本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0

通知

下記の通知は、経済指標およびウェビナーカレンダーページで調整できるフィルタに基づいています。

ライブウェビナー

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー

経済指標カレンダー・イベント

0
無料トレードガイド
購読
Please try again
EUR/USD
混合
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
USD/JPY
弱気
の顧客はネットロングです。
の顧客はネットショートです。
ロング ショート

注:安値と高値は取引日の数値です。

データ提供:
詳細 もっと見る
金相場の見通し:金価格(XAU/USD)は債券相場の反落を背景に、米連邦公開市場委員会(FOMC)の動きを背景とした上昇分を失う可能性がある。

金相場の見通し:金価格(XAU/USD)は債券相場の反落を背景に、米連邦公開市場委員会(FOMC)の動きを背景とした上昇分を失う可能性がある。

Thomas Westwater, アナリスト

金価格、FOMC、米国債利回り、ブレークイーブン、テクニカル分析見通し-トーキング・ポイント-

  • 金価格はFRBによる75 bpsの大幅利上げで上昇
  • 米国債利回りの低下が金相場を下支えしたが、弱含みの債券相場が戻る可能性がある
  • 金価格は心理的に重要な1800の水準まで下落する可能性がある
金の取引方法
金の取引方法
推薦者: Thomas Westwater
金の取引方法
ガイドを入手

金相場は、FRBによる75 bpsの利上げを受け、オーバーナイト取引時間後に僅かに上昇している。投資家が債券への投資に移行し、国債利回りが再び低下したため、地金価格が上昇する可能性が広がった。5年物国債の利回りは21 bps低下し、米ドル相場の風向きを変えた。米ドル指数(DXY)は0.5%以上下落した。ドル安と米国債金利の低下は、金投資の魅力を際立たせる一助となっている。

FOMCによる金利決定後に国債利回りが下落基調に戻ったことは、パウエル議長が市場の信頼を取り戻したことを示唆している。翌日物金利スワップやその他の市場ベースの利上げ予測指標は、依然として追加利上げを予想している一方で、大幅利上げに踏み切ったことで、債券及び株式の市場ではインフレ懸念が後退したように見受けられる。この利上げの動きは経済成長にも打撃を与えそうである。しかし、FRBの政策が早期に正常化される可能性もある。FRBのドット・プロットでは、利下げが2024年に始まる可能性があると見ている。

FOMCの参加者による夏季の経済見通し(SEP)によると、FRBは、積極的な利上げ実施にもかかわらず、今年のインフレ見通しを上方修正した。2022年におけるPCE(個人消費支出)のインフレ見通しは、4.3%から5.2%に引き上げられた。しかしながら、2023年と2024年の予測の中央値はそれぞれ2.7%から2.6%、2.3%から2.2%へと低下した。とはいえ、ブレークイーブン・インフレ率(市場ベースのインフレ先行指標)はFRBの予測より高い水準のままである。

もっともブレークイーブン・インフレ率は、FRBの最新の動きを市場が織り込むため、今後数日間で低下する可能性がある。その場合、金価格に下落圧力がかかる公算が大きい。先週、消費者物価指数(CPI)が急上昇したにもかかわらず、金価格が直近の高値から大きく離れていることは、金相場を予測するうえで弱気材料となる。それでも、名目利回りが今後数日間、低下し続ければ、金価格は上昇するはずだ。だが、ファンダメンタルズの背景を考えると、持続的な上昇は望めなさそうである。積極的な利上げが継続する公算が大きいとみられる中、債券相場は弱含みの地合いに戻る可能性が高いとみられる。

資料: federalreserve.gov

金価格の テクニカル分析見通し

金価格はオーバーナイト取引時間中に上昇したものの、その勢いはアジア市場の取引時間帯に失速している。RSI(相対力指数)は、オシレーターの中間値に接近した後、下降している。さらに、MACD(通称マックディー)は再びシグナルラインを割り込んだ。心理的に重要な1800の水準は、依然として弱気派にとって有力なターゲットである。1800を割り込むと、さらなる弱気相場への扉が開かれる可能性がある。代わりに強気相場が再来した場合は、フィボナッチ・リトレースメント61.8%が上値抵抗線となりそうである。

金価格日足チャート

チャート作成: TradingView

トレードに役立つメール配信サービス

DailyFXからタイムリーで国内外のマーケット情報を受け取ることができます。

登録する

--- DailyFX.com アナリスト トーマス・ウェストウォーター著

ウェストウォーター氏に連絡するには、下のコメント欄を使用するか、Twitter で@FxWestwater までお願いいたします。

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。