メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

無料トレードガイド
購読する
Please try again
Select

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー・イベント

0

通知を受け取る

ライブウェビナーイベント
経済指標カレンダー・イベント

もっと見る もっと見る

カナダドル/スイスフラン

カナダドルとスイスフランの為替レートです。このレートは、1カナダドル(「基軸通貨」)の価値をスイスフラン(「決済通貨」)で表しています。カナダは原油をはじめ、天然資源を大量に輸出しているため、カナダドルは「コモディティ通貨」とみなされることが多く、そのため世界経済の成長見通しにおけるトレーダーの動向に大きく影響を受けます。その一方で、スイスはプライベートバンクでの資産保護を目的とする海外富裕層から、資産の安全な避難先とみなされてきた歴史があります。CAD/CHFは経済成長に連動する高利回り通貨と安全志向で低利回り通貨の組み合わせの代表例でもあり、キャリートレードによく使われます。

広告

経済指標カレンダー

LOW
実績値:
予想値:
前回:
修正値:
過去データ
前回修正:
概要

関連銘柄

関連ニュースと分析

ニュース&分析

市場ニュース

もっと見る

トレード戦略

金価格、銀価格のテクニカル分析:金は新境地開拓、銀は買われ過ぎの領域
金価格、銀価格のテクニカル分析:金は新境地開拓、銀は買われ過ぎの領域
2024-04-11 14:30:11
米CPIの加速を受け、貴金属相場はやや軟調に推移している。金価格と銀価格は現在、重要なレジスタンスレベルを試している。このレポートでは金、銀価格の目先の値動きをテクニカル面から分析し、わかりやすく解説する。
NY金、4日連続史上最高値ならず。米国CPIの反撃。金価格の見通し
NY金、4日連続史上最高値ならず。米国CPIの反撃。金価格の見通し
2024-04-11 03:15:00
NY金スポット価格は、4営業日ぶりに下落。強い米国CPIを受け、米金利が上昇したことが、下落要因となった。3月以降、ゴールドと米金利の関係に変化が。テクニカル面でも注目すべき動きが見られる中、金価格の今後の見通しとは。
米ドル/スイスフラン IG クライアントセンチメント:IGCS指標によれば、米ドル/スイスフランが0.92の水準近辺で取引された9月 26以降、トレーダーが保有する米ドル/スイスフランのネットロングは現在最も少なくなっています。
米ドル/スイスフラン IG クライアントセンチメント:IGCS指標によれば、米ドル/スイスフランが0.92の水準近辺で取引された9月 26以降、トレーダーが保有する米ドル/スイスフランのネットロングは現在最も少なくなっています。
2024-04-10 15:23:37
それでも、トレーダーは昨日および先週と比べてネットロングを減らしています。トレーダーがネットロングのポジションを維持しても、最近のセンチメントの変化は現在の米ドル/スイスフランの価格トレンドがすぐに上向きに転換する可能性を示唆しています。
もっと見る

フォーキャスト

カナダドル月間見通し:FRBに翻弄?原油の援軍は
カナダドル月間見通し:FRBに翻弄?原油の援軍は
2023-09-09 01:00:00
カナダドルは投資家のリスク回避姿勢が強まる中、8月に対ドルで下落した。9月も引き続きカナダドルの下落基調が続いている。カナダ中銀の金融政策決定会合を通過した中、カナダドル相場はFRBの金融政策の影響を受けると見込むが、カナダドルの対円、対ドルでの今後の見通しとは
カナダ中銀の決定会合を控える中、カナダドルの見通しは?
カナダ中銀の決定会合を控える中、カナダドルの見通しは?
2023-07-09 21:45:00
カナダ銀行(中央銀行)は12日に金融政策決定会合を開催。前回会合で予想外に利上げを実施した。金融政策を巡る不確実性が高まっている中、カナダの雇用統計が公表されたものの、まちまちの結果であった。金融政策決定会合に向けたカナダドルの見通し(対米ドル、対円)は?
カナダドル見通し:カナダドル、どこまで昇る?
カナダドル見通し:カナダドル、どこまで昇る?
2023-06-26 23:19:00
カナダ銀行(中央銀行)は7月に金融政策決定会合を開催。前回会合で予想外に利上げを実施しており、金融政策を巡る不確実性が高まっている。金融政策の動向次第でカナダドルは大きく動きやすい地合いである。このような中、金融政策を占う上で重要なインフレ率が公表。カナダドルにも大きな影響を及ぼし得るが、カナダドルの対円、対USドルでの見通しは?
もっと見る

アナリストセレクション

もっと見る
広告

関連銘柄

1

時計のアイコン 1日
最終更新: Apr 12, 2024

2

強気
時計のアイコン 1日
最終更新: Apr 12, 2024

3

時計のアイコン 1日
最終更新: Apr 12, 2024