メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読する
Please try again
ウォール街
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
弱気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
USD/JPY
強気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
原油相場見通し|2023年第1四半期のテクニカル分析

原油相場見通し|2023年第1四半期のテクニカル分析

James Stanley, 寄稿者
原油相場見通し
原油相場見通し
推薦者: James Stanley
原油見通しを無料で入手
ガイドを入手

WTI原油は75ドルが意識されている

2022年の原油の値動きは、一つの巨大な「同時線」だった・・・。

原油価格は、チャート上の非常に重要な価格である1バレルあたり75ドル付近で年初を迎えた。この価格は2006年にレジスタンスラインとして現れ、それ以来、原油価格のレンジにおける中間点のような役割を担っている。そして2022年、この水準は同時線が形成される基礎となった。

WTI原油(年足チャート)

image1.png

TradingViewでチャート作成:シニアストラテジスト ジェームズ・スタンリー

この同じ場所が2011年にサポートラインとなり、2018年には5ヶ月間にわたって再びレジスタンスラインとなり、2020年4月の暴落前の高値の形成につながったのである。そして、強気派が価格を押し戻していた2021年7月に75ドルがレジスタンスラインとなり、昨年末までの原油の高値維持に貢献した。この水準はWTI原油にとって重要な水準であり、過去14年間ずっとそうであった。

今年に入り、新たなリスク要因が顕在化し始めたが、それは原油に関連していた。ロシアがウクライナに侵攻したことで、世界の供給が圧迫され、価格は急騰し、最終的には130ドルという13年ぶりの高値を付けた。このため、すでに悪化していた状況がさらに目に見えて悪化し、インフレが問題視されるようになった。米国では、棚に並んでいるほとんどすべての製品を輸送する必要があり、原油価格の上昇はこれらの製品の輸送コストの上昇を意味するため、原油価格によるインフレ発生の影響は深刻である。

このことが米国国家備蓄を放出する十分な政治的動機となり、価格の引き下げにつながった。

2022年の原油価格を見てみると、実に2つのトレンドがあることが分かる。一つは戦争と恐怖が燃え上がる中、75ドルから130ドルまで上昇したことである。これは3月の高値と5月のより安い高値を形成し、今年の最初の5カ月を占めている。そして、もう一つは今年の後半に、SPRがマーケットへの供給を押し上げたため、価格が75ドルにまで後退したことだ。

WTI原油(月足チャート)

image2.png

TradingViewでチャート作成:シニアストラテジスト ジェームズ・スタンリー

テクニカル分析による原油相場の見通し:中立だが強気の可能性

今年3月に高値を付けた後に下押ししたが、その売りが下降ウェッジの形で表れると、保ち合いが維持された。この形成は、75ドルのサポートラインに起因すると思われる。買い手は9月に勢いを取り戻し、11月にサポートラインを維持したため、安値での売りが和らぎ、一方、売り手は高値やレジスタンスライン付近で原油価格を叩くことが続いたのである。

下降ウェッジは多くの場合で強気の反転を狙ってアプローチされ、2023年第1四半期に原油でそうなる可能性はある。

とはいえ、弱気トレンドが終わったという証拠はまだない。また、需要への懸念が予想されることから、強気派が最終的に主導権を取り戻すまで、弱気派をもう少し後押しする可能性のあるファンダメンタルズも存在する。

第1四半期の原油のテクニカル分析による見通しは中立に設定されるだろう。

WTI原油(週足チャート)

image3.png

TradingViewでチャート作成:シニアストラテジスト ジェームズ・スタンリー

原油相場見通し|2023年第1四半期のガイドブック【完全版】をダウンロードする

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。