メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読する
Please try again
混合
最終更新: Nov 29, 2022
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
GBP/USD
混合
最終更新: Nov 29, 2022
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
英ポンド反発、米CPIとFRBの対応への思惑を消化

英ポンド反発、米CPIとFRBの対応への思惑を消化

Daniel McCarthy, ストラテジスト

英ポンド、英ポンド/ドル、英国債、ドル、米CPI、FRB、ドル/円 - トーキングポイント

  • 英ポンドは、トラス英首相が方針転換するとの報道とドル安に支えられた
  • CPIに市場は翻弄された
  • インフレは高止まり状態。この状況で英ポンド/ドルの上昇は続くだろうか?
GBP/USDのトレード方法
GBP/USDのトレード方法
推薦者: Daniel McCarthy
GBP/USDのトレード方法
ガイドを入手

英ポンドは、13日の北米市場でドルに下押し圧力がかかったことに伴って堅調に推移した流れを引き継ぎ、14日のアジア市場でも上昇が続いた。

13日は、リズ・トラス英首相が減税案の方向転換を協議しているのではとの報道があった。一方、クワジ・クワーテング英財務相はここ数週間の騒動にもかかわらず、「我々の立場は変わっていない」と発言した。

減税計画が撤回されるのではとの思惑が一部で広がったこともあり、英国債利回りは低下し、英ポンドを下支えしたようだ。

9月の米消費者物価指数(CPI)の伸び率は、予想値8.1%に対し8.2%だった。興味深いのは、コアCPIが前年同月比6.6%上昇と、40年ぶりの高水準となり、予想(同6.5%上昇)を上回ったことである。

コア指数の上昇は、物価上昇圧力が経済全体に広がり、至るところに影響していることを示す可能性がある。少なくとも今回の同指数は、米連邦準備制度理事会(FRB)が政策転換する時期が後ろ倒しになったことを示唆している。

13日の米国市場での米CPI発表に対する最初の反応は、米国債利回りとドルの上昇、そして米国株式の売却だった。市場でこれが消化されると、ドルや米国株は反転し、米国債利回りは同日寄り付きとほぼ同水準で取引を終了した。

そんな中、ドル/円は、32年ぶりの高値となる147.67を付け、1998年の高値をわずかに上回った。為替市場に日銀の存在感はなかったが、日銀は超低金利政策を維持すると示唆している。

14日のドル相場は今のところ、全般的に軟調に推移している。

ブルームバーグテレビでは、国際通貨基金(IMF)のクリスタリナ・ゲオルギエバ専務理事がインフレの議論に参加し、長期的な繁栄を可能にする物価安定の重要性を強調した。

14日のアジア太平洋地域の株式市場は米国株高の流れを引き継ぎ、日経平均株価は一時3.5%超上昇した。先物は、14日のS&P 500ダウ平均、ナスダック100の現物市場寄り付きがさらに上昇して始まることを示唆している。

GBP/USD 混合
データ提供:
の顧客はネットロングです。 の顧客はネットショートです。
変動 ロング ショート 建玉
日次 5% -6% -1%
週次 -7% -4% -5%
プライスアクションとの関連性
ガイドを入手

中国の生産者物価指数(PPI)と消費者物価指数(CPI)も14日に発表され、9月のPPIとCPIの伸び率は前年同月比0.9%、2.8%と、それぞれ予想をやや下回る結果となった。

14日の原油先物市場では、ウエスト・テキサス・インターミディエイト(WTI)原油先物が一時、89ドルを上回ったほか、ブレント原油先物は94.560ドル付近で推移しており、13日のニューヨーク市場で上昇した水準を維持している。一方、金先物は1,670ドル付近で安定して推移している(同記事執筆時点)。

14日はユーロ圏の貿易収支(8月)の発表後、同日午後9時半(日本時間)発表の米国の小売売上高(9月)に注目が集まる。

英ポンド/ドル、英10年債、英30年債

下図は、英10年債と英30年債の利回り低下に伴い、英ポンド/ドルが反発する動きを示している。週明けに発表されたように、イングランド銀行(英国の中央銀行)による英国債の緊急買い入れ措置は14日で終了する。

資料:TradingView

--- DailyFX.com ストラテジスト ダニエル・マッカーシー著

マッカーシー氏に連絡するには、Twitter で @DanMcCathyFX までお願いいたします。

トレードに役立つメール配信サービス

DailyFXからタイムリーで国内外のマーケット情報を受け取ることができます。

登録する

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。