メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読する
Please try again
混合
最終更新: Dec 5, 2022
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
金相場は弱含み、オープニングレンジを下回って推移

金相場は弱含み、オープニングレンジを下回って推移

David Song, ストラテジスト

金相場 - トーキングポイント

金先物相場は、9月米消費者物価指数(CPI)の発表を受け下落した分を取り戻すように、月間安値(1,643ドル)から反発したものの、勢いは続かず、10月のオープニングレンジを下回る水準で推移している。年初来安値(1,615ドル)からの反発トレンドを維持するのに苦労する可能性がある。

金の取引方法
金の取引方法
推薦者: David Song
金の取引方法
ガイドを入手

金相場は弱含み、オープニングレンジを下回って推移

金先物相場は、下降している50日単純移動平均線(SMA、1,711ドル)に追随する動きとなっており、8月の値動きと酷似しているように見える。米国債利回りは年初来高値を更新しており、金相場は今後数日間、弱含みの展開が続く可能性がある。

米期待インフレ率の上昇は、引き続き金相場の足を引っ張ると思われる。9月の米消費者物価指数(CPI)の発表で、米消費者物価の高止まりが確認され、米連邦準備制度理事会(FRB)がインフレ抑制に向けた従来のアプローチを維持する可能性は高まっている。米連邦公開市場委員会(FOMC)が非常に積極的な金融引き締め政策を実施するのでは、との見方もあり、次回11月2日のFOMC会合に向けて、金相場がさらなる逆風に直面する可能性も否めない。

資料:CME

CMEのフェドウォッチツールによると、米国で物価上昇が続く中、市場は75ベーシスポイントの追加利上げ確率を90%以上織り込んでいる。今後の見通しとしては、FRBがインフレ抑制に苦労していることから、FOMCは年内いっぱい、タカ派的な金融政策見通しを表明する可能性がある。

金相場は、移動平均線をなかなか上回れないため、下降している50日SMA(1,711ドル)に追随するかもしれず、10月のオープニングレンジを下回る水準にとどまれば、年初来安値(1,615ドル)からの反発で得た上昇分を失う可能性がある。

金相場 日足チャート

資料:Trading View

  • 金相場は、50日SMA(1,713ドル)をなかなか上回れず、月間安値(1,643ドル)を更新した。移動平均線のマイナス傾斜に追随する8月のような値動きとなる可能性がある
  • 1,601ドル(エクスパンション38.2%)から1,618ドル(リトレースメント50%)付近のフィボナッチが重なるエリアを視野に入れるためには、1,648ドル(エクスパンション50%)付近を終値で下回る必要がある。1,584ドル(リトレースメント78.6%)を割り込めば、2020年4月の安値(1,568ドル)が意識されるだろう
  • しかし、1,648ドル(エクスパンション50%)付近を終値で下回る勢いがない場合、金相場はレンジ内での小動きとなるかもしれない。1,690ドル(リトレースメント61.8%)-1,695ドル(エクスパンション61.8%)のエリアを上抜けると、移動平均線を再び試す可能性が高まる

--- DailyFX.com 為替ストラテジスト デイビッド・ソン著

ソン氏に連絡するには、Twitter で@DavidJSongまでお願いいたします。

トレードに役立つメール配信サービス

DailyFXからタイムリーで国内外のマーケット情報を受け取ることができます。

登録する

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。