本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読
Please try again
EUR/USD
強気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
USD/JPY
弱気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
テクニカル分析入門 / 市場センチメント 6 / 14
FXで使えるセンチメント分析3選!短期トレードに適したものは?

FXで使えるセンチメント分析3選!短期トレードに適したものは?

Paul Robinson, ストラテジスト
広告

IGCSでより包括的なアプローチをおこなう

FXでトレーダーのセンチメントを測る方法は数多くありますが、IGクライアントセンチメント(IGCS)はいくつかの理由から、卓越しており、その優位性は短期トレーダーにとって際立つものです。

数多くあるといっても、すべての分析に使用できる万能の方法はありません。目的によって、より適している方法とそうでないものがあります。本稿では、先物のポジションデータ、オプション、IGCSの3つの測定方法について説明しますが、読んでいただくとIGCSが短期トレーダーにはもっとも魅力的に映るはずです。

IGクライアントセンチメントを使用してトレードする方法
IGクライアントセンチメントを使用してトレードする方法
推薦者: Paul Robinson
IGクライアントセンチメントを活用してトレードを改善
ガイドを入手

FXで使えるセンチメント分析①:COTレポート

コミットメンツ・オブ・トレーダーズ(COT)レポートには、さまざまな規模と意図を持つ先物トレーダーのポジションデータが含まれています。毎週曜日の夜に発表され、火曜日までの1週間の間に保有されたポジションが記載されます。

お察しの通り、このレポートの欠点の1つは、タイムリーではないという点です。少なくとも短期トレーダーには向きません。週1回の更新で、火曜日までのデータが数日あけて金曜日に公開されるので、中長期のセンチメントをはかるためのデータとなります。

FXで使えるセンチメント分析②:オプション

オプション市場はトレーダーにとって、「リスクリバーサル」とプットコールレシオを通してセンチメントデータを測る場です。オプションは、コールオプションの買い(強気姿勢)とプットオプションの買い(弱気姿勢)の差を通して、マーケット参加者の意図を推し量る材料を提供します。オプションは確かに有用ですが、デリバティブに対する深い理解が必要であり、また高い月額料金を払ってブルームバーグなどの機関投資家向けプラットフォームを利用しない限り、投資家がすぐにアクセスできるデータではありません。

成功しているトレーダーの特長
成功しているトレーダーの特長
推薦者: Paul Robinson
成功しているトレーダーの特長
ガイドを入手

FXで使えるセンチメント分析③IGクライアントセンチメント(IGCS)

IGCSは、世界最大級のFXブローカーであるIG証券が独自に提供する、リアルタイムの個人投資家の保有ポジションデータを使用します。これは何人のトレーダーがロングを保有し、何人がショートしているかをカウントして、通貨ペアへの強気または弱気の全体的な水準をパーセンテージで表示します。たとえば600人のトレーダーがEUR/USDをロングし、400人がショートしていると、トレーダーの60%が強気と示されます。IGCSはこのようにシンプルなものです。

IGCSは、センチメント分析の指標として他より優れているいくつかの要素があります。まず、データはリアルタイムで、トレーダーはよりタイムリーな判断をおこなうことができます。これは先物やオプションデータにはない点です。さらにIGCSはIGクライアントセンチメントページから簡単に無料で閲覧できます。

IGCSは効果的な逆張り指標です。個人投資家にはモメンタムを打ち消そうという自然かつ一貫した傾向があります。この傾向は強いトレンドにおいて特に顕著となります。IGCSが弱気なトレーダーより強気なトレーダーが多いと示すと、価格が下がり続けるシグナルと捉え、強気なトレーダーより弱気なトレーダーが多いと示されれば、それは価格の上昇トレンドが維持されるシグナルと捉えるのです。

USD/CADクライアントポジション(上昇トレンドの中でトレーダーはショートしている)

データ出所: DailyFX、IG

しかしすべてのツール同様、IGCSにも欠点がないわけではありません。個人投資家は価格の変動を打ち消そうとする傾向があるため、通貨ペアのプライスアクションに方向感がなくなると、価格はごく短期間で反転し間違ったシグナルが出される場合があります。

IGCSの効果は個人投資家の採算性の数字にも表れます。マーケットに方向性がない時、価格は平均へ戻るため、短期間の価格モメンタムを打ち消すトレードはよい戦略となります。しかし強いトレンドが生じると、レンジ相場では機能していたそれらのトレードは、価格が平均へ戻らないため特大の損失へと変わります。

長期的にはトレーダーは間違えることより正解することのほうが多いのですが、平均すると、成功したトレードで得た(値動きを正しく打ち消すことで得た)金額は、失敗したトレードで失った(トレンドの反対側に巻き込まれた)金額よりも小さくなるのです。これは不利なリスクリワードレシオとなり全体的な結果は悪くなります。このよくある間違いについての詳細は、「成功するトレーダーの特長」のガイドをチェックしてみてください。

成功しているトレーダーの特長
成功しているトレーダーの特長
推薦者: Paul Robinson
成功しているトレーダーの特長
ガイドを入手

モメンタムのシフトは重要な情報を示す IGCSから貴重な情報を得るもう一つの方法は、データがいかに速くシフトするかを見ることです。トレンド方向の変化は、プライスアクションの変化とマーケットのポジションの急激なシフトで始まることがよくあります。これらのモメンタムの突然のシフトは、IGCSでリアルタイムに捉えることができ、値動きの初期の段階で正しい方向でトレードをすることができます。

AUD/JPYクライアントポジション(価格と比較して強いモメンタムのシフト)

データ出所: DailyFX、IG

総合すると、IGCSは独立した指標ではなく、トレーダーの判断を支持する強力な補足ツールです。トレードの判断をおこなうにあたり単独で決定打となる手段はないので、複数の手法を組み合わせるのが賢明です。たとえばテクニカルトレーダーは上昇トレンドだけではなく、強気のセンチメントシグナル(群衆はショート)が出ている通貨ペアにおいて、「押し目」で重要になるサポートラインを特定できます。独立した複数の要素(上昇トレンドのサポートラインとセンチメント)は単独でもメリットがありますが、組み合わせるとより包括的なアプローチとなり、さらに強いトレードの優位性を発揮します。堅実なトレードの優位性を持つことはトレーダーとして自信を持つ上での鍵となります。さらに詳しい情報と最新のIGCSデータを見るには、IGCSページにアクセスしてください。

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。

広告