メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読する
Please try again
USD/JPY
混合
最終更新: Jan 30, 2023
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
薄商い下でドル下落、市場はFRBの見解に注目。ドル安は続くか?

薄商い下でドル下落、市場はFRBの見解に注目。ドル安は続くか?

Daniel McCarthy, ストラテジスト
このページの内容

米ドル、米ドル指数、FRB、春節、原油、金 - トーキングポイント

  • きょう23日はFRBの利上げ減速期待からドルは下落
  • 春節に取引されている株式相場は、きょうこれまで好調に推移
  • FRBが利上げペースを緩めた場合、米ドル指数は下落圧力にさらされるのか?
米ドル相場見通し
米ドル相場見通し
推薦者: Daniel McCarthy
USD見通しを無料で入手
ガイドを入手

米連邦準備制度理事会(FRB)が利上げ幅を縮小する可能性が濃厚となりつつある中、週明けの米ドルは下落している。アジア市場が薄商いとなっていることも、ドル安が進んだ原因かもしれない。

今週のAPAC(アジア太平洋地域)市場は、多くの地域で春節(旧正月)を祝うため、薄商いとなりそうだ。中国本土に加え、香港、ソウル、シンガポールも休場となり、オーストラリアも26日は休場となる。

きょう取引されていたアジアの株式相場は、ほとんどが上昇していた。香港のハンセン指数先物取引も1%超上昇した。

先週の米国株が堅調だった流れを引き継いだと思われる。いずれも米連邦公開市場委員会(FOMC)のメンバーであるエスター・ジョージ総裁(カンザスシティ地区連銀)、パトリック・ハーカー総裁(フィラデルフィア地区連銀)、クリストファー・ウォラーFRB理事の3氏は、今後、利上げを実施するうえで25ベーシスポイント(bp)が最も適切な措置であると指摘し、FRBのタカ派姿勢の緩和を示唆した。

「制限的」という言葉も多く聞かれた。次のFOMC会合は2月1日(水)に開催される予定だ。

FRB高官らのこのコメントは、株式などのリスク資産を押し上げ、米ドルを下押ししたようだ。

きょうこれまでで最も上昇した通貨は、オーストラリアドルユーロ、そして北欧圏のデンマーククローネ(DKK)、ノルウェークローネ(NOK)、スロバキアコルナ(SKK)だった。きょうはこの後、欧州中央銀行(ECB)のクリスティーヌ・ラガルド総裁の講演が予定されている。円は、G10(主要10カ国・地域)通貨の中で唯一、米ドルに対して弱含みとなっている。

米国債利回りは、ほぼすべてのイールドカーブで2-3bp上昇している。

原油先物市場では、ウエスト・テキサス・インターミディエイト(WTI)原油先物が81.50ドル、ブレント原油先物が87.50ドルをそれぞれ下回り、やや弱含みの展開となっている。金スポット価格は本稿執筆時点で、1,930ドル近辺で取引されている。

きょう注目すべき経済指標は、米民間経済研究所のコンファレンスボードが発表する米景気先行指数である。

経済指標カレンダー全体はこちらでご覧いただけます。

AUD/USDのトレード方法
AUD/USDのトレード方法
推薦者: Daniel McCarthy
AUD/USDのトレード方法
ガイドを入手

米ドル指数のテクニカル分析

米ドル指数は、2022年4月の安値99.42を控える中、サポートとなり得る2022年5月の安値101.30付近でのもみ合いが続いている。

21日単純移動平均線(SMA)をベースとしたボリンジャーバンドの下限バンドを下回ったが、その後はバンド内側に戻り、横ばいの動きが続いている。

このこう着状態は、もし指数がブレイクポイントである103.42を上抜けして反発すれば、反転を示唆する可能性がある。21日SMAがこの水準付近にあり、レジスタンスとなるかもしれない。

さらなる上昇局面では、105.63、105.82、107.20、108.00に位置する過去の高値がレジスタンスとなる可能性がある。

資料:TradingView

--- DailyFX.com ストラテジスト ダニエル・マッカーシー著

マッカーシー氏に連絡するには、Twitter で @DanMcCathyFX までお願いいたします。

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。