本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読
Please try again
EUR/USD
強気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
原油 – 米国原油
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
GBP/USD
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
USD/JPY
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
トレードの基礎知識 / 初心者のためのFX 4 / 11
外国為替の歴史とFXの始まりをわかりやすく解説!

外国為替の歴史とFXの始まりをわかりやすく解説!

DailyFX, Research
広告

不換紙幣を交換する外国為替取引の歴史は古く、バビロニア時代にまでさかのぼると考えられています。今日では、外国為替市場は世界で最も規模が大きく、流動性も高いことから、アクセスしやすい市場のひとつになっています。外国為替市場はブレトンウッズ体制や本位制など、いくつかの重要な国際的な出来事によって形成されてきました。

FXトレーダーにとって、外国為替取引の歴史や市場を形成してきた重要な歴史上のイベントを理解することは大切です。なぜなら、同じようなイベントが異なる形で、しかも似たような現象をともなって再び発生し、トレーディングの展望に影響を与える可能性があるからです。歴史は繰り返されるものなのです。

外国為替取引の歴史:すべてが始まった場所

物々交換は最も古い交換方法で、紀元前6000年にメソポタミアの部族が導入したのが始まりです。物々交換のシステムでは、商品を他の商品と交換していました。その後、物々交換のシステムは発展し、塩や香辛料などの商品が交換手段として普及していきました。これらの商品と物々交換をするために船が出され、初めての外国為替取引がおこなわれました。やがて、紀元前6世紀には最初の貨が作られました。金貨が通貨として機能したのは、携帯性、耐久性、可分性、画一性、供給制限、受容性といった重要な特性を持っていたからです。

金貨は交換手段として広く受け入れられるようになりましたが、重さがあるため実用性に難がありました。1800年代においては、各国は金本位制を採用していました。金本位制とは、政府が紙幣をいくらでも金と交換することを保証するものです。金本位制は第一次世界大戦まではうまく機能していましたが、欧州諸国は戦争のために金本位制を停止して通貨を増刷しなければなりませんでした。

この時点から1900年代初頭にかけて、外国為替市場は金本位制に支えられていました。各国が貿易をおこなっていたのは、受け取った通貨を金に換えることができたからです。しかし、金本位制は、世界大戦の間に持ちこたえられなくなりました。

外国為替市場を形成した重要な歴史的イベント

歴史を振り返ると、外国為替の取引環境に大きな影響を与える重要な出来事 が起こっています。ここではその一部を紹介します。

ブレトンウッズ体制 1944年~1971年

Sign showing the Bretton Woods monetary conference

外国為替市場の最初の重要な変革であるブレトンウッズ体制は、第二次世界大戦末期に確立されました。米国、英国、フランスは、新たな世界経済秩序を設計するために、ニューハンプシャー州ブレトンウッズで開催された連合国国際通貨金融会議に出席しました。この場所が選ばれたのは、当時、米国が戦争で無傷だった唯一の国であったためです。欧州では主要国のほとんどが壊滅状態にありました。第二次世界大戦によって、米ドルは1929年の 株式市場の暴落で破綻した通貨から、多くの国際通貨と比較される世界の基軸通貨になりました。

ブレトンウッズ協定は、世界経済が自律的に回復するための安定した環境を作るために締結されました。これを実現するために、調整可能な固定相場の外国為替市場が創設されました。調整可能な固定為替相場とは、ある通貨を他の通貨に対して固定する為替制度のことです。各国は自国の為替レートを 米ドルに「固定」しました。米ドルは当時、世界で最も多くの準備金を保有していたため、に固定されていました。そのため、各国は米ドルで取引をするようになったのです(米ドルが世界の基軸通貨になったのもこうした理由からです)。

しかし、ブレトンウッズ協定でも、結局金と米ドルを固定することに失敗しました。それは、政府の貸付と支出の増加によって米ドルの流通量が増えたため、米ドルの流通量を裏付けるだけの金が不足したからです。1971年、リチャード・M・ニクソン大統領はブレトンウッズ体制を廃止し、米ドルは外国通貨に対して自由に変動するようになりました。

自由変動相場制の始まり

Small globe against a cliffside backdrop

ブレトンウッズ協定後に発足したスミソニアン協定は1971年12月に締結されましたが、この協定も似ていたとはいえ、通貨の変動幅は拡大されました。米国は米ドルを1オンス38ドルの金で固定し、ドルの切り下げを実現しました。スミソニアン協定では、他の主要通貨は米ドルに対する変動幅は2.25%となり、米ドルは金にペッグ(固定)されました。

1972年、欧州共同体は米ドルへの依存からの脱却をはかりました。そして、西ドイツ、フランス、イタリア、オランダ、ベルギー、ルクセンブルグの5カ国で「欧州の共同フロート制」が設立されました。どちらの協定もブレトンウッズ協定のような失敗を繰り返し、1973年に崩壊しました。このような失敗を経て、自由変動相場制に正式に移行されたのです。

プラザ合意

1980年代初頭、米ドルは他の主要通貨に対して大きく上昇していました。このため、輸出企業は厳しい状況におちいり、続いて米国の経常収支は対GDP比3.5%の赤字となりました。1980年代初頭に始まったスタグフレーションに対応するため、ポール・ボルカー議長は金利を引き上げ、米ドル高(およびインフレ率の低下)を引き起こしましたが、その代償として米国産業の国際市場での競争力が低下しました。

米ドルの重みに耐えられず、債務を抱えていた第三世界の国々は圧迫され、米国の工場は外国の競争相手に対抗できずに閉鎖されました。1985年、米国、英国、フランス、西ドイツ、日本という世界最強の経済力を持つG5が代表を送り込み、ニューヨークのプラザホテルで極秘裏に会合を開くことになりました。この会議の内容がリークされたため、G5は米ドル以外の通貨の上昇を促す声明を出すことになりました。これは「プラザ合意」と呼ばれ、その影響で米ドルは急落しました。

こうした新しい通貨取引の世界で、トレーダーが利益の可能性に気づくのに時間はかかりませんでした。政府が介入しても変動の度合いが大きく、変動すれば利益が出ます。このことが明らかになったのは、ブレトンウッズ体制の崩壊から10年余り後のことです。

ユーロの発足

Euro banknotes in denominations of 50

第二次世界大戦後、欧州では域内の国々の結束を深めるために多くの条約が結ばれました。1992年に結ばれた「マーストリヒト条約」は、会議が開催されたオランダの都市名にちなんで「マーストリヒト条約」と呼ばれていますが、これほど実を結んだ条約は他にはありません。この条約により欧州連合(EU)が発足され、通貨ユーロの誕生につながり、外交・安全保障に関する取り組みを含む全体的な枠組みができました。この条約は何度も改正されてきましたが、ユーロの創設によって欧州の行や企業は、グローバル化する経済の中で為替リスクを排除できるという明確なメリットを得ることができました。

オンライン・トレーディング

1990年代には、人々のお金に対する見方や使い方が変わってきたため、通貨市場はかつてないほど高度かつ迅速に成長しました。ほんの数年前までは、トレーダー、ブローカー、電話を駆使しなければ正確なレートを把握できませんでしたが、その頃には家で自分でボタンをクリックするだけで知ることができるようになりました。このような通信の進歩は、かつての分断が資本主義とグローバリゼーションに取って代わられた時代(ベルリンの壁とソビエト連邦の崩壊)に起こりました。

外国為替においては、すべてが一変しました。これまで全体主義的な政治体制の中で遮断されていた通貨が取引されるようになったのです。東南アジアに代表される新興市場は繁栄し、資金が流入し、通貨の投機が盛んにおこなわれました。

1944年以降の外国為替市場の歴史は、自由市場の典型的な例を示しています。競争力によって、飛びぬけた流動性を持つ市場が生まれました。スプレッドは、信頼できる参加者間のオンライン競争が激化したことで、劇的に低下しました。大口取引をおこなう個人が、国際的な銀行や企業と同じ電子通信ネットワークを利用できるようになったのです。

外国為替取引の現状と今後の展望

今では、外国為替市場は世界最大の市場です。市場では1日に5兆を超える取引がおこなわれています。外国為替の未来は不確実性に覆われており、常に変化しているため、FXトレーダーにとっては果てしないチャンスが存在します。

進化する市場でFXトレーダーが成功するためには、常に時代の先端を行く必要があります。DailyFXのニュースと分析は、最新のFXに関するイベントなどを網羅してトレーダーに提供しており、ライブ外国為替レートでは、リアルタイムの通貨データがまとめて表示されています。毎週開催される無料の トレードウェビナー(英語)では、信頼性の高い専門家によるFXの見通しをご覧いただけます。

FX初心者の方は、基礎を学ぶために、無料でご提供している初心者のためのFXガイドのダウンロードをおすすめいたします。

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。

広告