本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読
Please try again
EUR/USD
強気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
USD/JPY
弱気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
テクニカル分析入門 / 市場センチメント 11 / 14
【心理を読む】センチメント分析を使ったFXの平均回帰戦略を解説!

【心理を読む】センチメント分析を使ったFXの平均回帰戦略を解説!

Warren Venketas, アナリスト
広告

IGCS(センチメント分析)を使用したFXのレンジ取引とは

IGクライアントセンチメント(IGCS)は、先行指標となりうるその機能を、伝統的な平均回帰戦略と組み合わせて利用することにより、レンジ取引戦略に活用できます。マーケットは通常、レンジ相場かトレンド相場であるため、さまざまな取引シナリオに適用できます。本稿ではレンジ相場の取引戦略にIGCSを使用する方法について2つのアプローチから解説します。

IGクライアントセンチメントを使用してトレードする方法
IGクライアントセンチメントを使用してトレードする方法
推薦者: Warren Venketas
IGクライアントセンチメントを活用してトレードを改善
ガイドを入手

FXのレンジ取引にIGCS(センチメント分析)を組み込むさまざまな方法

この2つの方法は似ているように見えますが、単に異なる時間軸について述べています。下のUSD/SGDの例で、IGCSをレンジ相場で使用する方法をステップ別に紹介します。

USD/SGD日足チャート:

チャート作成: ウォーレン・ベンケタス、IG証券

1. 短期的なレンジ相場– レンジ相場にはサポートライン(黄色)とレジスタンスライン(青)があります。価格はこれらのラインの内側で上下し取引されます。そして、ロングとショートの比率がプラスマイナス2を超えるポイントで取引することにより、IGCSの値を短期レンジ相場の取引に役立てることができます。価格がレジスタンスライン(青)に近づき、IGCSが+2以上の比率(ショートよりもロングしている個人投資家が多い)となった場合です。IGCSは逆張り指標とみなされるため、レジスタンスラインが維持されると、レンジのサポートラインに向かう下向きの動きの前触れとなります。

サポートライン(黄色)にも同じことがあてはまります。サポートライン(黄色)での価格の反発は、IGCSの数値が-2(ロングよりもショートしている個人投資家が多い)ことによって裏付けられます。IGCSプラスマイナス2:1の割合は、大まかな目安であって、絶対的な数値ではないことに留意してください。

成功しているトレーダーの特長
成功しているトレーダーの特長
推薦者: Warren Venketas
成功しているトレーダーの特長
ガイドを入手

チャート作成: ウォーレン・ベンケタス、IG証券

IGCSフィルターを使用した後は、RSI、ストキャスティクス、MACDなどのテクニカル指標を使用したレンジ戦略の実行が考えられます。上のチャートはストキャスティクスを使用していますが、これは追加の補足データのインプットが取引の判断をどのように向上、改善できるかを示しています。

2. 長期的なレンジ相場 – 長期のレンジ相場にも同様のアプローチを採用できます。IGCSシグナルをより大きなレンジへ組み込むことにより、長期的なのサポートラインやレジスタンスラインに対するIGCSの反転を見てみましょう。他の指標による裏付けも情報にもとづいた取引の判断をおこなう上でプラスとなります。2つのアプローチの主な違いは時間軸です。

以下のステップでおこないます。

  • サポートラインとレジスタンスラインを特定します。
  • 買いや売りのシグナルを確認するためIGCSの値を使用します。
  • 前のステップを再確認するため補足としてテクニカル指標を使用します。

IGCS(センチメント分析)を使用したFXのレンジ取引: まとめ

レンジ相場は通常買われ過ぎ(レジスタンスライン)と売られ過ぎ(サポートライン)の間を往復します。価格がラインをブレイクアウトするか否かの判断は一筋縄ではいきません。IGCSと、従来からレンジ取引に関連付けられてきたその他のテクニカル指標を組み合わせることは取引を検証する上で非常に有効です。

自信を持って取引できるようになるために
自信を持って取引できるようになるために
推薦者: Warren Venketas
自信を持って取引できるようになるために
ガイドを入手

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。

広告