本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読
Please try again
USD/JPY
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
トレードの基礎知識 / 株式市場を理解する 30 / 31
トレードは規模の大きなETFがおすすめ!最大規模のETFとは?

トレードは規模の大きなETFがおすすめ!最大規模のETFとは?

DailyFX, Research
広告

株式に興味のある人は、さまざまな種類の株式や主要株価指数をトレードすることができます。また、多様な株式やその他の資産を包括したミューチュアルファンドやETFへの投資も考えられることでしょう。では、ETFの中で最も規模が大きく人気のあるものは何でしょうか?本記事では、最大規模のETFについて総合的に種類別に分けて説明します。

最大のETFを決める方法とは

どのカテゴリーにおいても最大規模のETFを決めるには、まずいくつかの定義を定める必要があります。一般的な判断基準となる運用資産(「AUM」と呼ばれることもあります)は、ファンドにおけるすべてのシェアクラス(種類株式)に投資されている資の合計額を意味しています。AUMが大きいほど出来高に反映されることが多いためスプレッドが狭くなることがあります。このように出来高が多くてスプレッドが狭い場合、大型のETFは選択肢として魅力的となる可能性があります。

総合的に最大規模のETFとは

2020年4月1日時点で、AUMで最大規模のETFは、SPDR S&P 500 ETF(AUM2,100億ドル)、iシェアーズ・コアS&P 500 ETF(AUM1,200億ドル)、バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(AUM730億ドル)などです。下図に上位10位までのETFを示しましたが、一つを除いてすべてが主要指数に連動する株式ETFです。

最大規模の通貨ETFとは

通貨ETFは 米ドルカナダドルなどの通貨に投資することで外国為替へのエクスポージャーを提供します。2020年4月1日時点で最大規模の通貨ETFは、インベスコDB米ドル指数・ブリッシュ・ファンド(AUM9億8,200万ドル)、インベスコ・カレンシーシェアーズ・ユーロ・カレンシー・トラスト(AUM2億7,300万ドル)、インベスコ・カレンシーシェアーズ 日本円トラスト(AUM2億3,400万ドル)などです。

下図に通貨ETFのトップ10を示しました。

初心者のためのFX
初心者のためのFX
推薦者: DailyFX
初心者のためのFX
ガイドを入手

最大規模の債券ETFとは

債券ETFは米国債やドイツ国債などの債券にエクスポージャーを提供します。2020年4月1日時点で最大規模の債券ETFは、iシェアーズ・コア米国総合債券市場ETF(AUM680億ドル)、バンガード・トータル債券市場ETF(AUM500億ドル)、バンガード・トータル・インターナショナル債券ETF(AUM260億ドル)などです。下図に債券ETFのトップ10を示しました。

最大規模のコモディティETFとは

コモディティETFは、天然資源、貴金属、農産品などの現物商品に投資するETFです。2020年4月1日時点で最大規模のコモディティETFは、インベスコ・オプティマム・イールド・ディバーシファイド・コモディティ・ストラテジー・No K-1・ETF(AUM15億3,000万ドル)、インベスコDBコモディティ・インデックス・トラッキング・ファンド(AUM7億5,200万ドル)、iシェアーズ S&P GSCI コモディティ・インデックス・トラスト(AUM4億7,700万ドル)などです。下図にコモディティETFのトップ10を示しました。

最大規模のインバース型ETFとは

インバース型ETFは対象となるベンチマークとは逆の動きになるように設計されています。2020年4月1日時点で最大規模のインバース型ETFは、プロシェアーズ・ショートS&P 500(AUM36億9,000万ドル)、プロシェアーズ・ウルトラショートS&P 500(AUM17億5,000万ドル)、プロシェアーズ・ウルトラプロ・ショートS&P 500(AUM14億1,000万ドル)などです。下図にインバース型ETFのトップ10を示しました。

最大規模のセクターETFとは

セクターETF(業種別ETF)は、医薬品や小売業など、特定産業の株式に投資するETFです。2020年4月1日時点で最大規模のセクターETFは、テクノロジーETFのインベスコQQQ(AUM806億ドル)、バンガード・リアルエステート・インデックス・ファンド(AUM250億ドル)、テクノロジー・セレクト・セクターSPDRファンド(AUM230億ドル)などです。

下図にセクターETFのトップ10を示しました。

ETFに関するよくある質問(FAQ)

ETFは人気がありますか?

ETFの人気は近年爆発的に高まっており、過去10年間で運用資産額がヘッジファンドを追い抜きました。ただし、投資信託や年金ファンドにはまだ及びません。

ETFは人気がありますか?

2020年4月時点でETFの市場規模は資産額で5兆ドルを超えています。2019年12月にバンク・オブ・アメリカはETF市場が2030年には50兆ドルに達すると予測しました。

一番古いETFは何ですか?

最も古いETFは1993年に設定されたSPDR S&P 500 ETFトラストで、 AUMにおいてはETFの中で最大です。ティッカーシンボルは「SPY」 です。

ETFは配当が支払われますか?

はい。ETFは株式と同じように配当が支払われます。ETF内の企業が配当を支払うと、まずETFプロバイダーにおくられます。次にETFプロバイダーはそれを投資家におくることができますし、ETFに再投資することもできます。詳しくはETFとは何かをご覧ください。

株式に関するおすすめの記事

株式に関する記事は他にもご用意しています。初心者のための株式トレードガイドでは株式マーケットが経済に与える影響について解説しています。

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。

広告