本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読
Please try again
USD/JPY
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
トレードの基礎知識 / コモディティ取引 10 / 12
原油のトレードにおける手法とヒントをプロが公開!

原油のトレードにおける手法とヒントをプロが公開!

Warren Venketas, アナリスト
広告

原油のトレードの手法とヒント

  • 原油は世界で最も流動性の高い商品の一つです。それは、取引高の多さと分かりやすいチャートで価格が推移することが大きな理由です。
  • 原油トレーダーは需要と供給が原油価格にどのように影響するかを理解する必要があります。
  • ファンダメンタルズ分析もテクニカル分析もトレードに役立ちます。いずれの分析手法でもトレーダーがマーケットで優位に立つことができます。
  • 高いレベルの一貫性と効率性のあるトレードのために、リスクを意識した原油トレード手法が求められます。

なぜ原油をトレードするのか、それはどのようにおこなわれるのか?

原油は世界経済の主要なエネルギー源であり、トレード対象として非常に人気がある商品です。原油は天然の化石燃料であり、ガソリンやディーゼル、潤滑油、ワックス、その他の石油化学製品など様々な製品に精製することができます。原油は需要が高く、取引高が多く、流動性が非常に高い商品です。そのため、トレードではタイトなスプレッド、繰り返し現れるチャートパターン、高いボラティリティがあるのです。

ブレント原油は世界の原油トレードのベンチマークで、取引される原油契約の約3分の2を占めています。WTIはアメリカの代表的な原油価格の指標であり、ブレントに比べてやや硫黄分が少ない軽質原油です。

原油のトレードできる時間帯は?

CME GlobexでのWTIトレード:

日曜~曜の午後6:00~午後5:00(日本時間翌午前7:00~翌々午前6:00)、各日午後5:00~6:00の間に1時間の休憩 

ICEでのブレントトレード:

日曜~金曜の午後7:00~午後5:00(日本時間翌午前9:00~翌々午前7:00) 

原油のトレードの基本:何が値動きに影響を与えるのか

原油トレードでは大きなポイントとなる2つの要素があります。それは、他の多くの商品においても同じく重要度が高い需要と供給です。ニュースイベントやプレスリリースのような経済報道が発信された、中東地域が緊張状態に入ったなど、どのようなケースにおいても需要と供給に対する影響が考慮されます。なぜなら、それが価格に影響するからです。

供給要因

  • 北海のフォーティーズ・パイプラインやテキサス州のポートアーサー製油所など、世界各地の主要製油所の停止やメンテナンスは石油供給に影響を与えるため注視しておく必要があります。また、中東エリアの戦争による供給不安も考慮しておく必要があるでしょう。例えば、リビア内戦が始まった2011年には数ヶ月で原油価格が25%上昇しました。
  • OPEC(石油輸出国機構)の減産や増産が原油価格の変動につながります。例えば、OPECが世界への供給量を1.9%抑制する内容を発表した2016年には(下図チャート参照)、原油価格が1バレルあたり44ドルから80ドルにまで上昇しました。

OPECの供給削減に対するWTIおよびブレント原油価格の反応:

チャート作成者:ウォーレン・ヴェンケタス、TradingView

  • 石油産出国: OPECの重要性を理解することに加えて、世界の主要な石油産出国を知ることも大切です。この情報はEIAのウェブサイトで確認することができます。

需要要因

  • 季節性:暑い夏は活動が高まり原油の消費量が多くなります。また、寒い冬は暖房の使用頻度が上がるため石油製品の消費が多くなります。
  • 石油消費国: これまで石油の最大の消費国は、米国や欧州諸国などの先進国でした。しかし、最近は中国や日本などのアジア諸国の石油消費量が急増しています。そのため、トレーダーはこれらの国の経済状況や需要レベルに注意をはらう必要があります。消費国の景気が悪くなれば、原油価格に影響を与え需要が減少する可能性があるからです。
  • 世界経済の成長との相関関係: 下のチャートを見ると、原油価格と世界経済の成長率に強い正の相関関係があることが分かります。二大経済大国である中国と米国は、世界の経済成長の大きなバロメーターです。チャートにある二ヶ国の主要株価指数は原油価格に連動しています。株価指数が下がると原油価格も下がり、その逆もまた然りです。

WTI/ブレント原油と、FTSE China A50/S&P 500が正の相関を示すチャート

ブレントチャート作成者:ウォーレン・ベンケタス、TradingView

  • 代替エネルギー: 石油やガスなどの化石燃料は、依然としてクリーンエネルギーよりも主流となっていますが、その一方で地球規模の持続可能性を追求する動きも絶え間なく続いています。これは今後の原油価格に影響を与えることは間違いなく、原油トレード戦略においてモニタリングすべき重要な要素となっています。

従来の原油における評価にデリバティブが影響を与えたことで、資産クラスが不安定になったと多くの人が感じています。簡単に言うと、原油先物は、当時のファンダメンタルズデータよりもノイズの割合が高く反映されていると考えられています。この点においては投資家の間でも意見が分かれていますが、デリバティブ市場の隆盛にともない、大規模な投機家の影響力が増していることを無視することはできません。

原油についてさらに詳しい情報は、トレーダーが知っておくべき原油における8つの意外な事実をご覧ください。

原油のトレード方法:役立つ手法ヒント

一般的に原油トレードのエキスパートは戦略にもとづいてトレードします。原油価格に影響を与える基本的な要因を理解し、自分のトレードスタイルに適した戦略を用いるのです。トレード戦略は個々で異なりますが、リスク管理はレバレッジの有効活用や発生確率の高いトレードミスを防ぐことができるので、安定したトレードをおこなうための重要な要素になります。

代表的な原油トレード戦略には、次のようなものがあります。

  1. ファンダメンタルズ分析
  2. テクニカル分析
  3. リスク管理

原油価格に影響を及ぼすファンダメンタルズの要因となる需要と供給の基本要素を理解することができると、テクニカル分析を用いてマーケットへのエントリーポイントを探すことができるでしょう。そこで売買のシグナルを確認することができたら、適切なリスク管理手法を実行します。ここでは、上記のステップを例に説明します。

1. ファンダメンタルズ分析

2017年11月30日、OPECとロシアが原油減産の延長に合意したことで供給量が減少しました。需要と供給の基本的な理論では、供給の減少は需要の増加となり、その結果として価格が上昇すると考えられます。これは、マーケットの潜在的な買いシグナルを見極めるために、トレーダーの戦略に組み込む必要のあるファンダメンタルズ分析です。

供給量の減少が強調されているWTIの日足チャート

チャート作成者:ウォーレン・ヴェンケタス、IG

2. テクニカル分析

次のステップは、テクニカル分析手法を活用したチャート分析です。マーケットのエントリーシグナルを探すために活用できるテクニカル指標や価格パターンにはさまざまなものがあります。いくつものテクニカル指標を使う必要はなく、自分がよく理解しているものであれば十分です。一般的に、チャート分析を始めるにあたって効果的なのは、マーケット全体のトレンドを把握することです。下記の例では、シンプルな プライスアクションを使って、高値切り上げと安値切り上げを確認しています。これは先行する上昇トレンドを示唆しています。

先行する上昇トレンドを示すWTIの日足チャート

チャート作成者:ウォーレン・ヴェンケタス、IG社

強気のトレンドを確認した後は、トレーディング戦略の次のステップであるエントリーポイントを考えます。エントリーポイントを見つけるためのツールやテクニックはさまざまですが、この例では 商品チャネル指数(CCI)を使用します。この指数を確認すると、ファンダメンタルズの供給削減が発表された直後に、売られすぎの領域に入っていることがわかります。CCIの売られ過ぎシグナルは、さらなる価格上昇とロング(買い)エントリーの可能性を示唆しています。

WTI日足チャートとCCIインジケーター

チャート作成者:ウォーレン・ヴェンケタス、IG

3. リスク管理

どのようなトレーディング戦略においても、最後のステップはすべてのトレードで堅実なリスク管理を採用することでしょう。DailyFXでは、1:2のリスク・リターン比率を提唱しています。これは、ターゲットレベルをストップロスレベルのおよそ2倍にすることを意味しています。リスク管理をするために、利食いを直近の高値より上に設定し、ストップロスを直近の安値に設定することができるでしょう。

この例では、エントリー価格(57.20ドル)から約8ドル離れた直近のスイングロー(49.30ドル)をストップレベルとして設定しています。このケースでは、初歩的な計算を用いて目標を定められるような直近の高値はありません。ストップまではエントリーから約8ドル離れています。リスク・リターン比率を1:2に設定すると73ドルのレベルが最初のレジスタンスになると考えられます。

WTI日足チャートにおける1:2のリスク・リターン比率

チャート作成者:ウォーレン・ヴェンケタス、IG

この事例は、ポジティブなリスク・リターン比率を表しています。私たちが何百万もの本番口座でのトレードを調査した結果、ポジティブなリスク・リターン比率が安定したトレードをおこなうために重要であることが分かりました。DailyFXでは、すべてのトレードのリスクを資金の5%以下にすることを推奨しています。

原油のトレードにおける上級者向けの手法とヒント

上級者はトレードのセットアップに様々な追加情報を組み入れることができます。例えば、将来の需要を予測するために先物曲線を見ること、現在のマーケットの動きを理解するためにCFTCの投機的なポジションを確認することが挙げられます。また、オプションを活用して、予測される高ボラティリティの動きを巧みに利用することや、現在のポジションをヘッジすることもあります。

先物曲線: 先物曲線がどのような線を描くかは、商品のヘッジにおいて、また投機家にとっても重要な指標です。投資家が曲線のカーブを分析する際には、マーケットがコンタンゴかバックワーデーションかという点に注目します。

  1. コンタンゴ:投資家が将来のある時点で、実際の予測価格よりも高い価格での商品購入を望んでいるため、商品の先物価格が予想スポット価格を上回る状況のことです。これは通常弱気のシグナルです。
  2. バックワーデーション: 商品のスポット価格が先物価格を上回っている状態のことです。これは通常強気のシグナルです。

CFTCと投機におけるポジショニング:

原油先物取引では、CFTC(米国商品先物取引委員会)のレポートが重要です。CFTCからマーケットの動向に関連する情報を得られるため、原油価格の方向性を把握するのに適しています。通常はCFTCマネージドマネーのネットポジションの動きが原油価格の動きに先行しています。

先物・オプショントレード

先物・オプションの購入には、トレードを希望する原油のベンチマークに適した取引所を利用する必要があります。多くの取引所ではトレーダーの基準が設けられており、先物投機の大半はプロがおこなっています。

原油投資

トレーダーが個々のマーケットでトレードする代わりに、石油会社の株式やエネルギー関連のETF(上場投資信託)を通じて原油へのエクスポージャーを得ることができます。石油会社やETFの価格は原油価格に大きく左右されます。

主要な石油・エネルギーETF:

  • • エネルギー・セレクト・セクターSPDR(XLE)
  • • バンガード・エナジーETF(VDE)
  • • ユナイテッド・ステーツ・オイル・ファンド(USO)

原油のトレーダーがフォローすべき重要なレポート

原油トレーダーにとって、毎週更新される米国の原油在庫量は非常に重要なデータです。データの公開はボラティリティ上昇の誘因となることがあります。このデータは、原油需要における重要なバロメーターです。例えば、週次の在庫が増加している場合は原油の需要が減少していることを示し、在庫が減少している場合は原油の需要が供給を上回っていることを示しています。

  1. 米国石油協会(API): APIは毎週、製油所の総生産量の80%以上を占める主要石油製品のハイライトや原油の在庫に関する統計レポートを作成しています。このデータは通常、火曜日の東部時間午後4:30/ロンドン時間午後9:30(日本時間 水曜日の午前6:30)に発表されます。
  2. 米国エネルギー省(DoE/EIA):APIレポートと同様に、DoEレポートは石油の供給と、原油および石油製品の在庫レベルに関する情報を提供します。これは水曜日の東部時間午前10:30/ロンドン時間午後3:30(日本時間 木曜日の午前00:30)に発表されます。

ソーシャルメディアを活用した原油のトレード

ソーシャルメディアは、アイデアの共有や情報発信に加えて、速報ニュースも受け取れるプラットフォームとして非常に便利なツールになりました。ツイッターで「Organization ofOil Traders」の略である「#OOTT」を利用しているトレーダーも、同様のメリットを享受しています。このハッシュタグでは、トレーダーや業界のリーダーが原油マーケットに関連するニュース速報や重要なレポートを提供しています。

戦略、戦術、手法を深く学ぶために、シミュレーション環境でのトレードをおすすめします。IGグループの無料デモをご希望の方はこちらをクリック

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。

広告