本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読
Please try again
USD/JPY
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
FXの証拠金とは?計算方法や用語もわかりやすく解説!

FXの証拠金とは?計算方法や用語もわかりやすく解説!

Richard Snow, アナリスト
広告

FXで使用される証拠は、多くのトレーダーにとって不慣れな概念であり、誤解されていることがよくあります。簡単に言えば、証拠金とは、レバレッジをかけた取引をおこなうために必要な最低限の資金のことで、リスク管理に有効な手段となります。

また、証拠金と密接な関係にあるのがマージンコールです。トレーダーはマージンコールの発生を避けることに日々注意を払わなければなりません。証拠金とは何かを知らないと、結果として大きく損をすることになります。そのため、FXトレーダーは取引をおこなう前に証拠金についてしっかりと理解しておく必要があります。

ここではFXでの証拠金の使用、計算方法、効果的なリスク管理方法について、詳しく説明していきます。

FXにおける証拠金とは?

FXにおける証拠金とは、トレーダーが取引を開始するために担保として差し出す、取引証拠金のことです。基本的には、トレーダーが新しいポジションを建てるために取引口座に必要な最低金額です。これは通常、FXの想定元本(取引サイズ)の割合で提示されます。保証金と取引の全額との差額は、ブローカーから「借りる」ことになります。

FXにおける証拠金の例

これは、全取引サイズに対して必要な証拠金をグラフに表したものです。

取引サイズ:10,000ドル

必要証拠金: 3.33%

証拠金とレバレッジの関係

先に進む前に、レバレッジの概念を理解することが重要です。 レバレッジと証拠金は密接な関係にあります。なぜなら、必要証拠金が多ければ多いほど、トレーダーが使用できるレバレッジは少なくなるからです。これは、トレーダーが、取引に自分の資金をより多く提供する必要があり、ブローカーからの借り入れが少なくて済むためです。

レバレッジは得られる利益も被る損失も大きくなる可能性があるため、トレーダーは責任を持ってレバレッジを使用することが大切です。レバレッジはブローカーによって異なる場合があり、また、規制要件に応じて地域ごとに異なります。一般的な必要証拠金とそれに対応するレバレッジを以下に示します。

必要証拠金最大レバレッジ
50%2:1
3.33%30:1
2.00%50:1
0.5%200:1

FXにおける必要証拠金について

FXにおける必要証拠金は、ブローカーによって設定されています。これは規制を遵守しつつ、ブローカーが想定するリスク水準(デフォルトリスク)にもとづいています。

これは、「入金係数」に記載の、GBP/USDでの必要証拠金の例です。

証拠金というと、トレーダーが払わなければならない手数料のように思われがちですが、これは取引にかかる手数料ではありません。口座資金の一部を受入証拠金として確保し、充当するものです。

証拠金取引をおこなう場合、ポジションを保有するために必要な証拠金の額は最終的にはポジションサイズによって決定されます。ポジションサイズが大きくなると、トレーダーは次のレベルに移行し、必要証拠金(金額)も増加します。

ボラティリティの高い時期や、ボラティリティが通常よりも高くなる原因となりそうな経済指標の発表前の時期には、必要証拠金が一時的に増える可能性があります。

最初の2段階では、必要証拠金は3.33%と同じですが、次の2段階では4%、15%と拡大します。

証拠金の必要性を理解した上で、トレーダーはマージンコールの発生を回避するために、取引口座に十分な資金を確保する必要があります。トレーダーが取引口座の状況を簡単に把握する方法のひとつに、証拠金水準があります。

証拠金水準=(エクイティ÷使用証拠金)×100

トレーダーが口座に10,000ドルを入金し、現在8,000ドルを証拠金として使用しているとします。証拠金水準は125となり、100を上回っています。証拠金水準が100を下回った場合、ブローカーは通常新規取引の開始を禁止し、マージンコールが発生する場合があります。

トレーダーは、現在のポジションが清算されないよう、ブローカーが指定する強制決済の規則を把握することが不可欠です。マージンコールが発生する事態になった場合は、現在のオープンポジションの清算を避けるために、口座に直ちに入金する必要があります。ブローカーがこれをおこなうのは、口座の資金を許容水準に戻すためです。

成功しているトレーダーの特長
成功しているトレーダーの特長
推薦者: Richard Snow
成功しているトレーダーの特長
ガイドを入手

FXにおける証拠金に関する用語について

エクイティ: 現在の利益を加え、現金残高から現在の損失を差し引いた後の取引口座の残高。

必要証拠金: レバレッジをかけた取引をおこなうときに必要な資金(保証金)の額。

使用証拠金:口座の既存の取引を維持するために確保される口座の資金の一部。

フリーマージン: 使用した証拠金を差し引いた後の口座内の資金。

マージンコール: トレーダーの口座の資金がブローカーの定める許容水準を下回った場合に発生するもので、資本を許容水準まで戻すために未決済のポジションを即座に清算しなければなりません。

証拠金水準: 使用した証拠金で資金を割ったものに100を掛けた値で、取引口座の資金繰りの良し悪しを示すものです。

レバレッジ:FXにおけるレバレッジとは、トレーダーが少額の取引資金を調達し、残りをブローカーから借りることで、初期投資額以上のリスク資産を得ることができる便利な金融ツールです。トレーダーは、レバレッジによって大きな利益を得る可能性と大きな損失を被る可能性があります。

FXにおけるフリーマージンとは?

フリーマージンとは、トレーダーの口座で、現在のオープンポジションの証拠金として拘束されていない資金のことです。言い換えれば、トレーダーが新しいポジションに資金を供給するために使用できる口座内の現金の量です。

次のような例で考えると分かりやすくなります。

資金:10,000ドル

既存のポジションに割り当てられた証拠金:8,000ドル

フリーマージン=口座資金-オープンポジションの証拠金

フリーマージン=10,000ドル-8,000ドル

フリーマージン=2,000ドル

FXにおける証拠金取引のリスク管理とは

証拠金付きの口座で取引する際、取引画面に自動的に表示されない場合は、ポジションごとに必要証拠金の額を計算する方法を把握しておかなければなりません。証拠金とレバレッジの関係や、必要証拠金が増えるとトレーダーが利用できるレバレッジが減ることを理解しておくことが大切です。

このような不安定な期間の取引を避けるには、経済指標カレンダーを使用するなどして重要なニュース発表を見逃さないようにする必要があります。

口座の資金の大部分をフリーマージンとして持つことが賢明であると考えられています。そうすることで、トレーダーはマージンコールが発生しないようにできます。また、高確率で勝てる取引が発生したときにすぐに取引ができるよう、口座に十分な資金を確保することができます。

さらに高度なFX取引に役立つ資料

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。

広告