メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読する
Please try again
ウォール街
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
弱気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
USD/JPY
強気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
2年-10年米国債のイールドカーブの反転は解消に向かう|2023年第1四半期の注目のトレード機会

2年-10年米国債のイールドカーブの反転は解消に向かう|2023年第1四半期の注目のトレード機会

Nick Cawley, シニアストラテジスト
注目のトレード機会:2023年第1四半期
注目のトレード機会:2023年第1四半期
推薦者: Nick Cawley
絶好のトレード機会の予測を無料で入手
ガイドを入手

2年 - 10年米国債のイールドカーブの反転は解消に向かう

債券のマーケットが米国の景気後退を織り込んでいるため、米国の2年物から10年物のイールドカーブは6ヶ月の間、大きく反転している(2年物の国債の利回りが10年物の国債の利回りを上回っている)。この金利差は、1980年代の景気後退期、当時のポール・ボルカーFRB議長が高騰するインフレを抑制するために超積極的な金融引き締めをおこなった時に見られた水準にまで戻っている。この利上げにより、経済は深刻な不況に陥り、彼の積極的な行動により何千万人ものアメリカ人が職を失ったと主張する人もいれば、ボルカー議長がその後20年にわたる強力な経済拡大の背景を作ったと主張する人もいる。FOMCはインフレ対策として1年以上にわたって積極的に金利を引き上げてきたが、物価上昇圧力に関する中央銀行の責務を守りながら、来るべき景気後退をできるだけ浅く、できれば短期間で終わらせるために、現在はやや緩和している。金融マーケットではすでに2023年第4四半期に米連邦準備制度理事会(FRB)が利下げを開始すると見られており、こうした期待が高まるにつれ、金利感応型の米国2年債とベンチマーク型の米国10年債との金利差は縮小し始め、最終的には再び逆転することになるだろう。2年物 - 10年物カーブを見ると、過去3回カーブが反転しているが、その反転のスピードが速いことがわかる。カーブが再びプラスに転じることを利用するには、米国2年債のロングと米国10年債のショートのポジションにウェイトを置くことが効果的である。いつものように、債券価格が上がれば利回りは下がり、その逆もまた然りである。

10年債コンスタントマチュリティ(イールドカーブから算出した金利)マイナス2年債コンスタントマチュリティ

出所:セントルイス連邦準備銀行

テクニカル面では、米2年債利回りのチャートは「ヘッド&ショルダー」を形成しており、利回りが低下し、次の着地点として4.00% - 4.08%が考えられることを示唆している。

米国債2年債利回り

TradingViewでチャート作成

DailyFX 中央銀行カレンダー

ユーロ/米ドルの心理的なサポート水準である「パリティ(等価)」は、最近まで売り手を抑えていたが、現在でも1.0000まで引き戻されているように見える。高値更新の試みが難しくなるにつれ、「パリティ」が重要なレジスタンスラインになりそうだ。

FXにおける心理的な節目とラウンドナンバー

ユーロ/米ドルのテクニカル的な見通しは、3本の単純移動平均をすべて下回り、一連の高値と安値を更新し続けており、これ以上楽観視できない状況だ。

ユーロ/米ドル 日足チャート

ProReal Timeでチャート作成

長期的な月足チャートでは、ユーロ/米ドルは現在、2002年末に最後に見られた安値でトレードされている。これより下は、トレーダーが設定するようなテクニカル的なサポートはほとんどない。0.82310と0.85630の間の3つの安値の前に、それほど重要ではないかもしれないが、0.9615付近に小さな安値の集まりがある。今年8月に20日と50日の移動平均線がデッドクロスしたことが、ネガティブな見通しを強めている。

ユーロ/米ドル 月足チャート

ProReal Timeでチャート作成

0.82台前半まで完全にリトレースする可能性は高くないかもしれないし、もしそうなったとしても今年の第4四半期ではないだろうが、その可能性は残されている。低迷するユーロを支えるものはほとんどなく、米ドルとユーロのレート差とパリティの強さの両方がレジスタンスラインとなって下落圧力がかかり、ユーロ/米ドルの最も抵抗の少ない道は依然として下方にある。

トレードに役立つメール配信サービス

DailyFXからタイムリーで国内外のマーケット情報を受け取ることができます。

登録する

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。