本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読
Please try again
EUR/USD
強気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
USD/JPY
弱気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
トレードの基礎知識 / 初心者のためのFX 5 / 11
外国為替市場の規模と取引量、FXトレーダーの優位性も解説!

外国為替市場の規模と取引量、FXトレーダーの優位性も解説!

Warren Venketas, アナリスト
広告

外国為替市場の規模と取引量に関するポイント:

  • 外国為替市場は、世界最大かつ最も流動的な市場である
  • 米ドル は外国為替取引の大半を占めている
  • 外国為替市場における厚みのある流動性は、瞬時に市場へのエントリーとエグジットができるというFXトレーダーにとっての優位性がある

外国為替市場 はその規模と厚みにより、理想的な取引市場となっています。その流動性の高さから、トレーダーは絶えず通貨を売買できるのです。そして、有利な為替レートの提示に対するタイトなスプレッドが実現されています。外国為替市場は、「低コスト」、「様々な市場を網羅する範囲の広さ」、「柔軟な取引時間」により、世界で最も高頻度で取引されている市場となっています。この記事では、外国為替市場の巨大さを解明していくことで、その背後にある仕組みをマクロ視点で理解することができるようになります。最後まで読んでいただくと、初心者から経験豊富なトレーダーまで、外国為替取引の基礎知識をしっかりと身につけることができます。

外国為替市場の規模とその取引量

2016年に公表された国際決済行の3年ごとの報告書によると、外国為替市場の1日当たりの平均取引量は5.1兆ドルでした。今回の数値は、2013年に調査された前回の報告書の5.4兆ドルから減少しています。外国為替取引の取引量の大部分はほんの数か国で占められています。下のグラフは、世界の主要なグローバル・トレーディングデスクの平均取引量に占める割合を示したものです。

トレーダーの視点から見ると、外国為替の取引量が多く、大規模な取引が市場の価格にそれほど大きな影響を与えないため、ボラティリティーが低くなります。小規模な市場では、大手の融機関やトレーダーがもたらす影響をたやすく受けてしまう可能性がありますが、外国為替市場ではその影響は比較的小さなものと言えます。

外国為替市場は、いくつかの主要関係者で構成されています。最も影響力があるのは銀行です。インターバンク市場は、通貨市場の中で最も多くの外国為替取引がおこなわれています。これには、銀行間の取引、顧客のための取引、金融機関のトレーディング・デスクが行う取引が含まれます。この市場において大半のシェアを占めているのは米国の銀行です。そして、各国中央銀行、投資マネージャー、ヘッジファンド、企業、そして個人トレーダーが市場の残りの部分を占めています。この取引量の約90%は、日々の値動きを利用する投機筋によるものです。

個人トレーダーとして取引戦略で成功するには、巨大な外国為替市場の規模を把握し、その中でそれぞれの要素がどのように相互に関係しているかを理解することが不可欠です。

外国為替の取引量(通貨ペア別ランキング)

他の市場のトレーダーが外国為替に魅力を感じるのは、その極端に高い流動性のためです。流動性が重要な理由は、トレーダーは1日24時間、週5日半、容易にポジションを構築して手仕舞いすることができるからです。流動性の低い市場で起きてしまうような大きな価格変動が生じることなく、大量の取引量で市場にエントリーして、エグジットすることができます。つまり、買い手がいないからといって、ポジションを全く構築できないということはないのです。このように流動性があるため、それぞれの 取引時間帯から別の取引時間帯へ、そして1つの通貨ペアから別の通貨ペアへと変えることができます。

最も取引量が大きい通貨ペアは、EUR/USDユーロ/米ドル)とUSD/JPY(米ドル/日本円)で、年間の外国為替取引の約41%をも占めています。これは、外国為替市場全体の規模を考えると、驚異的な割合です。もうひとつの意外な事実としては、下の図に反映されている通貨ペアのほとんどが米ドルのクロスであることです。

米ドルは、外国為替の取引量の85%を占めています。取引量の40%近くを占めるユーロがそれに続き、3位は日本円で20%程度です。取引量はほぼ米ドルに集中していることから、ユーロと円のFXトレーダーは、いくつかの主要なペアに注目するだけで済みます。さらに、流動性が高い外国為替市場では、長期の明確なトレンドが形成されやすいという特徴があります。また、テクニカル分析やチャートを使った分析に適しています。

外国為替市場の取引量を有利に生かすには

外国為替市場の巨大な規模と取引量から得られるメリットを享受するには、自分の取引スタイルに合った分析方法や組み合わせを検討する必要があります。基礎レベルでは、トレーダーは以下のような外国為替取引の柱を理解することが大切です。

  • ファンダメンタルズ分析: 通貨は市場で売買されるため、需要と供給の関係を見ることができます。これがいわゆるファンダメンタルズ分析です。金利、経済成長、雇用、インフレ、政治的リスクなどは、通貨の需給に影響を与えうる要因となります。
  • テクニカル分析:価格チャートは、数々のストーリーを物語っていて、多くのFXトレーダーは、チャートを頼りに取引の意思決定をしています。チャートの読み方を知っていれば、トレンドのほか、エントリーやエグジットの指標となる価格帯を読み取ることができます。
  • 資金管理: トレーディングに資金管理は不可欠です。すべてのトレーダーは、自分の潜在的なリスクとリターンを測る方法を把握する必要があり、資金管理をすることでエントリー、エグジット、ポジションサイズを判断します。FXトレーダーは、これらを様々な形で用いて、自分に合った戦略を立てています。この中枢システムのバランスが取れれば、専門性を高めることに目を向け、政治、金融・財政政策などの最新情報を入手し、手元にある情報に基づいて判断することで、スキルを磨いていくことができます。テクニカルトレーダーは、様々なインジケーター/描画を活用し、これらのテクニカル分析のシグナルに基づいて取引をおこないます。また、クライアントセンチメントをみれば、リバーサル、市場のエントリーとエグジットの可能性について、市場の内部状況がわかります。毎週開催されるトレード・センチメント・ウェビナー(英語) や、IGクライアントセンチメントレポートをご覧ください。

外国為替市場に関する知識を深めるための資料

  • FX初心者初心者のためのFX取引ガイドダウンロードしてご覧ください。
  • ライブ配信のトレードウェビナー(主に英語)は登録すると無料でご視聴いただけます。このウェビナーでは、中央銀行の動向、通貨ニュース、テクニカルチャートのパターンなど、外国為替市場に関連する様々なトピックを取り上げています。
  • 経済指標カレンダーでは、主要なニュースイベントや経済指標発表の日程がご覧いただけます。
  • トレードを成功させるには、健全なリスク管理と自己管理が必要です。自分の新規ポジションについて、どの程度の資金をリスクにさらすべきかをご覧ください。
  • 成功するトレーダーの特長ガイドでは、成功しているFXトレーダーの秘訣を紹介しています。こちらもご覧になることをおすすめいたします。

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。

広告