本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読
Please try again
EUR/USD
強気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
USD/JPY
弱気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
トレードの基礎知識 / 自分のトレードスタイルを知る 10 / 13
FXで避けるべき取引の失敗例まとめ10選と対策方法を解説!

FXで避けるべき取引の失敗例まとめ10選と対策方法を解説!

Warren Venketas, アナリスト
広告

FXでは人為的ミスはよくあることであり、しばしば見受けられる取引の失敗につながることも少なくありません。こうした取引の失敗は、特に初心者のトレーダーに多く見られます。これらの失敗に気づくことで、トレーダーはFXをより効率的におこなうことができます。経験の有無にかかわらず、トレーダーは誰でも取引で失敗するものです。しかし、失敗の背景にあるロジックを理解することで、取引の障害が雪だるま式に大きくなることを抑えることができます。この記事では、取引の失敗例まとめ10選と、その対策方法をご紹介します。このような失敗は、絶えず続く学習プロセスの一部であり、トレーダーは間違いを繰り返さないために、習慣的に勉強をする必要があります。

取引には損失がつきものですが、人為的ミスや失敗を排除することで、損失を最小限に抑えることができることを覚えておいてください。

FXを始める前に、よくある10の失敗例を見てみましょう。これらは取引における失敗の大部分を占め、避けて通らなければなりません。

FXの失敗例1:トレードプランを決めていない

トレードプランを決めていないトレーダーは、行き当たりばったりのアプローチになりがちです。戦略に一貫性がないからです。取引戦略では、すべての取引に対して、ルールと仕掛け方をあらかじめ決めます。これにより、価格が不利な動きを見せた場合に、非合理な判断を下すことを防げます。重要なことは取引戦略に集中することで、トレーダーは取引スタイルから外れると未知の領域に足を踏み入れることになります。その結果、不慣れな環境で取引を失敗してしまうのです。取引戦略はまずデモ口座を使って、テストをおこないましょう。戦略に納得してしっかり理解できたら、本番口座で使うことができます。

FXの失敗例2:レバレッジのかけすぎ

証拠/レバレッジとは、FXのポジションを建てるために借りた資金を使用することを指します。この機能は、取引に必要な自己資金が少なくて済む反面、損失が拡大する可能性があります。レバレッジを使用すると損益が拡大するため、レバレッジの量を管理することが大切です。

初心者のためのFX
初心者のためのFX
推薦者: Warren Venketas
初心者のためのFX
ガイドを入手

ブローカーはユーザーを守る重要な役割を担っています。1000:1のような不要に大きなレバレッジを提供しているブローカーは多く、初心者にも経験豊富なトレーダーにもかなり大きなリスクを負わせています。認可を受けているブローカーは、金融当局の指針のもと、レバレッジを適切なレベルに制限しています。適切なブローカーを選ぶ際には、この点を考慮していただきたいと思います。

FXの失敗例3:時間足を決めていない

FXにおいて、時間は実行する取引戦略と密接に関係しています。取引手法によって、対応する時間足は異なります。したがって、戦略を理解することで、取引で使用する時間足を把握することができます。例えば、スキャルパー(数秒から数分間の取引を繰り返すトレーダー)はより短い時間足をターゲットとしていますが、ポジショントレーダーはより長い時間足を好みます。様々な時間足ごとのFX戦略を探してみましょう。

FXの失敗例4:リサーチ量が少ない

FXのトレーダーは、特定の取引戦略を採用して実行するために、適切なリサーチをおこなう必要があります。市場を調査することで、トレンドやエントリー/エグジットのタイミング、ファンダメンタルズの影響が明らかになります。市場の調査に専念する時間が多ければ多いほど、金融商品そのものへの理解が深まります。FXでは、さまざまなペアの間に微妙な違いが存在し、その値動きも異なります。自分が選んだ市場で成功するためには、これらの違いを徹底的に検証する必要があります。

また、採用した戦略や分析内容を検証しないまま、メディアや根拠のないアドバイスに反応すべきではありません。これはトレーダーがよくやることです。これらのアドバイスやメディアリリースを考慮すべきではないということではなく、情報にもとづいて行動する前に論理的な調査をする必要があるのです。

FXの失敗例5:リスク・リターン比率が低い

トレーダーは、リスク・リターン比率を見落とししがちで、結果的にリスク管理が不十分になります。1:2のような高めのリスク・リターン比率は、潜在的な利益が損失の2倍であることを意味します。下のチャートは、リスク・リターン比率が1:2の EUR/USDのロングです。この取引は、価格が1.12698のロングポジションを保有、ストップ(逆指値)を1.12598(10 pips)、リミット(指値)を1.12898(20pips)としました。FXでストップとリミットの価格の決定に役立つ有効なインジケーターはアベレージ・トゥルー・レンジ(ATR)で、市場のボラティリティを利用して新規注文と決済注文のポイントを決めます。

リスク・リターン比率を念頭に置くことで、トレーダーの期待値を管理することができます。これは重要なことで、DailyFXがおこなった数々の調査によると、不適切なリスク管理は、トレーダーが犯す1番の間違いであることが証明されています。

成功しているトレーダーの特長
成功しているトレーダーの特長
推薦者: Warren Venketas
成功しているトレーダーの特長
ガイドを入手

EUR/USD、1:2のリスク・リターン比率:

FXの失敗例6:感情的な取引

感情的な取引をおこなうと、非合理で失敗しやすい取引につながります。トレーダーは取引で負けると、前回の損失を補うために追加のポジションを建てることがよくあります。これは、テクニカル的にもファンダメンタルズ的にも根拠がないことがほとんどです。このような取引を避けるためにトレードプランがあるのですから、そのプランに忠実にしたがいましょう。

FXの失敗例7:大きすぎるポジションサイズ

ポジションサイズは、すべての取引戦略において極めて重要です。トレーダーの多くは、口座残高に対して不適切なポジションサイズで取引をおこなっています。その結果、リスクが高まり、口座残高を吹き飛ばす可能性があります。DailyFXでは、口座残高合計の最大2%にリスクを抑えることをおすすめしています。例えば、口座残高が10,000ドルの場合、リスクは1回の取引で最大200ドルに抑えます。トレーダーがこのルールを守れば、口座が過剰なリスクにさらされることはなくなります。市場で口座を過剰なリスクにさらすことは非常に危険です。

FXの失敗例8:多数の市場で取引をおこなう

市場を限定して取引をおこなうことで、トレーダーはその市場に精通するために必要な経験を積むことができます。初心者FXトレーダーの多くは、複数の市場で取引をしようとしますが、十分な知見がないため成功しません。これは必要であれば、デモ口座でおこなうべきことです。ノイズ取引(非合理的な取引)とは、トレーダーが様々な市場において、適切なファンダメンタルズ分析・テクニカル分析で正当化できない取引をおこなうことです。例えば、ビットコインについては、2018年のブームでは多数のノイズトレーダーが間違ったタイミングで取引をおこないました。残念ながら、トレーダーの多くは市場サイクルの「FOMO(乗り遅れることに対する恐怖)やユーフォリア」の段階でポジションを保有したため、大きな損失を出してしまいました。

FXの失敗例9:トレードの見直しをしない

トレード日記を頻繁に使用することで、トレーダーは成功した局面も、戦略上の欠陥がある箇所も、見極めることができます。これにより、トレーダーは市場に対する全体的な理解を深め、将来に向けた戦略を強化することができます。トレードを見直すと、失敗だけでなく、利益につながる側面も明らかになり、ここは常に強化し続けなければならないのです。

自信を持って取引できるようになるために
自信を持って取引できるようになるために
推薦者: Warren Venketas
自信を持って取引できるようになるために
ガイドを入手

FXの失敗例10:不適切なブローカーの選択

世界には数多くのCFDブローカーが存在しているため、その中から自分に合ったブローカーを選ぶのは困難です。ブローカーに口座を開設する前に、財務の安定性と適切な認可を受けているか確認しておきましょう。情報はブローカーのウェブサイトで簡単に見ることができます。多くのブローカーは、米国(商品取引法)や英国(FCA)などの厳格な法律での規制を回避するために、規制が弱い国で認可を受けています。

安全性が第一ですが、快適なプラットフォームや執行のしやすさもブローカー選びのポイントとなります。プラットフォームや取引コストの計算に慣れるためには、本物の資金で取引をする前に十分な時間をかけて練習する必要があります。

FXの失敗例:まとめ

本番口座でトレードをおこなう前に、FXの正しい基礎知識を身につけることが大切です。時間をかけてFXの「やるべきこと」と「やってはいけないこと」について学べば、将来的にためになるでしょう。トレーダーは誰でも失敗するものですが、失敗を最小限に抑え、何度も繰り返さないようにし、想定どおりの行動をとる必要があります。この記事の主な焦点は、適切なリスク管理と見直しのステップを備えたトレードプランにしたがうということです。

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。

広告