メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

無料トレードガイド
購読する
Please try again
Select

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー・イベント

0

通知を受け取る

ライブウェビナーイベント
経済指標カレンダー・イベント

もっと見る もっと見る
マクロとの関係とチャートパターン | 2022年のトレードの教訓

マクロとの関係とチャートパターン | 2022年のトレードの教訓

共有する:

トップトレード戦略を振り返る
トップトレード戦略を振り返る
推薦者: Warren Venketas
プロが語る!2023年のトレードから得た重要な教訓とは?
ガイドを入手

2022年は、COVID-19のトラウマ、政情不安、積極的な中央銀行という光景が散見される年だった。FXはこれらの要因を反映すると同時に、他の通貨や資産クラスと同様に米ドルの優位性と安全資産としての魅力を浮き彫りにした。商品市況は需給の変動に敏感で、商品の価格に大きな変動をもたらし、リスクをとる際のヘッジの重要性を強く認識させるものだった。

特に中国は、依然としてコロナウイルスに支配されており、多くの新興国市場や商品の輸出国に害を及ぼしている。世界の貿易に対する中国の影響力は、その限られた経済活動のために今年は特に際立っていたが、2023年にCOVID-19の重荷が取り除かれれば、反対方向に振れる可能性がある。中央銀行のガイダンスはほとんど存在せず、頻繁に変更されているため、金融市場は定期的に独自の意見を形成することになり、型にはまらないマーケットの動きにつながっている。金利とインフレは世界的にマーケットのテーマとなっており、「スタグフレーション」という言葉が何度も登場することになった。

トレードの観点からは、このような不安定なマーケットの環境に耐えうる健全なトレード戦略にとって、リスク管理はかつてないほど重要なものとなっている。リスクリワード比率を高めることで、潜在的なマイナス要因を軽減し、厳しい相場環境でも安定したトレードが可能になる。リスク管理に加えて、2022年はウェッジ、三角形、フラッグ、ペナントなど多くのチャートパターンが形成され、ほとんどの場合で教科書的な展開となった。これらのチャートパターンは見過ごされることもあるが、2022年にその有効性を確認した後、私はテクニカル分析の教育的な知識をさらに磨き、二度とチャートパターンの機会を逃さないようにしたいと思う!

トレードに役立つメール配信サービス

DailyFXからタイムリーで国内外のマーケット情報を受け取ることができます。

登録する

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。