスすることができます。自社で作成したETFを手数料無料でトレードできる証券会社もあれば、第三者のETFプロバイダーと提携しているケースもあります。売買の仲介手数料に加えて各ETFの年間経費率を調べて、トレードを維持するためにどの程度のコストが発生するかを確認する必要があります。
  2. ポートフォリオを計画する ポートフォリオを構築する際には、分散させることが重要です。多くのETFは他のETFと似たような保有銘柄を組み入れているため、自分のポートフォリオが様々な資産クラスをカバーし、その中でより広い範囲の資産を持つようにする必要があります。例えば、既存のグロース株にフォーカスしたETFを保有する一方で、リスクのバランスをとるために、小型株ETFや、セクターや地域ごとに異なるエクスポージャーを持つETFを保有することが考えられます。人気度を測るために出来高を見たり、最近のパフォーマンスを知るために各ETFのパフォーマンス履歴を調べたりします。ただし、過去の実績は将来の成果を示すものではないということに注意が必要です。
  3. 注文する 株式と同じように、ティッカーシンボル、価格、株数、注文タイプを確認しながら注文を進め、指値注文や逆指値注文がある場合はそれを利用するかどうかを決めます。

ETF:まとめ

ETFのトレードは徹底的に調査をおこないバランスのとれたポートフォリオの一部として実行すれば、魅力的な投資オプションとなり得ます。そのために以下の重要ポイントを押さえておきましょう。

  • ETFの種類を知る 債券ETFからコモディティETFまで、それぞれの商品を構成する資産を把握することで、バランスのとれたポートフォリオを構築することができます。
  • 投資やポートフォリオの目標を明確にする 税務上の効率性や利便性など、なぜこの商品を個別資産と比較して使用するのかを確認する必要があります。
  • マーケットを調査する 最も人気のあるETFは何か、そしてその理由は?他のトレーダーがトレードしたETFの実績を調べると、自分のポートフォリオを構築するためのヒントになるかもしれません。

調査を終えたら、次は口座を開設して注文するのみです。

成功しているトレーダーの特長
成功しているトレーダーの特長
推薦者: DailyFX
成功しているトレーダーの特長
ガイドを入手

トレードのヒントを活用してより優秀なトレーダーに

前述のように、ETFはさまざまな資産で構成されています。DailyFXはそれらの資産のうち、FX、指数、コモディティを中心に多くの資産をカバーしています。

  • 株式ETFを支える株式についての詳細は 株式の種類 で解説しています。
  • コモディティと株式の比較 について、詳しくはこちらの記事をご覧ください。
  • FXに興味をお持ちの場合は、FXトレーダーになるには をご覧ください。

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。

広告