メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読する
Please try again
詳細 もっと見る
ドル大幅上昇、ナスダック100は下落。中国のコロナ規制強化への警戒再燃

ドル大幅上昇、ナスダック100は下落。中国のコロナ規制強化への警戒再燃

Daniel Dubrovsky, シニアストラテジスト

ドル、ナスダック100、FRB高官発言、中国コロナ規制強化 - アジア太平洋地域の市場寄り付き

  • タカ派的なFRB高官の発言でナスダック100が弱含み、ドルは上昇
  • 中国のコロナ規制強化への警戒が再燃
  • アジア太平洋地域の相場は、弱含みの展開となる可能性がある
初心者のためのFX
初心者のためのFX
推薦者: Daniel Dubrovsky
初心者のためのFX
ガイドを入手

アジア太平洋地域の市場まとめ - ナスダック100は下落、NYダウの下げは限定的

資金の安全な逃避先と考えられているドルは、リスク選好度が低下する中、21日に大半の主要通貨に対し上昇した。同日の米国株式市場では、ハイテク株比率の高いナスダック100指数が前週末比約1.1%下落し、優良銘柄で構成されるダウ工業株30種平均はほぼ横ばいで取引を終了した。この両市場の反応の違いは、米連邦準備制度理事会(FRB)の高官によるタカ派的な発言が関係しているようだ。

米国市場では週明け21日もFRB高官の発言が焦点となった。サンフランシスコ地区連銀のメアリー・デイリー総裁は、現在のフェデラルファンド(FF)金利と金融市場が考える金利水準に開きがある点に言及し、「数四半期続くかもしれない」こうしたギャップに配慮することが重要だと述べた。現在の金利はFRBが掲げるインフレ目標からはまだ「非常に遠い」とも話した。デイリー総裁は、金利のピークは4.75%-5.25%の範囲にあると見ている。このような総裁の考えを考慮すると、FRBの政策転換はまだ先になりそうだ。

米国債利回りはおおむね上昇した。当然ながら、金属価格は、金先物相場が4取引セッション連続で弱含みとなるなど、苦戦を強いられた。これは過去1カ月で最長の続落記録となった。21日に対米ドルで最も下落幅が大きかった通貨は、円、オーストラリアドルユーロだった。それぞれ1.25%、1.02%、0.8%下落した。

11月21 日のドル、ナスダック100の推移

資料:TradingView

11月22日のアジア太平洋地域の市場 - リスク回避の動きか?

22日のアジア太平洋地域の市場では、目立った経済指標など経済イベントリスクはなさそうだ。そのため、市場は主要な相場材料としてリスク選好に焦点を合わせるだろう。21日の米国相場がさえない動きとなったため、日経平均株価、オーストラリアのASX 200株価指数、香港ハンセン株価指数など、アジア太平洋地域の相場には下押し圧力がかかる可能性がある。この流れは、ドルに引き続き有利に働くかもしれない。

トレードに役立つメール配信サービス

DailyFXからタイムリーで国内外のマーケット情報を受け取ることができます。

登録する

中国に関する懸念にも注意を払いたい。中国のコロナ規制強化への警戒が再びクローズアップされるかもしれないからだ。ブルームバーグによると、中国河北省の省都である石家荘市は、5日間、学校を休校とし、住民に自宅待機を求めた。この都市は、コロナ規制を脱しようとする中国のいわば実験場である。それがうまくいっていないという兆候は、経済活動の再開がさらに遅れ、経済成長の足を引っ張る可能性があることを意味する。ドルは、対人民元で11月10日以来の高値で取引されている。

ドル相場 テクニカル分析

テクニカル面では、21日の米ドル指数は11月11日以来の高値で取引を終えた。これは、フィボナッチ・リトレースメント78.6%の水準(106.806)を下回った水準で終値を付けなかった流れを引き継いだ動きである。200日単純移動平均線(SMA)の動きも、引き続き上昇バイアスの維持に貢献している。20日SMAが主要なレジスタンスとなりそうだ。

米ドル相場見通し
米ドル相場見通し
推薦者: Daniel Dubrovsky
USD見通しを無料で入手
ガイドを入手

米ドル指数 日足チャート

DXY Daily Chart

資料:TradingView

--- DailyFX.com シニアストラテジスト ダニエル・ドゥブロスキー著

ドゥブロスキー氏に連絡するには、Twitter で @ddubrovskyFX までお願いいたします。

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。