本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読
Please try again
EUR/USD
強気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
USD/JPY
弱気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
テクニカル分析入門 / ローソク足パターン 6 / 23
ローソク足の逆ハンマー(トンカチ)を使った2つの手法を解説!

ローソク足の逆ハンマー(トンカチ)を使った2つの手法を解説!

Richard Snow, アナリスト
広告

ローソク足パターンの「逆ハンマー(トンカチ)」: 主なポイント

逆ハンマー(トンカチ)はFXで一般的に見られ、マーケットのモメンタムへの重要な洞察を提供します。特に、逆ハンマーは潜在的な反転を立証する上で役立ちます。

本稿では以下の点について説明します。

  • ローソク足パターンの逆ハンマー(トンカチ)とは?
  • ローソク足パターンの逆ハンマー(トンカチ)の利点と欠点
  • ローソク足パターンの逆ハンマー(トンカチ)を使ったトレード手法
  • ローソク足パターンを使ったトレードについてのその他の資料
広告

ローソク足パターンの逆ハンマー(トンカチ)とは?

逆ハンマーは実体が短く、下ヒゲはほとんどまたはまったくなく、長い上ヒゲがあります。逆ハンマーは下降トレンドの底に現れ、強気反転を示唆するシグナルです。長い上ヒゲは強気派が価格を押し上げようとしていることを示唆しています。この動きの有効性は、後続のプライスアクションを通して確認または否定されます。

逆ハンマーは流れ星と混同しないようにしてください。外見は似ていますが、意味は全く異なります。流れ星は弱気のシグナルで上昇トレンドの天井に出現しますが、逆ハンマーは下降トレンドの底に出現する強気のシグナルです。

逆ハンマーの見つけ方:

  • 実体が短く、下ヒゲはほとんどまたはまったくなく、長い上ヒゲがある。
  • 下降トレンドの底に出現する。
  • 節目となるサポートラインの近くに出現するとより強いシグナルとなる。

示唆する内容:

  • トレンドの上向きへの反転(強気の反発)。
  • 下値の堅さ(節目となる価格の場合もある)。
成功しているトレーダーの特長
成功しているトレーダーの特長
推薦者: Richard Snow
成功しているトレーダーの特長
ガイドを入手

ローソク足パターンの逆ハンマー(トンカチ)の利点と欠点

他のローソク足パターン同様、逆ハンマーをトレード戦略に使用するには利点と欠点があります。

利点

利点

  • 有利なエントリーポイント: 逆ハンマーがすぐに新たな上昇トレンドをトリガーした場合、トレーダーはトレンドの起点で相場にエントリーすることができ、上昇分の値幅をすべて利用することができる。
  • 見つけやすい:逆ハンマーはチャート上で見つけやすい。

欠点

  • 1本のローソク足に頼りすぎ: 逆ハンマーはプライスアクションを表示する1本のローソク足である。マーケットのモメンタムの転換について、裏付けとなる追加の証拠/指標を検討することなく、1本のローソク足に全面的に頼ると最適な結果を得られない恐れがある。
  • 短期間の戻し: 逆ハンマーは、強気のプライスアクションの瞬間的な急上昇を示唆するが、これは長期的なトレンド反転へと発展しない場合がある。この状況は、優勢な下降トレンドの中で買い手が買い圧力を維持できなかったときに発生し得る。

ローソク足パターンの逆ハンマー(トンカチ)を使ったトレード手法

逆ハンマーを使ったトレードは、単にローソク足を見つけるだけでは十分ではありません。このローソク足の要素を検証するには、プライスアクションとそれまでのトレンド内におけるハンマーの位置の両方がとても重要となります。

サポートライン近くの逆ハンマーを使ったトレード

下のGBP/USDのチャートは、それまで下降トレンドを示しており、相場はサポートラインで保ち合いになっています。サポートライン付近において逆ハンマーが現れた場合、強気への反転の根拠を提供します。相場が逆方向に動いたときの損失リスクを制限するため、サポートラインの下にストップを置きます。

目標は以前のレジスタンスラインに置き、プラスのリスク・リワード比率を確保します。逆ハンマーはトレンド反転のシグナルとなることが多く、またトレンドは長期にわたり続く場合があることから、トレーダーは複数の目標価格を設定するか、単にトレーリングストップをおこないます。

逆ハンマーのテクニカル分析: フィボナッチリトレースメント

逆ハンマーは相場の押し目や戻りの見極めにも使用することができます。下のEUR/USDのチャートには、新たな強気のモメンタムのシグナルとなる逆ハンマー(青の四角)が現れています。フィボナッチリトレースメントレベルの38.2%は、潜在的なサポートラインを示しており、相場はそこから上昇のモメンタムを得ています。

トップトレーダーはトレードの成功確率を高めるため、チャート上で補足的なシグナルを探します。補足的なシグナルはトレードを実行する前にそのアイデアを裏付けたり否定したりします。この例では38.2%のレベルで現れた逆ハンマーが、強気のバイアスを強化する要素となっています。このレベルでの下値の堅さが示されているためです。

ローソク足を使ったトレードに関する情報

  • 逆ハンマーはトレーダーが知っておくべきローソク足の種類の一つにすぎません。ローソク足パターン トップ10を学習しトレードの知識を高めましょう。
  • 強気の反転パターンには他に陽の宵の明星、逆ヘッドアンドショルダー(三尊天井)、ダブルボトムがあります。
  • FXを始めたばかりの方は、ローソク足チャートの読み方を理解することが必須です。
  • FXの基本を学ぶ際は、無料のFX初心者向けガイドを参照してください。

トレードに役立つメール配信サービス

DailyFXからタイムリーで国内外のマーケット情報を受け取ることができます。

登録する

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。

広告