本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読
Please try again
EUR/USD
強気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
USD/JPY
弱気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
FXで絶対避けるべきマージンコールとは?4つの回避方法も解説!

FXで絶対避けるべきマージンコールとは?4つの回避方法も解説!

Richard Snow, アナリスト
広告

FXにおけるマージンコール - 主な論点

  • 証拠とレバレッジの概要
  • マージンコールが発生する原因
  • マージンコールの手続き
  • マージンコールの回避方法

トレーダーは、FXでマージンコールが発生しないようにいつも注意しています。マージンコールがどのようにして発生するかを理解しておくことは、取引を成功させるために不可欠です。この記事では、マージンコールとその回避方法について詳しく紹介します。

「絶対にマージンコールを受けてはならない。市場の負け組サイドにいるということだ。高額の金を負けに突っ込む理由はなんだ?お金は別の日にとっておくべきだ」- ジェシー・リバモア

証拠金とレバレッジ

FXのマージンコールを理解するためには、相互に関連する概念である証拠金とレバレッジについて押さえておく必要があります。証拠金とレバレッジは表裏一体の関係です。証拠金とは、レバレッジをかけた取引をおこなうために必要な最低限の資金のことで、レバレッジをかけることで、トレーダーは取引の全額を調達することなく市場へのリスク資産を増やすことができます。

レバレッジを使った取引にはリスクがともない、大きな利益を生む可能性もあれば、大きな損失を被る可能性もあることを忘れてはいけません。リスク管理入門には、取引時のリスクを最小限に抑えるためのヒントが書かれています。

FXでマージンコールが発生する原因とは?

マージンコールは、トレーダーに使用可能なマージンあるいはフリーマージンがなくなったときに発生します。つまり、口座にもっと資金が必要な状態です。これは、取引の損失によって、使用可能な証拠金がブローカーの定めた許容レベルを下回った場合に起こります。

マージンコールは、トレーダーが自己資本の大部分を証拠金として使用し、損失を吸収する余地がほとんどない場合に発生しやすくなります。ブローカーの立場からすると、これはリスクを効果的に管理・軽減するために必要な仕組みです。

主なマージンコールの原因は以下の通りです。(順不同)

  • 負けている取引を長く続けることで、使用可能な証拠金が減少する
  • 上記の理由に加え、口座に過剰なレバレッジがかかっている
  • 資金不足の口座で使用可能な証拠金が少なすぎるため、オーバートレードの状態になってしまっている
  • 価格が反対方向に激しく動いた場合の逆指値を設定していない

マージンコールが発生するとどうなる?

マージンコールが発生した場合、取引の清算や決済をおこないます。その理由として、一つはトレーダーが負けているポジションを保持するための資金が口座になくなるため、一方でブローカーとしてもその損失を負担することを避けたいためです。レバレッジ取引では、特定のシナリオにおいて、トレーダーが入金額以上の金額をブローカーに支払う可能性があるということを知っておくことが重要です。

これは、マージンコールが発生する可能性が高い取引口座の例です。

保証金:10,000ドル

規定数(100,000ロットの取引): 4

証拠金率: 2%

*使用証拠金:9,000ドル

フリーマージン:1,000ドル

*使用証拠金は、EUR/USDを1.125として以下のように計算されます。

取引サイズ x 価格 x 証拠金率 x ロット数

100,000ロット ×1.125×2%×4ロット=9,000ドル

わかりやすくするために、このポジションは唯一のオープンポジションであり、使用した証拠金のすべてを占めているとします。オープンポジションを維持するために必要な証拠金が、口座の資金の大半を占めていることがわかります。これにより、フリーマージンは1000ドルしか残りません。

トレーダーは、口座が良好な状態であると認識しているかもしれませんが、それは誤りです。レバレッジを使用すると、大きく不利な動きがあったときにこの口座はその動きを吸収することができなくなります。この例では、市場が25ポイント以上動いた場合(スプレッドを考慮しない)、トレーダーはマージンコールを受け、ポジションを清算することになります(1ポイントあたり40ドル×25ポイント=1000ドル)。

マージンコールの回避方法

レバレッジはよく「両刃の剣」と呼ばれます。これは、入金額に対してレバレッジが大きければ大きいほど、損失を吸収するために使える証拠金が少なくなるという意味です。レバレッジをかけすぎた取引がトレーダーに不利になった場合、損失によってすぐに口座の資金が枯渇してしまうため、傷はさらに深くなります。

使用可能な証拠金率がゼロになると、トレーダーはマージンコールを受けることになります。このことからも、保護を目的とした逆指値を使って、潜在的な損失をできるだけ抑える必要があることが分かります。

以下の例では、レバレッジが2つの取引の唯一の違いです。トレーダーの口座に対するレバレッジの効果がよくわかります。

いずれにせよ明日の値動きはわかりません。取引時に使用する適切なレバレッジの決定は責任を持っておこないましょう。

成功しているトレーダーの特長
成功しているトレーダーの特長
推薦者: Richard Snow
成功しているトレーダーの特長
ガイドを入手

FXでマージンコールを避ける4つの方法

  1. 取引口座に過剰な投資をしない。実効レバレッジを減らす。DailyFXでは、レバレッジ10対1以下を推奨しています。
  2. 逆指値注文を使って損失を抑えるなど、慎重にリスク管理する。
  3. 取引を継続するために、口座には健全な額の自由証拠金を確保する。DailyFXでは、1回の取引が口座資金の1%以下になるようにし、いかなる時点でもすべてのオープン取引で口座資金の5%以下に抑えることを推奨しています。
  4. 小さな額で取引し、一つ一つの取引を 何千もの取引のうちの一つに過ぎないものとして扱う。

トレードを強化するために活用できる無料の資料

  • FXを始めたばかりの方は、FX初心者のための取引ガイドでFXの基礎を理解しましょう。
  • 他にも、FXの知識や戦略開発をサポートするさまざまな取引ガイドを提供しています。
  • 当社のリサーチ・チームは、3,000万件を超える実際のトレードを分析して、成功するトレーダーの特長を調査しました。ここで解説されている特長を取り入れて、市場での優位性を高めましょう。

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。

広告