メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読する
Please try again
詳細 もっと見る
NYダウ、S&P 500の米国株見通し:個人トレーダーが買い持ちを増やし、株価に下落リスク

NYダウ、S&P 500の米国株見通し:個人トレーダーが買い持ちを増やし、株価に下落リスク

Daniel Dubrovsky, 寄稿者
このページの内容

NYダウ、S&P 500、個人トレーダーのポジション状況、テクニカル分析 - IGCS の米国株最新情報

  • 個人トレーダーは、休暇明けの米国株式市場で買い持ちを増やし続けている
  • このため逆張り指標は、NYダウとS&P 500のバイアスは弱気と示唆
  • 一方、両指数は主要な移動平均線間でデッドクロスに直面している
株式相場見通し
株式相場見通し
推薦者: Daniel Dubrovsky
株式見通しを無料で入手
ガイドを入手

クリスマスや年末年始の休暇を終え、個人トレーダーを含む市場参加者は徐々に戻ってきており、比較的通常の取引水準に戻りつつある。先週はIGクライアントセンチメント(IGCS)を使い、個人トレーダーの米国株のポジション状況を見たが、これは今後、ダウ工業株30種平均とS&P 500種株価指数の動向を予測する手助けになると考えている。IGCSは逆張り指標として機能する傾向がある。IGCSによると、米国株に対するバイアスは依然として弱気なようだ。詳しく見てみよう。

NYダウのセンチメント見通し - 弱気

IGCSによると、ダウ平均を取引する個人トレーダーの約47%がネットロング(買い持ち)にしている。半数以上のトレーダーがネットショート(売り持ち)であることから、指数は上昇し続ける可能性がある。しかし、昨日と先週を比較すると、買い持ちは28.74%、19.03%それぞれ増加している。全体的なポジション状況は売り持ちに傾いているものの、最近のポジションの変化は、ダウ平均がまもなく下落に転じる可能性を示唆している。

NYダウ先物 テクニカル分析

ダウ平均は、20日単純移動平均線(SMA)が50日SMAを下回る、弱気のデッドクロスが発生する可能性がある。デッドクロスとなれば、テクニカル分析の観点から、指数がますます下降する可能性が高まる。当面のサポートは、フィボナッチ・リトレースメント38.2%の水準32,709と、2022年初頭を始点とした過去の下降トレンドラインが重なるエリアになりそうだ。このエリアを割り込むと、31,738-32,017のサポートゾーンが意識される。一方、上値では、リトレースメント23.6%の水準33,672が重要なレジスタンスとして機能するだろう。

資料:Trading View

S&P 500のセンチメント見通し - 弱気

IGCSによると、S&P 500種指数を取引する個人トレーダーの約 60% がネットロングにしている。ほとんどのトレーダーがネットロングであるため、指数は下がり続ける可能性がある。ロングのポジションは昨日と先週を比較すると、14.79%、2.71%それぞれ増加している。現在のポジション状況と最近のポジションの変化を鑑みると、S&P 500種指数の逆張り取引バイアスはさらに弱気に傾いていると考えられる。

IGクライアントセンチメントを使用してトレードする方法
IGクライアントセンチメントを使用してトレードする方法
推薦者: Daniel Dubrovsky
IGクライアントセンチメントを活用してトレードを改善
ガイドを入手

S&P 500先物 テクニカル分析

下図を見ると、S&P 500先物は20日SMAが50日SMAを下回り、弱気のデッドクロスが示現している。12月には弱気のチャートパターンである上昇ウェッジの下方ブレイクが確認されており、このデッドクロスの示現により、指数がさらに下降する可能性が示唆されている。当面のサポートは3,788である。これを下抜けると、3,704が意識され、その後は10月の安値3,502が控えている。一方、上値では昨年からの下降トレンドラインが重要なレジスタンスになる。

資料:Trading View

--- DailyFX.com シニアストラテジスト ダニエル・ドゥブロスキー著

ドゥブロスキー氏に連絡するには、Twitter で @ddubrovskyFX までお願いいたします。

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。