メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

無料トレードガイド
購読する
Please try again
Select

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー・イベント

0

通知を受け取る

ライブウェビナーイベント
経済指標カレンダー・イベント

もっと見る もっと見る
金価格見通し:米CPI控えドルが一服する中、金は小動き。金/ドルは上昇するか?

金価格見通し:米CPI控えドルが一服する中、金は小動き。金/ドルは上昇するか?

共有する:

このページの内容

※2023年5月9日15時00分更新

金、金/ドル、FOMC、FRB、ドル、原油、WTI、利回り - トーキングポイント

  • 金相場は今のところ、2,000ドルを上回る水準でポジションを固めているようだ
  • 米国債利回り、原油価格は、金属価格と逆相関の関係を示している
  • 10日発表の米CPIはFRBの政策の方向性を示すヒントとなるかもしれない。金/ドルを動かすか?

トレードに役立つメール配信サービス

DailyFXからタイムリーで国内外のマーケット情報を受け取ることができます。

登録する

金先物相場は、先週金曜に下落し、その後の9日の取引では2,020ドル付近で推移している。リスク心理の変動が貴金属の価格決定に影響を与えているようだ。

先週、米連邦公開市場委員会(FOMC)が政策金利を25ベーシスポイント引き上げ、5-5.25%としたことを受け、米国債利回りは軒並み上昇した。

短期金利の指標となる米2年債利回りは先週4日、3.66%まで低下し取引されたが、きょう9日は4%まで上昇している。

奇しくも米国債利回りが低水準から上昇に転じた日、金相場はニューヨーク商品取引所で2,085.4ドルと33カ月ぶりの高値を記録し、その後下降に転じた。

同様に、実質利回りもこのところ、金相場と逆相関の動きを見せているようだ。10年物利回りは8日、1.29%に達し、先週付けた低水準1.11%を大きく上回った。

実質利回りは、名目利回りから、同じ償還年限の米物価連動国債(TIPS)から算出した期待インフレ率を差し引いたものである。

米連邦準備制度理事会(FRB)が今後、どのような金利政策を講じるのかを探る手がかりになるとして、市場が10日発表の米消費者物価指数(CPI)に注目する中、ウエスト・テキサス・インターミディエイト(WTI)原油先物もこの逆相関的な値動きとなっている。ブルームバーグのエコノミスト調査では、4月の米CPI総合指数は前年同月比5.0%上昇と予想されている。

金相場の下落に伴い、ボラティリティも低下した。GVZ指数は、VIX指数がS&P 500種株価指数のボラティリティを測定するように、金相場のボラティリティを予測する指標である。

金のトレード方法
金のトレード方法
推薦者: Daniel McCarthy
金のトレード方法
ガイドを入手

GC1(金先物)、WTI原油先物、米10年債実質利回り、金のボラティリティ、ドル

資料:TradingView

GC1(期近の金先物)のテクニカル分析

金先物相場は昨年11月を始点とする上昇トレンドチャネル内にとどまっている。

先週の高値2,085.4は、2022年3月の高値2,078.8を上回ったが、史上最高値2,089.2の突破には至らなかった。これは、2,080-2,090エリアがレジスタンスゾーンになる可能性を示しているのかもしれない。

このゾーンを上方ブレイクした場合は、現在2,130に位置する上昇トレンドラインを試す可能性が開かれる。

強気の三角移動平均線(TMA)を形成するには、相場が短期の単純移動平均線(SMA)を上回っている状態で、なおかつ短期SMAが中期のSMAを、中期SMAが長期のSMAを上回っている状態である必要がある。また、すべてのSMAは正の勾配でなければならない。

今週の値動きを見てみると、10日SMAが21日SMAを、200日SMAが260日SMAを上回る水準に位置している。これらはゴールデンクロスとも呼ばれている。

ゴールデンクロスは、日足のSMAのどの組み合わせを見ても、TMAの基準が満たされていることを意味する。終値がいずれかのSMAを下回ると、そのTMAは無効となる。

下降局面では、1,980.9、1,945.0、1,936.5という過去の安値がサポートとなる可能性があり、その後は現在1,915に位置する上昇トレンドラインが控えている。100日SMAはこのトレンドラインの近くにあり、この付近でサポートとして追加される可能性がある。

資料:TradingView

--- DailyFX.com ストラテジスト ダニエル・マッカーシー著

マッカーシー氏に連絡するには、Twitter で @DanMcCathyFX までお願いいたします。

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。