メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

無料トレードガイド
購読する
Please try again
Select

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー・イベント

0

通知を受け取る

ライブウェビナーイベント
経済指標カレンダー・イベント

もっと見る もっと見る
金・銀のテクニカル分析見通し:ドル下落に伴い、貴金属は上昇

金・銀のテクニカル分析見通し:ドル下落に伴い、貴金属は上昇

Richard Snow, ストラテジスト

共有する:

このページの内容

※2023年3月1日12時20分更新

金、銀の相場分析

金相場見通し【無料】
金相場見通し【無料】
推薦者: Richard Snow
金相場見通し【無料】
ガイドを入手

金相場は反発基調を継続

1日のニューヨーク金先物相場は3日続伸の勢いで買われている。金相場は2月中ずっと下げ続け、下落幅は約155ドルにも及んだ。この反発の動きは、過去3営業日にドルがかなり不安定な値動きとなったことに起因しており、ドルは1日も下げて取引を終えそうである。ドル安に伴って金相場が上昇するのは典型的な動きだが、米国の2年債と10年債の利回りは共に大幅上昇した。

金価格(黄線)と米10年債利回り(青線)の逆相関関係

資料:Tradingview

そのため、現在の動きを鑑みると、金の弱気派にとって、上昇のきっかけとなった心理的水準1,800を価格が上回ってしまった今、ポジションを手仕舞うチャンスと捉えることもできる。日足チャートで見ると、1,833の水準が再び意識されており、この水準を上回れば、特にストキャスティクス指標が「売られ過ぎ」の領域から外れた今、反発基調の継続が尚のこと示唆されている。

金価格 (XAU/USD)日足チャート

チャート作成:リチャード・スノー、資料:Tradingview

4時間足チャートは、金融市場において教科書通りのパターンがどのように展開されるかを示す良い例である。値動きは時に、テクニカル分析の教科書に示されている動きと異なることがある。今回の金相場の動きは、下降フラッグのチャートパターンに沿った後、4時間足チャート上は現実にはそのパターンとは違って見えても、同じ結果を生むことになるという典型例だと言える。教科書が示す下降フラッグには、急落する値動きが含まれ、その後、もみ合いながら上昇する「フラッグ」が形成され、最初と同様の大幅下落となって終わる形になっている。一方、今回の金相場は、最終的な下落は小幅安程度で、予想された目標水準だった1,800前後に到達するまで、教科書の想定より時間がかかった。

金相場が値を下げ、1,833を割り込む水準で終値を付けると、長期的な弱気トレンドが継続する可能性がある。その場合、1,800がサポートとなり、その後は現在の水準からかなり離れた1,722がサポートとして意識されることになる。一方、1,847/1,850の水準を上回ると、強気な展開が続く可能性が開かれる。

金の4時間足チャートで見る下降フラッグの展開

チャート作成:リチャード・スノー、資料:Tradingview

成功するトレーダーの特長
成功するトレーダーの特長
推薦者: Richard Snow
成功するトレーダーの特長
ガイドを入手

銀は、影響力のあるフィボナッチ水準で上昇に転じる

銀先物相場も、金相場と同じような値動きをしている。下図の週足チャートは、現在の動きを全体的な枠組みの中でとらえ、影響力のあるサポートとレジスタンスのゾーンを把握するのに役立つ。このチャートは、2020年後半から2021年、2022年にかけて、21.40-22.10のゾーンが銀相場にとっていかに影響力のあるサポートであったかを示している。しかし、もっと重要なことは、2021年から2022年にかけての大きな動きのフィボナッチ・リトレースメント23.6%の水準が、銀の強気派が価値を見出した水準であるということだ。

銀価格(XAG/USD) 週足チャート

チャート作成:リチャード・スノー、資料:Tradingview

4時間足チャートは、短期的な方向性を判断するのに役立つ。21.15を当面のレジスタンスとし、上ヒゲの長さから分かるように、価格は下降に向かっていることを示している。とはいえ、影響力のあるフィボナッチの水準で陽の包み足(抱き線)が示現した経緯があり、この動きが相場を下支えしている。21.40-22.10の主要ゾーンを上回ると、反発の勢いが高まる可能性が出てくる。一方、目先のサポートは、転換点であるフィボナッチ23.6%の水準に位置している。

銀価格(XAG/USD) 4時間足チャート

チャート作成:リチャード・スノー、資料:Tradingview

トレードに役立つメール配信サービス

DailyFXからタイムリーで国内外のマーケット情報を受け取ることができます。

登録する

--- DailyFX.com リチャード・スノー著

スノー氏に連絡するには、Twitterで @RichardSnowFX までお願いいたします。

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。