メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

無料トレードガイド
購読する
Please try again
Select

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー・イベント

0

通知を受け取る

ライブウェビナーイベント
経済指標カレンダー・イベント

もっと見る もっと見る
初心者OK!ボリンジャーバンドを使ったFXのスキャルピング手法

初心者OK!ボリンジャーバンドを使ったFXのスキャルピング手法

Warren Venketas, アナリスト

共有する:

広告
このページの内容

デイトレードでボリンジャーバンドを使用するのは一般的ではありませんが、一部のデイトレーダーはその戦略でボリンジャーバンドを活用しています。これは、アジア時間中にもみ合いになりがちな相場環境でトレードをする、ボリンジャーバンドを使ったスキャルピングテクニックの基礎となります。

本稿では以下の点について解説します。

  • ボリンジャーバンドをFXのトレードで使用する理由
  • FXのスキャルピングにおけるボリンジャーバンドの使用方法
  • ボリンジャーバンドを使用するFXのスキャルピングの利点と欠点
成功するトレーダーの特長
成功するトレーダーの特長
推薦者: Warren Venketas
成功するトレーダーの特長
ガイドを入手

ボリンジャーバンドをFXのトレードで使用する理由

ボリンジャーバンドを使用することにより、トレーダーは金融マーケットでのトレードにおいてさまざまな手法を利用できます。これにはデイトレード、トレンドフォロー、ブレイクアウト、さらにボリンジャーバンドと他のテクニカル指標を組み合わせた手法が含まれます。ボリンジャーバンドは適用性が高く、初心者からエキスパートまで多くのトレーダーに人気があります。

ボリンジャーバンドは1980年代にジョン・ボリンジャーが考案しました。ボリンジャーバンドは価格のボラティリティに焦点を当て、すべての金融マーケットのトレードに利用できます。

FXのスキャルピングにおけるボリンジャーバンドの使用方法

EUR/GBPを使用したボリンジャーバンドのスキャルピングの例

下のEUR/GBPの5分足チャートは、比較的ボラティリティの低い(狭いバンド)日中のボリンジャーバンドスキャルピングシステムを示しています。このシステムには標準の20期間、2標準偏差の設定を使用します。期間は毎日グリニッジ標準時午後6時から朝6時(日本時間の午前3時から午後3時)にしています。

毎日この時間に調整局面(もみ合い)の期間が繰り返される傾向があるため、戦略に合わせて時間を調整してトレードをするのです。このシステムではボリンジャーバンドの上限と下限がそれぞれサポートラインとレジスタンスラインの水準として機能します。

チャート上でサポートバンドは買いの機会を見極め、レジスタンスバンドは売りのシグナルを見極めることができます。これらの領域は、トレードの方向により保有ポジションをクローズする水準としても使用することができます。このシンプルな戦略は、さまざまな状況で使われるボリンジャーバンドのもう一つの便利な方法です。

ボリンジャーバンドを使用するFXのスキャルピングの利点と欠点

利点欠点
初心者トレーダー含め誰でも活用しやすい戦略ボリンジャーバンドを使用するデイトレードはボラティリティの低い相場でのみ機能する
他の補助の指標を必要としない比較的小さなリスク・リワード比率

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。

広告