本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読
Please try again
EUR/USD
強気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
原油 – 米国原油
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
GBP/USD
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
USD/JPY
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
AUD /USDプロの今後の見通し!米ドルが急落、中国の金利に注目

AUD /USDプロの今後の見通し!米ドルが急落、中国の金利に注目

Daniel Dubrovsky, ストラテジスト

米ドル(USD)、米ドルインデックス(DXY)、米国債利回り、景気後退への懸念、中国の最優遇貸出金利(ローンプライムレート)– アジア太平洋地域マーケットオープン

  • 景気後退の懸念が高まり、米国債利回りが低下し米ドルは下落
  • マーケットは2023年のFRB(米連邦準備制度理事会)の利上げ予想を徐々に後退させている
  • 豪ドル/米ドルに関しては、中国の最優遇貸出利(ローンプライムレート)に注目が集まっている
成功しているトレーダーの特長
成功しているトレーダーの特長
推薦者: Daniel Dubrovsky
成功しているトレーダーの特長
ガイドを入手

木曜日のマーケットレポート– 米ドル(USD)は米国債と共に下落

金融マーケットや経済的なイベントのリスクがかなり小さかったにもかかわらず、米ドルは主要通貨に対して下落しました。S&P 500先物は下落したものの下落率は0.64%にとどまり、前場での4%近い下落率と比較するとはるかに小幅でした。

米国債に注目すると米ドルが下落した原因が判断できます。以下の一日の値動きを表したチャートでは、米国債10年利回りの下落とともに米ドルインデックス(DXY)が下落していることがわかります。米国債短期物の利回りを見ても、同様の下落がありました。しかし、世界の株式マーケットは全体的にあまり変化がなかったため、トレーダーがリスク回避の安全性を求めているのではないと考えられます。

むしろ、来年の米国の景気後退に対する懸念がマーケットで高まっている可能性があります。これは、フェデラルファンド(FF)金利先物をみればわかるでしょう。今年はS&P 500が下落するにつれて、現在のインフレ率が依然として高いのにもかかわらず、投資家は 2023年の米連邦準備制度理事会の利上げ観測をますます後退させました。金利政策に積極的な米連邦準備制度理事会とリスク回避の動向が今年の米ドルにプラスに働いています。

Google トレンドでは最近、「景気後退(recession)」の検索回数が多くなっています。まだ「インフレ」ほど多くはありませんが、その差は縮まっています。これらを考慮すると、マーケットが金利政策に積極的なFRB(米連邦準備制度理事会)の来年の動向に慎重になっているため、米ドルが一夜にして下落したことは理解できるといえるでしょう。また当然のことながら、米国債利回りと米ドルの下落が金価格を押し上げました。

自信を持って取引できるようになるために
自信を持って取引できるようになるために
推薦者: Daniel Dubrovsky
自信を持って取引できるようになるために
ガイドを入手

主要マーケットのパフォーマンス – 米ドル(USD)、米国債、S&P 500先物、豪ドル/米ドル(AUD /USD)

TradingViewでチャート作成

金曜日のアジア太平洋地域マーケットの取引セッション – 中国の最優遇貸出金利(ローンプライムレート)が豪ドル(AUD )のリスクに

アジア太平洋地域マーケットは少し複雑な展開になる可能性があります。中国の最優遇貸出金利(ローンプライムレート)のデータに注目が集まり、新型コロナウイルス対策による経済的なダメージを軽減させるために、1年物は3.70%から3.65%に、5年物は4.60%から4.55%に引き下げられると予測されています。思いがけない事態が、豪ドルをリスクにさらす可能性があります。中国はオーストラリアにおいて、最大の貿易相手国であるため、中国の経済状況がオーストラリアに影響を与えることがあります。

米ドル (USD)テクニカル分析

米ドルインデックス(DXY)は、20日単純移動平均線 (SMA)を下回って取引を終えました。さらなる下落が確認できた場合、下降トレンドが始まる可能性があります。フィボナッチリトレースメント23.6%水準の102.55が当面のサポートラインなるでしょう。その場合、50日移動平均線が見えてきます。上昇トレンドの再開には、5月上旬の高値105.005を上抜けすることが必要です。

トレードに役立つメール配信サービス

DailyFXからタイムリーで国内外のマーケット情報を受け取ることができます。

登録する

米ドルインデックス(DXY) 日足チャート

DXY Index Daily Chart

TradingViewでチャート作成

DailyFX.com ストラテジスト ダニエル・ドゥブロフスキー著

ドゥブロフスキー氏に連絡するには、下のコメント欄を使用するか、Twitterで@ddubrovskyFX までお願いいたします。

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。