メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読する
Please try again
詳細 もっと見る
金価格は反転の可能性、原油は下降ウェッジが視野に<コモディティ市場>

金価格は反転の可能性、原油は下降ウェッジが視野に<コモディティ市場>

Daniel Dubrovsky, 寄稿者
このページの内容

金、金/ドル、原油、WTI - コモディティ市場のテクニカル分析

  • 原油価格は下降ウェッジパターン内で、下げ続けている
  • 金価格は反落の準備が整っていそうだが、決定打には欠ける
  • 金/ドルは、RSIダイバージェンス、上昇ウェッジ、宵の明星に注目
原油の取引方法
原油の取引方法
推薦者: Daniel Dubrovsky
原油の取引方法
ガイドを入手

原油先物 テクニカル分析

原油先物相場は、下降ウェッジのチャートパターン内で取引されている。下降ウェッジは将来の強気への反転を示唆するテクニカル指標だが、上方への反転には、このウェッジの上限ラインを上抜けする必要がある。現在、WTI原油先物は下降ウェッジの境界線の内側での下値固めが続いているため、方向性としては下向きのままである。

主要なサポートは、71.13-70.10のサポートゾーンとウェッジの下限ラインと思われる。このレンジを割り込むと、下降トレンドが再開され、2021年5月の安値圏である61.69-65.60付近が意識されるだろう。一方、このレンジを上抜けると、強気な展開となる可能性が高まり、100日単純移動平均線(SMA)を試すことになりそうだ。100日SMAは11月にもレジスタンスとして機能した。

WTI原油先物 日足チャート

資料:TradingView

金先物 テクニカル分析

一方、金先物相場は11月以来続く短期の上昇トレンドを反転させる体勢が整っているように見える。金/ドルは、RSI(相対力指数)で弱気のダイバージェンスが発生した後、弱気への反転を示唆すると言われる上昇ウェッジを下抜けした。RSIの弱気のダイバージェンス発生は、価格の上昇の勢いが弱まっていることを示しており、下降に転じる可能性がある。また、弱気への反転を示唆する宵の明星(イブニングスター)のローソク足パターンも示現している。これらの現象は、金/ドルが弱気へ反転する可能性を示唆しているが、あと一押しが必要な状況だ。

金/ドルはフィボナッチ・リトレースメント23.6%の水準1,775のすぐ上で推移しており、この水準が目先の重要なサポートとして確立している。これを下回ると、前述した弱気シグナルが現実味を帯び、50日単純移動平均線(SMA)が意識されることになる。この50日SMAが維持されれば、目先の上昇バイアスが復活するだろう。さらに1,824を上回ると、上昇トレンドが再開し、6月の高値1,879が視野に入ってくる。

金の取引方法
金の取引方法
推薦者: Daniel Dubrovsky
金の取引方法
ガイドを入手

金/ドル 日足チャート

資料:TradingView

--- DailyFX.com シニアストラテジスト ダニエル・ドゥブロスキー著

ドゥブロスキー氏に連絡するには、Twitter で @ddubrovskyFX までお願いいたします。

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。