メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読する
Please try again
ウォール街
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
弱気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
USD/JPY
強気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
金相場見通し:今後の金価格はどうなる?|2023年第1四半期のファンダメンタルズ分析

金相場見通し:今後の金価格はどうなる?|2023年第1四半期のファンダメンタルズ分析

Warren Venketas, アナリスト
金相場見通し
金相場見通し
推薦者: Warren Venketas
金見通しを無料で入手
ガイドを入手

今後の金価格を左右する?!金利上昇で下落か

2022年の金価格は大きな価格変動があったものの、ほぼ横ばいで1年を終えた。2023年第1四半期に入ると、FRBはパウエル議長の発言や12月の経済予測サマリー通りに利上げペースを維持し、コアインフレ率とFF金利は下表のように大幅に変わっていくだろう。現時点ではFRBの予想ピーク金利5.1%と市場参加者の予想にはかなりの乖離があるが、12月会合のタカ派的な内容は第1四半期の金の上昇を制限する可能性がある - 金利上昇は無利子資産である地金の保有機会コストを増加させるからだ。

FRBの政策金利予想

出所:Refinitiv

ベンチマークであるSPDRゴールド・シェアーズが示す下記の枯渇した出来高は、マーケットが金利上昇時には金に投資することに消極的であることを証明しており、金利上昇は第1四半期まで続くと見られることから、今後の金の見通しは暗いものと思われる。2023年以降、金利が協調して低下すれば、金は好転する可能性がある。

2022年のSPDRゴールド・シェアーズ(GLD)の取引量について

出所:ETF.com

高金利環境とインフレ軟化を含む現在の背景を要約すると、実質利回りが低下していることになる(下図参照)。金が「インフレヘッジ」であることを考えると、この2つの変数が現在、金の価格を下げる方向に動いている。

米国10年実質利回り

image3.png

出所:ブルームバーグ

金相場見通し|2023年第1四半期のガイドブック【完全版】をダウンロードする

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。