本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読
Please try again
USD/JPY
弱気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
FXにおける中国の影響:ASEAN諸国の経済的エンジンとしての中国

FXにおける中国の影響:ASEAN諸国の経済的エンジンとしての中国

Daniel Dubrovsky, ストラテジスト
広告

中国とASEANの関係:FXにおけるシンガポールドル、インドネシアルピア、マレーシアリンギット、フィリピンペソなどへの影響 – ポイント

  • 中国の成長率の変化がASEAN諸国のFX:SGD、IDR、MYR、PHPに与える影響
  • 貿易戦争と新型コロナウイルスが中国とASEANの関係に与える影響
  • 中国とASEANの関係と、中心国-周辺国モデルとの合致

ASEAN(東南アジア諸国連合)は、世界第2位の経済大国である中国の周辺国です。この連合はインドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポールなどの参加各国の経済成長の促進を目的としています。中心国-周辺国モデルをあてはめると、中国は経済大国(中心国)として機能し、ASEAN諸国(周辺国)はその成長の源を中国に大きく依存しています。

中国とASEANの関係:FXでは中国の成長率に注意

ASEAN諸国の貿易相手国トップ5を見たとき、中国は2018年平均でASEAN諸国の貿易額の3分の1を占めています。中国経済は成熟しつつあり、その経済成長の主たる源を輸出から内需へとゆるやかにシフトしつつあります。これにより、この東アジアの大国は、外的なショックに対する感応度がASEANの隣国諸国と比べて低くなっています。

ASEAN諸国の貿易に中国が占める割合

2008年の融危機の期間、マーケットの地合いはかなり悪化し、成長見通しのベースラインも低下しました。中国のGDP対前年比成長率は2007年の14%という高い水準から2009年には6%程度まで低下しました。景気後退の期間を通してASEAN諸国の通貨は下落しました。これはこの地域連合の経済的活力源である中心国における成長が鈍化する中、資本が周辺国から流出したためです。

成功しているトレーダーの特長
成功しているトレーダーの特長
推薦者: Daniel Dubrovsky
成功しているトレーダーの特長
ガイドを入手

これは、周辺国経済(ASEAN)は、景気サイクルに左右されやすい性質のため、中心国(中国)と比べて、外的ショックがその成長の過程を損なうリスクが大きいためです。中国経済は、内需中心の経済へとゆるやかにシフトしつつあり、このことはASEAN諸国のような外需主導経済と比べた場合に、外的ショックに対するより強固な保護を中国に提供します。

中国の成長が安定化の兆しを見せ始めると、好調な経済見通しの余波がASEANの隣国諸国にも及び、ASEAN諸国連合の資産へも多くの資本が流れ込み始めました。中心国からの楽観の兆候が周辺国の経済復興に希望のきらめきを与え、シンガポールドル、インドネシアルピア、マレーシアリンギット、フィリピンペソは、他の成長志向型の金融商品と共に軒並み上昇しました。

中国-ASEANの動態は、アジアの隣国諸国に対する中国元の強さを考慮すると一段と複雑さを増します。ユニークな状況の組み合わせにより、プライスアクションが中心国-周辺国モデルが示唆するパターンから外れる例が生じます。2008年の金融危機、2020年の米中貿易戦争および新型コロナウイルスのパンデミック中に明らかとなったこれらの動態を見ておくことで、今後の同じようなシナリオを乗り切り、中心国-周辺国の枠組みの想定を適用しないほうが良い状況に備えることができます。

中国とASEANの関係:FXへの影響のまとめ

  • 中心国-周辺国モデルは、不透明な時期には、資本が周辺国経済(ASEAN)から中心国(中国)へ流入することを示しています。
  • 逆に、リスク選好度が高くなると、資本は周辺国(ASEAN)経済へ流入し、その後それぞれの通貨を引き上げます。
  • ASEAN各国は輸出主導型で、経済ショックに対し脆弱であるのに対し、中国は内需に根差すモデルへと転換しつつあります。これにより中国は外的な経済的混乱から守られています。

-- DailyFX.com通貨アナリスト ダニエル・ドゥブロフスキー著

ドゥブロフスキー氏に連絡するには、下のコメント欄を使用するか、Twitterで@ddubrovskyFXまでお願いいたします。

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。

広告