本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読
Please try again
USD/JPY
弱気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
トレードの基礎知識 / FXをトレードする理由 11 / 11
FXトレーダーが週末にするべきこと、していることを解説!

FXトレーダーが週末にするべきこと、していることを解説!

Richard Snow, アナリスト
広告

週末を利用してFXのスキルを向上させよう

FXの最大の特徴は、24時間取引可能であることですが、これは週末には当てはまりません。週末に取引できる市場はいくつかありますが、FXトレーダーはこの時間を自分の学習に使い、リサーチやバックテストをおこなって、その後1週間の戦略を練ることをおすすめします。

この記事では以下の内容を取り上げています。

  • 週末に取引がおこなわれない理由
  • 週末の取引機会
  • DailyFXのトレーダーが週末にすること
  • FXを改善するための参考資料

週末にFXがおこなわれない理由

FXの取引は、機関投資家のFXトレーダーや大手行(FXの買い手と売り手)が平日の就業時間中に活動し、週末は休暇を取るため、取引ができません。つまり、世間の多くの仕事と同様です。しかし、FXが休みだからといって、あなたも休まなければならないというわけではありません。週末は、トレーダーにとって次の週の取引に向けて学び、考え、計画を立てる絶好の機会です。

次の週の準備をする上で、トレーダーは主要な取引時間帯がいつ開くかを知っておくことは重要です。各取引時間帯にはそれぞれの特徴があり、それに合わせた取引戦略を検討する必要があるためです。

主要な外国為替市場の取引時間帯:

時間帯主要市場時間(GMT)
米国ニューヨーク午後1:00~10:00(日本時間の午後10:00~午前7:00)
アジア東京午前00:00~09:00(日本時間の午前9:00~午後6:00)
欧州ロンドン午前08:00~午後5:00(日本時間の午後5:00~午前2:00)

週末の取引機会:知識を増やしてFXの取引計画を立てよう

1)無料のFX教育を受ける

これは多くのFXブローカーが閉まっている週末にできることの一つです。市場が閉まっていても、オンライン教育コンテンツが充実しているため、トレーダーはこうした教材で勉強することができます。

2)取引プラットフォームを最大限に活用する

週末は、取引プラットフォームについて詳しく学び、そのプラットフォームがどのように取引に役立つのか知るのに理想的な時間です。新しい取引プラットフォームを選択することで、トレーダーは過去のデータに適用されたさまざまな戦略を分析し、それらの戦略がどのように展開されたかをより深く理解することができます。このプロセスはバックテストと呼ばれ、本番で使用する前に戦略をテストするための優れた方法です。

バックテストのプロセスでは、チャート上で古い日時(値動きに馴染みのない期間の日時)を選択し、「表示をロック」し、その後の詳細なレポートを分析して、戦略がどれだけうまくいったかを評価します。

この機能を備えたプラットフォームで人気があるのが、ProRealTimeやMT4チャートパッケージです。これは、高機能チャートパッケージ「ProRealTime」のバックテスト機能の例です。

ただし、過去に一定のパフォーマンスを発揮しているからといって、今後も同じパフォーマンスを得られるとは限りません。バックテストの目的は、ある戦略がどのように展開したかをシミュレーションし、その戦略の期待値と実際の結果のばらつきを評価することです。

これは、トレーダーが取引感情をより適切に調整できるよう、市場が実際に動いていないときにおこなうのが最適です。

3)一週間先までの戦略を立てる

休場日のメリットの一つは、過去一週間を冷静に評価することができるということです。これは、その週の取引活動を確認し、トレード日記を更新するのに最適なタイミングです。

取引計画を立てているトレーダーの多くが、最近の観察結果にもとづいて計画を見直し、編集、修正するためにこの時間を活用しています。取引計画をまだ立てていない場合は、週末を利用して計画してみてはどうでしょうか。

すでに自分の計画に満足しているトレーダーにとっては、予定されている経済指標の発表から、今週のアプローチを検討することができます。DailyFX経済指標カレンダーでは、発表日、重要度、通貨ペアにもとづいてイベントを整理することができます。

DailyFX経済指標カレンダーの例

経済指標カレンダーは24時間いつでも見ることができるので、市場が閉まっていても、トレーダーはこの先1週間の戦略を立てることができます。

DailyFXのトレーダーは週末に何をしているのか

週末に生産性を高めるためのヒントや、アナリストからのアドバイスをいくつか紹介します。

ポール・ロビンソン -

“It’s important for traders to enjoy the weekend downtime, but it’s also important to carve out some of the quiet time for review of the prior week’s activity. Review your trade history; make notes on the good and the bad. Make sure your pending ideas are well formulated and trigger levels clearly in place in time for market open.”

ジェームズ・スタンレー -

「週末はFXトレーダーにとって重要な時間です。値動きがないので、対応する必要がありません。やることがないので、FOMO(Fear of missing out、フォーモ、取り残されることへの恐れ)も最小限に抑えることができます。手動でバックテストをおこなったり、新しいコンセプトの本を読んだり、取引計画を微調整したり、1週間の計画を立てたりするのに適しています。」

Michael Boutros of DailyFX

マイケル・ブトロス -

「ほとんどの場合、週末はチャートから離れ、リセットする時間となります。日曜の夜は、値動きを研究し、ゲームプランを考える、反省と計画の時間です。この時間を利用して、チャートを微調整し、次週に積極的にチェックしたいトレードルールを検討し、注文価格と取引のアイデアを計画・準備します。」

自信を持って取引できるようになるために
自信を持って取引できるようになるために
推薦者: Richard Snow
自信を持って取引できるようになるために
ガイドを入手

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。

広告