本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読
Please try again
EUR/USD
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
USD/JPY
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
FXにおけるスリッページの意味と対策方法をわかりやすく解説!

FXにおけるスリッページの意味と対策方法をわかりやすく解説!

Warren Venketas, アナリスト
広告
Man slipping over to illustrate slippage concept

スリッページはFXではよくあることですが、誤った認識をされることもあります。FXのスリッページの発生メカニズムを理解することで、ネガティブなスリッページを最小限に抑え、ポジティブなスリッページを最大限に活用することができます。この記事では、FXにおけるスリッページの仕組みと、スリッページの悪影響を軽減する方法について紹介します。

FXにおけるスリッページの意味

スリッページは、取引注文が要求された価格とは異なる価格で成立した場合に発生します。これは通常、ボラティリティの高い時期や、希望の価格で注文がマッチしない時に発生します。

FXのスリッページはネガティブなイメージを持たれがちですが、通常の市場で起こるこの現象は、トレーダーにとっては良い場合もあります。FXの注文は、リクイディティプロバイダーや行によって執行されます。約定価格が要求価格より高くても低くても、入手可能な最良の価格で執行されます。

これを数字で説明します。EUR/USDを現在の相場である1.3650で買うとします。注文は、スリッページなし、ポジティブスリッページ、ネガティブスリッページの3つのいずれかで執行される可能性があります。これらについてさらに詳しく説明します。

FXにおけるスリッページの例

結果その1(スリッページなし)

注文が送信され、提示された最良の買値は1.3650(要求価格)で、注文は1.3650で約定します。

結果その2(ポジティブスリッページ)

注文が送信され、提示されている最良の買値が突然1.3640(要求価格より10 pips低い)に変わったため、注文はこの最良の価格である1.3640で約定します。

結果その3(ネガティブスリッページ)

注文が送信され、提示されている最良の買値が急に1.3660(要求価格より10 pips高い)に変わったため、注文はこの最良の価格である1.3660で約定します。

注文時の要求価格とは異なる価格で約定することを、スリッページと呼びます。

FXにおけるスリッページの原因と対策方法

それでは、FXのスリッページはどのようにして発生するのでしょうか。また、なぜ注文が希望価格で約定しないのでしょうか。それは、買い手と売り手から構成される、真の市場とは何かという基本に立ち返ると分かります。希望価格で約定するには、特定の価格と取引サイズの買い手に対して、同じ価格と取引サイズの売り手が同数存在する必要があります。買い手と売り手のバランスが崩れると、それが原因で価格が上がったり下がったりします。

仮に、FXトレーダーがEUR/USDを1.3650で100,000買おうとした場合、ユーロ米ドル1.3650で売ろうとする人が少ない(あるいはまったくいない)ケースを想定してみます。この場合、次に約定可能な最良の価格が求められます。つまり、より高い価格でユーロを購入する必要があるため、ネガティブスリッページが発生します。

もし、注文を出した時点でユーロを売りたい人が殺到していれば、当初の希望価格よりも低い価格で売ってくれる売り手を見つけることができ、ポジティブなスリッページを得られる可能性があります。

FXのスリッページは通常のストップロス取引で、ストップロスの水準を守ることができない場合にも発生します。ただし、通常のストップロスとは異なる「ストップロス保証」というものがあります。ストップロス保証は、原市場の状況がどのようなものであっても、指定された水準が尊重され、ブローカーによって約定されます。基本的には、スリッページによって生じた損失は、ブローカーが引き受けることになります。しかし、ストップロス保証が作動した場合、一般的には保険料がかかります。

FXでスリッページが発生しにくい通貨ペアとは

通常の市場環境では、EUR/USDやUSD/JPYなどの流動性の高い通貨ペアは、あまりスリッページが発生しません。 しかし、重要なイベントの前や最中など、市場が不安定なときや、重要なデータ発表時は流動性の高い通貨ペアでもスリッページが発生しやすくなります。

ニュースやデータの発表があると、ボラティリティが急激に上がります。このような不安定な市場に備えるためには、最もボラティリティの高い通貨ペアの取引のヒントや、FX初心者ガイドをご覧ください。

外国為替市場に関する知識を深めるための情報

  • ライブでお届けするトレードウェビナー(英語)に登録すると無料でご視聴いただけます。このウェビナーでは、中央銀行の動向、通貨ニュース、テクニカルチャートのパターンなど、外国為替市場に関連する様々なトピックを取り上げています。
  • 成功するトレーダーの特長ガイドでは、成功しているFXトレーダーの秘訣を解説しています。こちらもご覧になることもおすすめします。

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。

広告