メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読する
Please try again
もっと見る もっと見る
トレード戦略とリスク管理 / マーケットの状況を把握しよう 3 / 5
FXのブレイクアウトとは?簡単な見つけ方や注意点を解説!

FXのブレイクアウトとは?簡単な見つけ方や注意点を解説!

James Stanley,
広告

トレーディングと分析におけるブレイクアウトの特性

前回のセクションでは、レンジ相場の状況と平均回帰の戦略について解説した。前回解説したように、相場はトレンドが発生しているか発生していないかによって、その状況の大部分が構成される。そして、その次に発生したトレンドとレンジ・平均回帰の移行段階はブレイクアウトと呼ばれる。ブレイクアウトは、相場が高値または安値を更新するタイミングで発生し、ゆっくりとした変動の少ない値動きの後に出現することが多い。

ブレイクアウトは強いモメンタムがあるため、非常に注目される。トレードの基本にもつながることだが、ブレイクアウトによって新しい値動きが出現する背景は、買い手と売り手が新たな情報をもとに価格を決定することだ。それにより、高値や安値が更新されて、積極的な値動きにもつながる。

ブレイクアウトトレーディングの基礎
ブレイクアウトトレーディングの基礎
推薦者: James Stanley
ブレイクアウトトレーディングの基礎
ガイドを入手

だが、この展開には欠点がある。それは、ブレイクアウトは予測不可能であることだ。レンジや平均回帰の相場をみているトレーダーがブレイクアウトの理論でアプローチする理由は、分析にもとづいたパラダイムを変えるような新しい値動きを期待しているからである。そのため一般的に、ブレイクアウトは確率の低いイベントとしてアプローチされることが多い。

ただし、これは必ずしも否定的なアプローチではない。ブレイクアウトが成立した場合、相場の大きな変動要因となり、それが魅力の1つとも言えるからだ。そのため、ブレイクアウトを試しても継続しない可能性が高いトレードにおいて損失を効果的に管理できれば、戦略の成功率が25〜30%の場合でも利益を生み出せる可能性が残されている。もちろん、リスクリワード比率が高く、リスクに見合うリターンを得られるかどうかが重要だ。つまり、ブレイクアウト戦略では通常比較的厳密なリスク管理が重視され、ブレイクアウトが続かない場合には損失の軽減を優先させることが可能である。

FXにおけるブレイクアウトとは

ブレイクアウトとは、保ち合いの期間後に新たな高値または安値を更新することを指す。さらに、ブレイクアウトは日足や週足と同様に、1分足チャートにも存在する。だが、短いタイムフレームには常にノイズが存在するため、トレーダーは短期間のアプローチでは1時間以上、長期間のアプローチでは1日以上の時間軸を利用することが多い。

以下の米ドル/スイスフランの日足チャートでは、サポートラインとレジスタンスラインが長期間に渡り値動きを維持したため、グレーで表示されたレンジ内で価格が推移している。買い手と売り手の双方により価格のバランスが維持されて、価格が均衡していることを確認できる。

最初のブレイクアウトは緑色で表示されている。レンジ相場を最初に破った値動きは、ブレイクアウト戦略において重要な局面である。

価格が以前のレンジに引き戻された後、ブレイク前の強気のトレンドラインがサポートラインとなっている。これにより、トレンドライン(赤色のボックス)での反転をベースにしたトレンド戦略が有効になり、その後、買い手が再び上値を押し上げて、直後に高値を更新している(青色のボックス)。

米ドル/スイスフラン 日足チャート

米ドル/スイスフラン 日足チャート(2021年7月〜2022年4月) ジェームズ・スタンリー作成

FXでブレイクアウトを簡単に見つける方法

レンジとトレンドのように、トレーダーは指標と値動きのどちらかを用いてブレイクアウトを探すことが可能だ。だが、値動きによるアプローチはかなり主観的と言える。そのため、多くのトレーダーは、指標による客観的なフレームワークを利用することで、主観的な判断を避けている。

ブレイクアウトの可能性を見つけるために役立つ指標の1つが、トレンドの強さを測定するADX(平均方向性指数)である。トレーダーは「新しい」トレンドやテーマを探しているため、レンジトレーダーと同様にADXが30などの数値を下回る環境に焦点を当てるとよいだろう。

テクニカル分析入門

テクニカル分析について

推薦者: James Stanley

コースを始める

以下の米ドル/スイスフランの日足チャートでは、ADXを追加している。レンジとそれに続くブレイクアウトの期間中は、常にADXが30を下回っていることが確認できる。

米ドル/スイスフラン 日足チャート

米ドル/スイスフラン 日足チャート(2021年7月〜2022年4月) ジェームズ・スタンリー作成

FXでは経済指標の発表前後のブレイクアウトに要注意

多くの初心者トレーダーがおちいる失敗として、大きなニュースやイベントの前後でブレイクアウトを探すことが挙げられる。特にFXや先物に関連しており、株式マーケットはマーケットの取引時間外に決算発表などの主要な要因を発表することが多い。だが、FXの通貨ペアや先物の場合、中央銀行からの発表やインフレ・雇用に関するデータ発表などは、取引時間中に高いボラティリティを生み出す可能性がある。

これらの要因はブレイクアウトを引き起こす可能性もある。だが、多くの情報がマーケットに織り込まれた後、価格が反転する前に一時的にレジスタンスラインを突破するなど、非常に混乱した状態になる可能性もある。ニュースやイベントの前後におけるトレードは、流動性が低くなることが多く(マーケットメーカーはこのような展開においてリスク回避的であることが多い)、急激な値動きが発生する可能性があるため、初心者トレーダーにとって特に危険な状況と言える。

経済指標カレンダーは、ニュースが発表される時期や、その発表がどの程度の影響を及ぼすのかを把握し、また最新の情報を得るために非常に役立つだろう。

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。

広告