メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読する
Please try again
強気
最終更新: Dec 2, 2022
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
金相場:月初めのレンジ維持できなければ、弱含みの展開

金相場:月初めのレンジ維持できなければ、弱含みの展開

David Song, ストラテジスト

金相場 – トーキングポイント

金先物相場は、9月高値(1,735ドル)を試したが上抜けできず、50日SMA(1,718ドル)を下回って推移している。10月のオープニングレンジを維持できなければ、今後数日間、さらに下落する可能性がある。

金の取引方法
金の取引方法
推薦者: David Song
金の取引方法
ガイドを入手

金相場は月初めのレンジ維持できなければ、弱含みの展開

9月の米雇用統計で非農業部門雇用者数(NFP)が伸びは鈍化したものの市場予想を上回ったことを受け、長期の米国債利回りが月間高値を更新する中、金先物相場には引き続き下落圧力がかかっており、高値と安値を切り下げながら、月間安値(1,660ドル)を試す勢いとなっている。

目先では、9月の米消費者物価指数(CPI)コア指数が前月の6.3%から6.5%に上昇すると予想されており、こうした米インフレ指標の発表が引き続き、金先物相場の動向を左右しそうだ。物価上昇が持続していることが確認されれば、米連邦準備制度理事会(FRB)は制限的な金融政策を維持する可能性がある。最新の米連邦公開市場委員会(FOMC)参加者の経済・金利見通し(SEP)では、2023年も利上げを続ける姿勢が示されている。

資料:CME

CMEのフェドウォッチによると、市場は、11月2日に開催されるFOMC会合での75ベーシスポイントの利上げを70%以上見込んでおり、金相場はFOMC会合前に逆風にさらされる可能性がある。金相場は50日単純移動平均線(SMA、1,718ドル)をなかなか上抜けできずにいるため、8月と同じような値動きとなるかもしれない。

金相場は、9月高値(1,735ドル)を前に下げに転じており、下降している移動平均線に追随する可能性がある。10月のオープニングレンジを維持できなければ、年初来安値(1,615ドル)からの反発分を帳消しとする流れが続く可能性がある。

金相場 日足チャート

資料:Trading View

  • 金相場は、9月高値(1,735ドル)を試したものの突破できず、50日SMA(1,718ドル)を下回る水準で取引されている。このところの高値と安値の切り下げにより、相場は1,670ドル(エクスパンション50%)のエリアを下回る水準に押し戻されている
  • 右肩下がりの移動平均線に追随しているように見えることから、8月と同様の値動きとなっている可能性がある。月間安値(1,660ドル)を維持できなければ、年初来安値(1,615ドル)から反発した分を取り消しながら、1,648ドル(エクスパンション50%)に向かって下降するかもしれない
  • 1,601ドル(エクスパンション38.2%)から1,618ドル(リトレースメント50%)のフィボナッチが重なったエリア付近を終値で割り込むと、1,584ドル(リトレースメント78.6%)のエリアが意識され、その後は2020年4月の安値(1,568ドル)付近が焦点となろう

トレード戦略とリスク管理

より良いトレーダーになる

推薦者: David Song

コースを始める

--- DailyFX.com 為替ストラテジスト デイビッド・ソン著

ソン氏に連絡するには、Twitter で@DavidJSongまでお願いいたします。

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。