本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読
Please try again
EUR/USD
弱気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
原油 – 米国原油
強気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
GBP/USD
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
USD/JPY
強気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
トレードの基礎知識 / 株式市場を理解する 1 / 31
株式マーケットの基本|初心者向けに株式トレードと銘柄をプロが解説

株式マーケットの基本|初心者向けに株式トレードと銘柄をプロが解説

DailyFX, Research
広告

株式マーケットは不慣れな人にとっては困惑してしまう場所かもしれません。融ニュースは難解な「バズワード」で満ちており、トレードの現場で語られる自己株式や額面、内部留保などの言葉は株式以外の投資家にはあまり意味のないものです。しかしながら、株式のトレードを考えている人にとっては、このコンセプトを理解して臨むことが、この資産クラスを扱うための鍵になるのです。

株式投資はリスクをともないますが、効果的な資産形成手段の一つです。また、適切なバランスの株式ポートフォリオは、安定した不労所得を得るための近道となります。本記事でトレードにおける特有の専門用語を実用的な知識に変えていきましょう。

株式トレードを始める:主なポイント

  • 株式マーケットとは? トレードの仕組みとは?
  • 投資家は、どのようにしてトレードで儲けることができるのか?
  • トレードを始めるためには何が必要か?
  • 適切な銘柄の選び方とは?
  • トレード前に考慮すべきポイント

株式マーケットとは? トレードの仕組みとは? 初心者向けに解説

株式トレーダーや投資家として自信を持ってトレードするためには、マーケットにおける基本的な知識やトレードの仕組みを理解することが重要です。

株式マーケットとは?

株式マーケットは個人や機関投資家が株式を売買する場所です。現代ではナスダック100やFTSE100DAXのような主要株価指数を通じて電子的におこなわれており、それぞれの指数は構成銘柄のパフォーマンスを表しています。

これらの構成銘柄は株価指数と連動しており、加重時価総額法にもとづいて指数が算出されます。つまり、一つの大型株の株価が大きく動けば、その指数にも影響を与えるのです。

株式とは?

株式(stock)とは特定企業における所有権を事実上証明するものです。企業が自社の成長に向けた資金調達のために発行するもので、業績に応じて価格が変動します。また、マーケットに上場されている株式(公開株)もあれば、個人投資家のみが利用できる株式(OTCまたは店頭株)もあります。トレードされている代表的な銘柄には、ボーイング、ゼロックス、アップルなどがあり、例えばアップルはナスダック100、ダウ平均、S&P 500の構成銘柄になっています。

新製品の発売や新たなCEOの就任、業績発表などはいずれも株価を動かし銘柄の選択に影響を与えるものです。これらの要因については、後述の「適切な銘柄の選び方とは?」で詳しく説明します。

また、株式(share)は特定企業の株式における所有権の割合を指しています。例えば、発行済株式100万株のうち5万株所有していれば、その投資家は5%の所有権が得られることになります。

株式のトレード方法は?初心者向けに解説

株へのアプローチ手法としてのトレーディングと投資には大きな違いがあります。

トレーディング

トレーダーは短い時間枠で有価証券に投機をすることで、利益を得る(または失う)ことができます。 多くの場合において、スキャルピングやデイトレードなどの方法でテクニカルパターンに着目し、10分足などの短期的な時間枠を使います。

オンラインのトレーディング・プラットフォームでは、銘柄のパフォーマンスおよびエントリーとエグジットの価格をモニタリングできます。

投資

投資家は基本的に証券会社の口座を通じて株式を買い、長期間にわたって保有します。保有期間中に配当や利息を受け取るとともに、最終的には株式を売却して長期的な価値の上昇から利益を得ることを目指します。

これは「バイ・アンド・ホールド」戦略と言われているもので、最低でも5年間は株を保有することになります。また「トータル・リターン」重視というのは、ある銘柄のリターンを計算する際に、利息、配当、分配金、キャピタルゲインのすべてを考慮するという意味です。

初心者向けの株式トレードの始め方

株式トレードや投資を始める際の最も簡単な方法は、トレーディング・プラットフォームをオンライン証券口座経由で活用することです。身分証明書の提示と入金方法を選択するだけで簡単に口座を開設できます。さらに手数料が安いブローカーを見つけることがアクティブなトレーダーには重要です。取引量が少ないトレーダーと比較すると、当然ですが手数料が高くなるためです。

さらに投資家は個別株と投資信託のどちらにするかを決める必要があります。前述したように個別株は株式による個々の企業の所有ですが、投資信託は様々な銘柄を集めたもので、マーケットを上回るパフォーマンスを目指しているアクティブファンドや指数に連動するインデックスファンドがあります。また、株式のようにリアルタイムで売買ができるETF(exchange-traded funds:上場投資信託 )などもあります。

株式トレードを始める際のチェックリスト

  1. トレード目標の設定
  2. 適切な証券会社の選択
  3. 主要企業のリサーチ
  4. 分散ポートフォリオの維持
  5. リスク管理の実践
成功しているトレーダーの特長
成功しているトレーダーの特長
推薦者: DailyFX
成功しているトレーダーの特長
ガイドを入手

初心者向けの適切な株式の銘柄の選び方とは?

When it comes to picking the ‘right’ stocks, it may be worth it for market practitioners to go for companies they are already familiar with. Considering factors which help to determine the chances of its price rising may also be helpful. These factors include:

  1. ]企業の財務状況: バランスシートの状況はどうでしょうか?ここ数年の売上や利益、負債、効率化の進捗状況など多くのチェックすべき項目があります。
  2. イノベーションのレベル: 新製品や業務拡大の計画はありますか?顧客満足度におけるライバル企業に対しての対抗策や新たなマーケットの需要に対する体制はどうでしょうか?
  3. 配当: 配当金を出している場合には増配や配当の頻度について確認しましょう。 
  4. 価格と評価: 割安に過小評価されていませんか?これを確かめるには、株価を1株当たりの利益で割って株価収益率(PER)を算出します。PERが15以下なら、株価が「割安」と言われています。しかしながら、それは成長が遅いために安いのかもしれません。「割安」な銘柄については上記に示したような項目で、多くのプラスの数値があるかどうかを確認するとよいでしょう。企業の適正な価値の評価は、貸借対照表の総資産から減価償却費と負債を差し引くことでも計算できます。
  5. 流動性: 流動性とは、トレーダーが簡単に売買可能となる十分な出来高があるかどうかを指しています。流動性のある銘柄の例としては、エクソンモービル、ゼネラル・エレクトリック、アリババなどがあります。詳しくは、株式マーケットの流動性をご覧ください。
  6. ボラティリティ: ボラティリティとは、株価が大きく変動する可能性が高いことを指しています。ボラティリティの高い銘柄はリスクがありますが、大きなチャンスをつかむこともできます。詳しくは株式マーケットのボラティリティをご覧ください。

さらに考慮すべきことは、その銘柄がポートフォリオの中でどのように位置づけられるのかという点です。例えば、グロース株で純粋に大きなキャピタルゲインを狙うのか、または配当株やディフェンシブ銘柄で安全性を高めるのかといった戦略が考えられます。こうした銘柄の詳細については、下記の「よくある質問」をご覧ください。

初心者向けの株式のトレード前に考慮すべき4つのポイント

株式トレードを始める前に自分の目標やリスク許容度、自分のトレードスタイルに対する理解、ポートフォリオの分散方法などを把握しておく必要があります。

1.目標は何か?

自己資金をトレードに充てられる期間はどの程度ですか?その資金の最終的な使いみちは何でしょうか?投資における評価が確定する前に資金が必要になる可能性はありますか?例えば、退職後のために貯金を考えている人は長期の株式投資がよいでしょう。しかし、住宅を来年購入するために頭金を工面したいのであれば、短期的にトレードするか別の資産を検討したほうがよいでしょう。

2.どの程度のリスクをとれるのか?

マーケットに関わる人であれば、どの程度の資金をトレードや投資に使えるのかを考える必要があります。妥当な金額は年収の5%程度だと思いますが、これは個々人で異なります。リスクにおいては、業界や業界内の企業に関する知識を数多く得ることで必然的なマーケットの変動に備えることができます。

3.感情をコントロールする

トレーディングでは感情をコントロールすることが何よりも大切です。トレードをしている際にマーケット情報が次々と入ってきますが、その多くは役に立たないものです。トレーダーや投資家は、噂や憶測、雑音を排除して、FOMO(好機を逃すことへの不安)がトレード判断に影響を与えないようにしなければなりません。感情をコントロールし、銘柄選択をした最初の理由に忠実であることが重要です。また、期待通りにいかない銘柄も当然ありますので、損失に対応できるかどうかも確認しておきましょう。

4.ポートフォリオは分散されているか?

分散ポートフォリオとは、様々な企業や多様なセクターの株式を保有してトレードをおこなうものです。こうすることで不測の事態に備えることができます。また、株式以外に分散する資産として考えられるのは債券やFXコモディティなどが挙げられます。

初心者向け株式マーケットに関するよくある質問(FAQ)

なぜ株式マーケットが重要なのですか?

株式マーケットは企業や個人、経済にとって重要なものです。企業は成長するための資金を調達しリスクを分散することができます。投資家にとっては自分の資金に見合ったリターンを得て資産を増やせる可能性がありますし、経済は国内外からの資金流入によって恩恵を受けることができます。

また、株式マーケットは経済パフォーマンスの指標でもあり、その動向は景気循環やビジネスの状況を把握して将来の政策を予測することにも役立ちます。マーケットのパフォーマンスは年金基金やその他の資産のパフォーマンスとも連動しています。

詳しくは、株式マーケットと経済をご覧ください。

株式トレーダーと投資家の違いは何ですか?

株式トレーダーは、例えば数分程度の短期的な投機を目的としています。その一方で、投資家は「バイ・アンド・ホールド」戦略で数年をかけて株価の上昇を待ち、その間に配当を受け取ることを目指しています。

債券ではなく株式を選ぶべき理由は?

株式は企業の所有権を表しますが、債券は企業や政府が発行する借金の一種で、投資家には債券価格に加えて利息が支払われます。債券は株式よりもリスクが低いと言われていますが、当然ながら利回りも低くなります。

株式には主にどのような種類がありますか?

株式の種類は大きく分けて、グロース株、配当株、ディフェンシブ銘柄の3つがあり、それぞれ異なった特徴があります。

  • グロース株とは、純粋に資本の成長を目的に購入する株式です。企業は利益を配当ではなく再投資に振り向けるため、投資家が利益を得るのはキャピタルゲインのみとなります。このため、グロース株は本質的にリスクが高いと言えるでしょう。株価の下落による損失が発生することもありますが、急成長が期待できる銘柄から得られるリターンは、このリスクに見合うものです。
  • 配当株は、株主に対して定期的(通常は四半期ごと)に配当金を支払う銘柄です。つまり、1株当たり年に10セントの配当を支払っている企業であれば、四半期ごとに2.5セントの配当を支払うことになります。
  • ディフェンシブ銘柄とは、ヘルスケアや生活必需品、公益事業など景気に左右されず、製品やサービスの需要が安定している企業を指しています。このため、景気後退時には最適ですが、一般的な強気相場では最適な銘柄とは言えないかもしれません。

詳しくは、株式の種類をご覧ください。

初心者にとって最適な銘柄は何ですか?

前述のように、初心者に最適な銘柄は自分がよく理解している企業であるケースが多いため、自分に馴染みのある銘柄を検討するのがよいでしょう。出来高の多い人気の銘柄としては、フェイスブックやグーグルの親会社であるアルファベット、アマゾン、ナイキなどがあり、いずれも5年間のリターンが3ケタ台のパーセンテージになっています。

短期利益を重視するトレーダーにおいては、このような銘柄はすべて流動性が高く十分な数の買い手と売り手がいるため、自分がトレードをしたい株価でポジションにエントリーまたはエグジットすることができるので、スリッページを回避することができます。

初心者はどの程度の株数を購入すればいいですか?

これはよくある質問ですが、株数よりも株式の総額に注目したほうがよいでしょう。また、資金は多様なポートフォリオを維持するために様々な企業の株式に分散するケースが多いでしょう。

初心者向けの株式と世界の株式指数に関するおすすめの記事

株式マーケットを理解するためには、マーケットを動かすファンダメンタルズ要因を把握する必要があります。株式マーケットや金利についてのガイドで金融業界に衝撃を与えた出来事や代表的な金融バブルの歴史に目を通してみてください。

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。

広告