メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

無料トレードガイド
購読する
Please try again
Select

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー・イベント

0

通知を受け取る

ライブウェビナーイベント
経済指標カレンダー・イベント

もっと見る もっと見る
金価格見通し:史上最高値が近付く

金価格見通し:史上最高値が近付く

木全哲也, ストラテジスト

共有する:

このページの内容

※13時00分に更新。

金、最高値、FOMC、金融不安-トーキングポイント

  • 世界的な金融不安を受け、金価格は約1か月ぶりの高値
  • 今週のFOMCは金価格にも大きな影響を持つ
  • 上値の重い展開を予想。2000ドル突破は困難か?
金のトレード方法
金のトレード方法
推薦者: 木全哲也
金のトレード方法
ガイドを入手

金価格は大幅上昇

米SVBの破綻、クレディスイスグループの経営不安等を受け、金融不安が高まっており、安全資産とされる金を中心に貴金属価格が上昇している。先週は約1か月振りの高値1989ドル(XAU/USD)を付けた。「原油価格見通し:下落トレンド継続か」で示した通り、大幅下落となっている原油価格とは異なる動きを示している。スイスの金融最大手UBSによるクレディスイスの買収、日米欧の6中銀によるドル供給強化が一定の安心感をもたらしており、金価格は20日現在1970ドル前後で推移している。金価格上昇は、安全資産需要に加え、米国金利の低下も寄与している。金利が付かない金は、金利低下(上昇)局面で相対的な魅力度が増し、金価格は上昇(下落)する傾向がある。

金/ドル (XAU/USD)と米国10年利回り(反転)

Chart, histogram  Description automatically generated

資料:Trading Viewより作成

金融不安が起こる前は0.5%の利上げが予想されていた今週の米FOMC(連邦公開市場委員会)では、据え置きもしくは0.25%利上げに予想が低下している。今週のFOMCにてタカ派スタンスが示された場合、米金利上昇、金価格の下落、といった動きが予想される。一方、景気や金融システムを配慮し、ハト派スタンスを示した場合、米金利低下、金価格の上昇が想定される。2,000ドル、そして史上最高値も近づく中、今後の金価格の見通しは?

今週の米国重要指標カレンダー

Graphical user interface, text, application  Description automatically generated

資料:DailyFX.com

金/ドル (XAU/USD):上値が重い展開

金価格は史上最高値である2,070ドルが近付いている。ただし、その前には心理的節目である2000ドル、昨年8月から12月にかけて形成した逆ヘッドアンドショルダー(逆三尊)から推測される上値目標値、昨年4月の高値である1998ドルが概ね同じ水準あり、強力なレジスタンスとして働き、上値が重い展開を予想。また、RSI(相対力指数)は69.7とほぼ買われ過ぎの水準であることを示唆している。加えて、FRB(米連邦準備理事会)によるハト派スタンスが一定程度予想されていること、各国中央銀行・政府から金融不安に対する迅速な対応が取られていることも金価格の上値を重くする要因になろう。下落に転じた場合、1月後半から2月前半にかけてのレジスタンスとなっていた1930でサポートされるかに注目。一方、予想を大幅に上回るFRBのハト派スタンス、金融不安が払拭された場合、史上最高値更新が視野に入る。

金/ドル (XAU/USD)日足チャート

Chart, line chart  Description automatically generated

資料:Trading Viewより作成

トレードに役立つメール配信サービス

DailyFXからタイムリーで国内外のマーケット情報を受け取ることができます。

登録する

-- DailyFX.com ストラテジスト 木全哲也著

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。