本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読
Please try again
USD/JPY
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
トレードの基礎知識 / トレードと規律 9 / 13
FXのトレードにおける心理をコントロールして失敗を防ぐ方法を解説!

FXのトレードにおける心理をコントロールして失敗を防ぐ方法を解説!

Richard Snow, アナリスト
広告

FXのトレードの恐怖や欲のコントロールに関する心理のポイント

  • 恐怖と欲は、私たちの日常生活に影響を与える2つの要素である
  • このような感情はトレードにも悪影響を及ぼす可能性がある
  • 全体像を把握し事前に計画を立てることで、これらの要因を取り除くことができる

融市場を動かす主な要素は「恐怖」と「欲」であると言われています。このように言い切ってしまうのは単純すぎるかもしれませんが、実際に恐怖と欲はトレードの心理において重要な役割を果たしています。 このような感情をどのタイミングで受け入れるか、あるいは抑えるかを理解することが、トレードが成功するか即時に撤退してしまうのかの違いをもたらすことが十分にあります。

本記事では、恐怖や欲といった感情はどのような時に表面化するのか、対処するにはどうすべきなのかを詳しく説明します。

FXの恐怖や欲についての真実

「恐怖」や「欲」といった感情を抱くことはトレーダーにとって当たり前のことですが、適切にコントロールできなければ失敗の原因となります。恐怖心があるとトレードの開始をためらったり、利益の出ているトレードの手じまいが早すぎたりします。その一方で、欲が出るとマーケットの小さな動きから利益を得ようとして、勝っているトレードにさらに資金を追加したり過剰なレバレッジをかけたりすることがあります。

この2つの感情は様々な理由から起こり得ますが、論理的に分析すると欲と恐怖はどちらも人間が本来持っている生存本能に由来するものです。

恐怖とは

恐怖心は、人間に備わっている闘争や危機が迫った時の逃走本能と関係があります。それは何かの脅威を認識した時に反応する感情です。トレードに当てはめてみれば、トレーダーはポジションが逆に動くと取引口座が脅かされるような恐怖を感じるのです。

ポジションが不利に動くのを見ているうちに、その損失が現実のものになることへの恐怖心が生まれ、トレーダーは負けたポジションを必要以上に長く持ち続ける傾向があります。これは トレーダーが犯す一番の間違いトレーダーが犯す一番の間違いとはで解説していますが、DailyFXが成功するトレーダーの特長を明らかにするために行った3,000万回以上の本番口座でのトレードの調査で明らかにされました。

さらに、恐怖心がトレーダーを支配しがちなのはマーケットにエントリーする直前です。分析では強力なエントリーのタイミングが示されているにも関わらず、トレーダーは損失への恐れにとらわれてしまい、検討を重ねたのにトレードを放棄してしまうことがあります。

マーケットが暴落し、トレーダーが底値で買うことをためらっている時には同時に恐怖がつきまとってきます。このような状況下においては、マーケットがさらに下落してから上昇する機会を逃してしまうことを恐れて、トレードを開始しないことがよくあるのです。

欲とは

欲は恐怖とは心の動きが全く異なりますが、適切にコントロールしなければやはり問題が起こります。たとえば、トレードに勝ったタイミングで生まれ、マーケットがトレーダーに有利な方向に動き続けることを期待して同じトレードにさらに資金を投入してしまったりすることです。

また、欲というのはトレードに負けた時にも現れます。たとえば、ポジションがプラスになることを期待して負けているトレードにさらに資金を投入することによる「ナンピン」を決断する場合にも欲が出てきます。リスク管理の観点からは、この手法においてはマーケットがトレーダーに不利な動きを続けた場合すぐにマージンコールが発生する可能性があるため、非常にリスクが高いものになるのです。

欲という感情は、これまで金融市場で何度も登場しています。その中の一つが「ドットコムバブル」でした。個人がインターネット株をどんどん買い、価値が大きく膨んだ後にすべてが崩壊したのです。直近では、ビットコインの急激な価格の上昇が挙げられます。

FXのトレーダーが成功するための欲と恐怖のコントロール方法

自分の感情をコントロールしながら、恐怖や欲がトレードの判断や全体的な成功に影響を与えないようにするためには、いくつかの方法があります。

1)トレードプランを決める

トレードプランを設定することで、プランから逸脱するような感情的衝動を抑制します。例としては、「過剰にレバレッジをかける」「負けたポジションのストップを設定しない」「負けたポジションを倍にする」などが挙げられます。

2)ポジションサイズを抑える

「感情がトレードに与える影響を減らすための最も簡単な方法の一つが、ポジションサイズを小さくすることだ」 - ジェームズ・スタンレー(DFX為替ストラテジスト

これは、トレードにおける感情のコントロールという記事で説明している効果的なポイントの一つです。

また、デモ口座を活用することにより、規模が大きなトレードをおこなったとしても実際には金銭的なリスクがないため、寝不足になることはないと記事内で言及されています。しかしながら、大規模な本番口座を使用したトレードでの価格変動を目の当たりにすると、トレーダーは確実にストレスを感じるものです。このようなストレスは、誤った判断をして取引口座に悪影響を及ぼす可能性があるため、できるかぎりおさえることが重要です。

3)トレード日記をつける

トレーダーは、トレードの内容について振り返ることも必要です。これをおこなうための最良の方法はトレード日記をつけること。トレード日記は、自分のトレードの内容や成功したことを記録するだけではなく、失敗してしまった戦略を修整するためのサポートになります。トレードの結果を評価する際には、感情を排除して失敗した戦略を切り捨てることが重要なのです。

4)他者から学ぶ

DailyFXでは、トレーダーが過去に成功した方法を明らかにし、その特長を他のトレーダーが将来利用できるようになることを目指しています。その内容を成功するトレーダーの特長調査結果にまとめています。

今回の調査では、勝っているトレードが負けているトレードより多いにもかかわらず、平均して損失を出しているケースがあることから、トレードには感情が大きく影響していることがわかりました。全体のトレード結果では、負けているトレードの損失額が勝っているトレードの利益額を上回っていたのです。つまり、全体で見れば、トレーダーはマーケットが自分に有利な方向に動いた場合に受け取った利益よりも、マーケットが自分に不利な方向に動いた場合に被った損失の方が大きかったのです。

トレーダーは、この調査結果を参考に、トレードにおける恐怖と欲に対処していくことができるでしょう。また、デビッド・ロドリゲス氏はこう言っています。

「トレーダーの判断が正しい確率は50%以上だが、勝ったトレードでの利益よりも負けたトレードでの損失が大きい。トレーダーは ストップとリミットを活用してリスク・リターン比率を1:1以上にしなければならない。」

成功しているトレーダーの特長
成功しているトレーダーの特長
推薦者: Richard Snow
成功しているトレーダーの特長
ガイドを入手

トレード心理に関するその他の記事

  • トレードを成功させるには、感情をおさえることが大切です。詳しくは、トレードの感情をコントロールする方法をご覧ください。
  • トレーダーは1日に獲得するpipsを心理的な目標として定めることがあります。この記事では、トレーダーの心構えを紹介しています。
  • トレード日記をつけることで、自分の個人的な戦略に沿い続けることができます。
自信を持って取引できるようになるために
自信を持って取引できるようになるために
推薦者: Richard Snow
自信を持って取引できるようになるために
ガイドを入手

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。

広告